「ドラマ」に関する記事

Eye catch cn6fxwhueain8im
ドラマ「孤独のグルメ」の聖地巡礼(山手線編)

松重豊が演じる井之頭五郎が仕事先でふらりと立ち寄ったお店で一人飯を食べる。ただそれだけなのに今では大人気シリーズとなった「孤独のグルメ」。 どうせなら、ドラマに出てきたお店で御飯を食べてみたいですよね? そんな訳で今回は山手線の駅に絞ってお店を調べてみました。

Eye catch cn6fxwhueain8im
ドラマ「孤独のグルメ」の聖地巡礼(都内の地下鉄編・前編)

松重豊演じる井之頭五郎が美味しそうに御飯を食べる。そんなシンプルな内容が大人気となってついにSeason5の放映も間近に迫った「孤独のグルメ」。ドラマで出てきた料理を食べたいと思いますよね?今回は「孤独のグルメ」に登場した中から東京都内の地下鉄で行けるお店をご紹介します。

Eye catch cn6fxwhueain8im
ドラマ「孤独のグルメ」の聖地巡礼(都内の地下鉄編・後編)

急遽、前後編に分かれてお送りする事になりました。「孤独のグルメ」の聖地巡礼(都内の地下鉄編)。東京都内の地下鉄でアクセスできる所だけでもたくさんのお店が「孤独のグルメ」に登場しています。後編でもドラマに登場したお店をご紹介致しますので、是非チェックして実際に食べに行ってみて下さい☆

Eye catch %e3%81%af%e3%82%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93
TOKIOの長瀬くんの魅力が光ったドラマ「泣くな、はらちゃん」をもう一度観てみよう!

2013年1月から放送されたTOKIOの長瀬くん主演のドラマ「泣くな、はらちゃん」。漫画の中の登場人物だった「はらちゃん」がひょんな事から現実世界にやってきて、自分達の世界を良くしてもらうために神様(=漫画の作者)に会いに行く!そして!神様は「越前さん」という女性で、はらちゃんは初めての「恋」を知るのでした。TOKIOファン必見なら必見です!

Eye catch images
2015年ドラマ視聴率ランキング

みなさんは、普段ドラマなど見られていますか? 今回は、2015年のドラマ視聴率ランキングを紹介していきます。 年末年始にゆっくりしたい。 という方はぜひこのランキングを参考にして年末年始はドラマを鑑賞してみてください。 ※10月スタートのドラマについては12月1日時点での平均視聴率となっています。

Eye catch d0068330 692195
処女作にして話題を呼んだ作品「昨夜のカレー、明日のパン」の魅力

人気脚本家によるはじめての小説作品、「昨夜のカレー、明日のパン」。何気ない日常が愛おしくなるような、ほっこりとした優しい物語に浸りたい……という人に読んでもらいたい、作品の魅力をご紹介します。

Eye catch 10177330 664476946991010 4752861192596014800 n
月9ドラマのヒロインに大抜擢!藤原さくらって?

2016年春ドラマ、福山雅治主演の月9のヒロイン役に藤原さくらさんが抜擢。 シンガーソングライターで女優としては新人ということで話題になっています。 そこで、彼女が何者なのか探っていこうと思います。

Eye catch 20160508 kimipet03
入山法子&志尊淳で2016年、再度ドラマ化決定!『きみはペット』をおさらいしよう

人気コミックの実写化は、今や決してめずらしいものではなくなってきました。「次はどのコミックが実写化するのか…!?」とマンガファンがドキドキしている中で、過去に一度実写ドラマ化したあの作品が、2016年版となって帰ってきました!

Eye catch 20080412 421108
悪役なのにかわいい!?萌え悪役まとめ

悪役に抱くイメージと言えば、大概「憎たらしい」、「信念持ってる悪役はカッコイイ」といったところでしょうか。しかし中には思わず胸がキュンとなる「萌え」る悪役も・・・チョイ役も含め、まとめてみました。(ネタバレあり)

Eye catch yumezo key
『夢をかなえるゾウ』の「教授」キャラ、ガネーシャについて

『スパルタ婚活塾』などで知られる「成功の秘訣」の伝道師、水野敬也氏。元はお笑い芸人だった氏の出世作ともいえるのが『夢をかなえるゾウ』。この本は氏にとっては3冊目であり、処女作も30万部売れたんですが、やはり『夢をかなえるゾウ』の方がインパクトがあるんじゃないでしょうか。それもこれも、ガネーシャというキャラが一因?しかし数ある神様の中から、何故ガネーシャが選ばれたんでしょう?

Eye catch img 1
日本語で完全DVD化希望!伝説のコメディドラマ『アルフ』登場人物紹介

まだCG技術が拙かったころ。そのドラマは始まりました。大食いで時に皮肉屋、そして超マイペース。なのに憎めないし、居候先の家族にも愛され守られている。(迷惑がられはしますが)コンピュータも携帯電話も、今ほど普及していなかった頃のドラマ。そんな作品に登場した個性派のキャラたちをまとめました。

Eye catch rankingshare
思い切った幕末ドラマ『竜馬におまかせ』

坂本竜馬が主人公のドラマ数あれど、ここまでぶっ飛んだ設定、展開の作品はあまりないんじゃないでしょうか。従来の竜馬像、幕末当時の偉人に対するイメージに捕らわれない、実験的な内容。しかし単なるドタバタコメディではない作品でした。「思い切った」感はあるけれど、それが実に痛快。この記事内では作品のタイトルに合わせて「竜馬」と表記します。

Eye catch 2016030601
フルハウス(Full House)とは【ポイント解説】

1987年から1995年までアメリカで制作、放送されたコメディドラマ(シットコム)です。事故で突然妻を亡くした男が、友人たちに助けられながら子育てをするストーリー。個性的なメンバーが集い、笑いや皮肉のセンスが光る半面、ホロリと涙を浮かべさせる一面もありました。そんな懐かし海外ドラマの金字塔と言える作品です。