「文学」に関する記事

Eye catch 20017
森鴎外の娘・茉莉が説く「にせもの贅沢」の格好悪さとは

森鴎外といえば、国語の教科書にも必ず載っている、近代文学を代表する文豪です。実娘である森茉莉さんは、いわゆる「耽美」的な文体が高く評価され、小説・エッセイ・翻訳と幅広いジャンルを股にかけたました。繊細で綺麗な言葉だけでなく、はっきりとした「考え方」も、彼女の持ち味なのです。

Eye catch tky201101200156
美しい恋愛を描きながら……本当は怖い江國香織

江國香織さんと言えば、江國滋さんを父に持つ女流小説家、翻訳家。「号泣する準備は出来ていた」で直木賞を受賞したほか、「きらきらひかる」「落下する夕方」など代表作の多くは映画化もされています。そんな国民的作家である江國さんの小説は「大人の恋愛を美しく描きあげる」という共通点がありますが、実はそれだけではなく、「子どもの怖さ」を合わせ持つ作家さんなのです。

Eye catch images
時代別に見る!アメリカ文学の名作&当時の歴史的背景

海外文学と世界史は密接に関係しています。当時の社会情勢、政治的背景が思想につながり、文学は思想を中心として描かれます。独立を中心として思想も移り変わるアメリカ文学を、時代ごとに追ってみます。

Eye catch 5554afb1266cc
名作小説「すべてがFになる」がドラマに次いでノイタミナアニメ化

推理作家、森博嗣のデビュー作品である小説「すべてがFになる」。1996年に発表されて以来カルト的人気を誇るこの小説が2014年のTVドラマ化についで2015年秋、アニメ化!アニメ版「すべてがFになる」の見所についてまとめてみました。

Eye catch maxresdefault
【追悼】「知らない」とは言えない、野坂昭如さんの名作・名言を思う

2015年12月9日、心不全のため85歳で亡くなった作家で元参院議員の野坂昭如さん。世代を超えて愛される、野坂さんの名作と名言をご紹介します。

Eye catch original
もはや至高の文学作品!個人の「日記」なのに面白すぎる作品3選

「活字本」と言われてまっ先に思い浮かぶのはなんでしょうか。小説?論説文?専門書?どれもそれぞれの面白さがありますが、今回ご紹介するのは「日記」。自分の身の回りのことを書く「日記」。ただの、個人の、ちょっとした「日記」。それなのにこんなに笑わされるなんて……悔しい!

Eye catch b 6 11
「文スト」だけじゃない!文学者に興味を持ったら読みたい作品たち

2016年春アニメの一作として注目されている「文豪ストレイドッグス」。キャラクターの名前を聞いて「あれ、この名前聞いたことある……」と思った人は、文学者がメインモチーフとして扱われる「文学マンガ」に注目してみませんか?

Eye catch %e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89
いつか読む、を卒業!フランス文学入門にぴったりなおすすめ作品

「フランス文学」と聞いて、あなたはどんなイメージを抱きますか?多くの人が「難解そう」「とっつきにくい」という印象を持っているのではないでしょうか。しかし実はギャグが溢れていたりキャラクターが個性的だったり、とにかく面白いんです!大人なら、読書好きなら、知っておきたい名作をご紹介します。

Eye catch 51wo03 2bbuyl. sx349 bo1 204 203 200
んふんふ!なめこが漫画で名著を再現!『なめこ文學全集』

お子様、女性に人気の「なめこ」が漫画で古今東西の文学作品を漫画で再現、という色々な意味で思い切った作品です。「何でなめこ!」「人気キャラだからって便乗!?」と思うかもしれませんが、気を引けば売り手側の勝ち。読んでみたらわかりやすいわ、面白いわ・・・読書は苦手、という方でも入門編として読んでみるのはいかがでしょう?

Eye catch 106708
興味をもたずにいられない……人文学系雑誌「ユリイカ」の特集着眼点

青土社から発売されている「ユリイカ」は、文学や思想などを広く取り扱う評論雑誌。そう聞くととっつきにくいイメージを抱くかもしれませんが、これまでの特集タイトルを見ていくと「なにそれ!?」と言いたくなるような面白いものもたくさんあるのです!