Default
Eye catch %e3%82%a2%e3%83%8b%e3%83%a1 %e3%82%81%e3%81%a0%e3%81%8b%e3%83%9c%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9  %e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%a2%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e6%98%a0%e5%83%8f
めだかボックス(Medaka Box)とは

原作:西尾維新、作画:暁月あきら。 週刊少年ジャンプに掲載、コミック全22巻。ジャンル「学園異能インフレ言語バトル漫画」。 ありとあらゆる事を完璧に出来る、黒神めだかが生徒会長となり学園の問題を仲間達と解決していく物語。超人を人為的に作り出す「フラスコ計画」編から「能力者」と呼ばれるキャラがめだかと戦う。原作者は「物語シリーズ」で有名、キャラの独特な名前、推理、言葉遊び、パロディが豊富。

Eye catch jjdouga.com 112928 8f8e1698 2048x1536
金田一少年の事件簿(The Kindaichi Case Files)とは

原案、原作:天樹征丸、作画:さとうふみやによる少年マンガ。シリーズ中盤まで原作:金成陽三郎。 金田一耕助の孫である高校生・金田一一(きんだいち はじめ)が事件を解決していくミステリー推理マンガ。 テレビアニメやドラマ化もされ、1992年(平成4年)から連載されており一度完結している。2013年から「金田一少年の事件簿R」として連載が始まった。

Eye catch 20150827 ddon 01
ドラゴンズドグマ オンライン(Dragon's Dogma Online、DDON)とは

2015年8月31日からサービスが開始されたオンラインオープンワールドアクション。 白竜に心臓を預け、不老になった覚者がレスタニアの異変を解決していくダークファンタジー。 運営はカプコン、同社から発売された前作「ドラゴンズドグマ」をオンライン化したものであり、基本プレイは無料。アイテムは課金制である。 キャッチコピーは「永久に語り継がれる冒険を、“オンライン”から」。

Eye catch animgnet shingekino004
進撃の巨人(Attack on Titan、AOT)とは

諫山創による日本の漫画作品。圧倒的な力を持つ巨人とそれに抗う人間達の戦う姿を描いたダークファンタジー。「別冊少年マガジン」に連載されている。 アニメが2013年4月から9月まで放送され、BD&DVD第1巻は合計約7万7000枚を売り上げ、1万枚が成功ボーダーとされるアニメ業界で驚異的な記録になった。

Eye catch 314484
甲鉄城のカバネリ(KABANERI OF THE IRON FORTRESS)とは

WIT STUDIO制作。2016年4月より6月までフジテレビ『ノイタミナ』枠にて放送されたアニメ。 キャッチコピーは「死んでも生きろ」「貫け、鋼の心を」。 蒸気機関が発達した極東の島国・日ノ本でカバネと呼ばれる不死の怪物とカバネリ、人々の戦いを描く和風スチームパンク作品。

Eye catch news header kuro akuma6
黒執事(くろしつじ)とは

著・枢やなによる漫画、月刊Gファンタジー(スクウェア・エニックス)にて連載中である。 19世紀末期のイギリス、名門貴族ファントムハイヴ伯爵家の幼い領主シエル・ファントムハイヴと、シエルと契約した悪魔、執事セバスチャン・ミカエリスが、シエルの過去やイギリス女王からの依頼など事件に巻き込まれつつ真相を探ろうとするダークファンタジー。 2017年に「豪華客船編」のアニメ映画上映が決定している。

Eye catch shouwa genroku rakugo shinjuu
昭和元禄落語心中(しょうわげんろくらくごしんじゅう)とは

雲田はるこによる漫画作品およびそれを基にしたアニメ作品。 落語を題材とし、戦前から現代にわたり落語界を舞台に噺家たちの因縁や人間関係が描かれる。 漫画は全10巻で終了しており、それぞれ「与太郎放浪篇」「八雲と助六篇」「助六再び篇」と大きく分かれていた。 2016年1月から「与太郎放浪篇」「八雲と助六篇」がテレビアニメ化され、二期の「助六再び篇」が2017年1月より放送開始されている。

Eye catch 0353caec
スレイヤーズ(Slayers)とは

富士見ファンタジア文庫(富士見書房)から刊行されているライトノベル。 著者、神坂一。イラストはあらいずみるい。 黒魔術、精霊魔術などが存在し、自称、美少女天才魔道士リナ=インバースが戦う長編ファンタジー小説である。 1990年に小説「スレイヤーズ!」が発売され1995年にはテレビアニメ化・劇場アニメ化、その後もゲーム化やコラボレーション作品が数多く存在する。