Default
Eye catch 29594 03
吊るし雛

吊るし雛は春の女の子の節句に、贅沢な雛飾りを用意できない庶民の間で、発達しました。 福岡県柳川市では下げるもの、ぶら下げるもので「下げもん」。 静岡県東伊豆町では「雛のつるし飾り」、 山形県酒田市の「傘福(笠福)」という名前で伝わっています。

Eye catch confusion of tongues
螺旋の神秘(2部)

螺旋とアート(1部)では、主に2次元の渦巻きについて考察した。 ここでは弦巻状に運動する、3次元での螺旋構造について。

Eye catch stanthony
聖アントニウスの誘惑

大アントニウス 聖人 修道院制の創設者 エジプト生誕 紀元300年頃 修道院制の創設者として、また中世より疫病の守護聖人として、 西洋絵画の題材に描かれてきたアントニウス

Eye catch confusion of tongues
螺旋の神秘(1部)

螺旋の螺は渦巻き状の貝のこと。自然界にはこの形から作られているものが多い。 人間は自然界の中に、いつも螺旋を見てきた。 そしてその形を心の中に刻みつけてきた。

Eye catch domusaurea
グロテスク模様の起源

グロテスク (grotesque) とは、古代ローマを起源とする、 異様な人物や動植物等に曲線模様をあしらった美術様式。 多くは花飾りや小さく幻想的な人間、動物や怪物の像とを織り交ぜた、 アラベスクの装飾的な配置を言う。

Eye catch 220px portrait of a man by jan van eyck small
ゲントの祭壇画

祭壇画は14~15世紀のルネサンス期において、北方で発達した。 ヴァン・アイク制作のゲントの祭壇画は規模的にも、技術的にも突出したものである。

Eye catch cimg0953
笠森観音   日本で唯一 四方懸造り

大非山笠森寺観音堂:重要文化財 奇想遺産 長元元年(1028)年建立 坂東三十三観音札所第三十一番 開基:伝教大師最澄 天然記念物「笠森自然林」 千葉県立笠森鶴舞自然公園 1棟 四方懸造、桁行五間、梁間四間、一重、寄棟造、銅板葺

Eye catch hss
現代とんぼ玉アートの世界

日本の伝統工芸とんぼ玉。職人が色ガラスでつくり、かんざしや帯留めなどを彩ってきた技術を、現代では世界中のガラス工芸の研究も重ねられ、技を磨いたアーティストたちが豊かな発想のもとできらめくビーズの世界を追求しています。

Eye catch 12267d8a8b79139e53766ddbf4d034cd
海老根俊雄 ナイーブな世界

海老根俊雄:イラストレーター:千葉県出身 1998年ごろから制作開始。2009年頃から展示会・個展を中心に作品を発表。宇宙、自然、動物をモチーフに独自の内的広がりを表現

Eye catch new a0064449 0305453
電柱の象徴性

寂しい夕暮れに、酷暑の夏に、空を見上げると黙ってたたずむ電柱 その画像を作品の主題として好んで描く人たちがいる 見慣れた何の変哲もない、何本もの電線を支える、金属と樹脂とコンクリートでできた彼ら。 その姿に美が存在するとすれば、そこにはいったいどのような心象があるのか。