Thumbnail img 2330 %e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc 2 %e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc
Eye catch original
E-girls シングル曲全曲の選抜メンバーとボーカル担当をPVと一緒にまとめてみた

E-girlsは曲ごとにメンバーを変えベストを提供するとしているので、にわかファンには毎回変わるメンバーが把握しきれません。E-girlsボーカル班は最近はShizuka, Ami, 藤井夏恋, 鷲尾伶菜が定番化。しかし脱退した武藤千春, 市來杏香, 杉枝真結がボーカル参加の曲もあります。全シングル曲でまとめ直しました。

Eye catch d96d9cbf47d25872e7169ed79d3a27af600357b1
一色まことの感動作、「ピアノの森」ついに完結。涙活しよう!

ピアノの森は2015年秋最終話が『モーニング』2015年49号に掲載され、その物語の幕を下ろすことになりました。天才ピアニストであるカイの幼少期からの成長の物語を描いています。 2015年12月に最終巻が単行本で発売され、感動の名作である本作を一気読みできるようになりました。まだ読んだことがない方のために、簡単にまとめてみたいと思います。

Eye catch member 1000861
E-girls, Dream Shizuka ボーカリストとしての圧倒的な才能

今最も10代20代の女の子に注目されているE-girls。そのメインボーカルとして活躍するShizukaさん。14歳でdreamのメンバーとしてデビュー。Dreamでは三代目のリーダーをつとめました。 柔らかくも力強い声と表現力に定評があり、E-girlsでもボーカル担当として、ほぼすべての曲でボーカリスト担当。そんな彼女の魅力をまとめます。

Eye catch  mg 2741 2
E-girls, Dream Ami。不遇の時代も耐えてやっとメインからのソロまでの苦節13年!

今最も10代20代の女の子に注目されているE-girls。そのメインボーカルとして活躍するAmiさん。Dream時代からの10年という長いキャリアを経て、E-girlsで初めてメインを張るようになりました。2015年7月にはとうとうソロデビュー!快進撃を続ける彼女のプロフィールと現在までをまとめます。

Eye catch main 1s
テン年代の文化系女の子日本語ラップミュージック5選

女性ラッパーと言われると、ニッキーミナージュやミッシー・エリオットの様な海外の強めなイメージですよね。日本の女性ラッパーならばAIでしょうか?「口ロロ」「環ROY」など、ブラックミュージックから離れた文化系日本語ラップが00年代に台頭しましたが、その流れが女の子クリエイターからも出てきています。泉まくら、ボンジュール鈴木、daoko、水曜日のカンパネラ、Charisma.comを紹介します。

Eye catch news 0048
E-Girlsはアイドル?アーティスト?メンバーのポテンシャル高すぎるガールズグループ。

クラブシーンを意識したEDMライクな曲とダンスパフォーマンスを得意とするグループです。メンバーそれぞれが、歌とダンスではなく、モデルや女優、フォトグラファー、DJなど、個性豊かで幅広いシーンで活動しています。ファッション、カルチャー、アートに高感度な10代、20代の女の子に人気のグループです。

Eye catch news130830 galileo main
Galileo Galileiによる洋楽曲カバーをオリジナルと聴き比べ

Galileo Galileiは、洋楽のカバー動画をアップロードしています。このアップロードされているアカウントの名前は「Ouchi Daisuki Club」となっていますが、この名前は、Galileo Galileiがグッズの販売をしたり、カバーを企画するときの名前のようです。これらをオリジナルと、カバーを聴き比べできるカタチでリストアップしてみました。

Eye catch galileogalilei bio20151126
galileo galilei(ガリレオ・ガリレイ)稚内の空気からでないと日本では生まれない音?

2016年を持って一旦「終了」してしまうというガリレオ・ガリレイ。2008年の10代限定のフェス「閃光ライオット」でグランプリ獲得から、2010年メジャーデビュー。そこから一気に自由に自分たちの好きな音楽をバンドで追求して最高の曲に辿り着いての休止宣言。非常に残念ですが、galileo galileiも復活を待ちながらおさらいしておきましょう!

Eye catch 001
「avengers in sci-fi」コズミック・ダンス・ロックサウンドは鳴り止まない!

木幡太郎(Vo / Gt)、稲見喜彦(Vo / B)、長谷川正法(Dr / Cho)のスリーピースのロックバンドです。2002年の結成、2004年EPリリースから、サカナクション、the telephones、キュウソネコカミなどと並び「踊れるロック」ムーブメントの中心で第一線を走ってきています。バンド名は「アヴェンジャーズ・イン・サイファイ」と読みます。「アヴェンズ」などと略されることも。

Eye catch member img31
「赤い公園」自由奔放な才能が溢れる天才的なガールズバンド

メンバーは、佐藤千明(ボーカル・キーボード)、津野米咲(ギター・コーラス)、藤本ひかり(ベース)、歌川菜穂(ドラムス・コーラス)で、4人のガールズバンド。2012年2月のメジャーデビューから、いきなりのスマッシュヒット。そして活動休止&再開、2013年 SMAPの「Joy!!」のシングル曲提供。2014年には日本レコード大賞「優秀アルバム賞」受賞。その魅力にハマるのはまだ遅くない!

Eye catch keep your discopromo
踊れるロックのお祭り担当?ディスコー!=「the telephones」

2015年11月に急遽無期限活動休止をしてしまった「the telephones」。ファンはまだそのショックから立ち直っていないかもしれません。聴き逃していてムーブメントに乗りきれなかった方もいらっしゃるかもしれませんが、活動再開を待ち望みながらthe telephonesの魅力を先に知っておきましょう!