「セガ」に関する記事

Eye catch 007
シェンムーⅢ製作決定!! セガの伝説的タイトル『シェンムー』について調べてみた

2001年に発売された『シェンムーII』を最後に、続編製作はされませんでした。 しかし 2015年6月16日、『シェンムーⅢ』の製作が電撃発表!

Eye catch kiryuu
【龍が如く】もはやキャラ崩壊! 伝説の極道、桐生一馬のネタセリフ【画像&解説付き】

極道をテーマにしたゲーム『龍が如く』シリーズ。 硬派なゲームの印象がありますが、実はお遊び要素・おふざけ要素もかなり強く、バカゲー的な楽しさも兼ね備えています。 このまとめでは豊富なセリフ選択肢の中から、ネタ系セリフを紹介していきます。

Eye catch d4134e44
知っている? 『龍が如く』シリーズが守り続けている3つのコンセプト

セガの大人気タイトル『龍が如く』。 このシリーズには一貫して守られ続けている3つのコンセプトがあります。 これを知っていれば龍が如くをもっと楽しめるかも!?

Eye catch web ryu 600 8
『龍が如く』主要キャラクターの刺青まとめ(『1』~『4』)

ゲーム内では意外と映されない、『龍が如く』キャラクターの刺青まとめ。 桐生さんや真島の兄さんの刺青をじっくり見たいと思っていた人も多いはず。 創作などの参考にもオススメです。

Eye catch 2282
【龍が如く】オッサンだけじゃない! 『龍が如く』シリーズの若いイケメンキャラまとめ

渋いオッサンがたくさん登場する『龍が如く』の、若いイケメンキャラまとめ。 硬派なイメージのある作品ですが、硬派=オッサンというわけではモチロンありません。若いキャラも登場しますし、全員が主人公の桐生さんに負けないくらいの精神を持っています。このまとめでは龍が如くシリーズに登場する若いイケメン達を紹介します。

Eye catch yakuza1 ps2
龍が如く(りゅうがごとく、英題:Yakuza)とは【ポイント解説】

セガの大ヒットシリーズ初作品にして、累計販売本数100万本を記録したキラータイトル、『龍が如く(りゅうがごとく、英題:Yakuza)』のポイント解説。キャッチコピーは「伝説の男と100億の少女」。ゲームでスポットを当てられる事がほとんどなかった「日本の裏社会」「極道の世界」をテーマにした硬派なストーリー、爽快なアクション、笑いありの豊富なお遊び要素で注目されているシリーズの第1作です。

Eye catch 51tm45vadql
龍が如く2(りゅうがごとく2、英題:Yakuza 2)とは【ポイント解説】

『龍が如く』シリーズの2作目となる『龍が如く2(りゅうがごとく2、英題:Yakuza 2)』のポイント解説。キャッチコピーは「そして本物の龍は、唯一孤高の伝説となる」。続編の見本とも言うべき完成度で高評価を得た本作では、大阪・蒼天堀と関西の龍”郷田龍司”が登場。関東と関西を舞台に2匹の龍が死闘を繰り広げます。

Eye catch 51lsdfdq 0l
龍が如く3(りゅうがごとく3、英題:Yakuza 3)とは【ポイント解説】

シリーズ初のPS3対応ソフト、『龍が如く3(りゅうがごとく3、英題:Yakuza 3)』のポイント解説。キャッチコピーは「伝説の龍が帰ってきた」。 新たに沖縄の繁華街が登場した他、国家を巻き込む壮大なストーリーと養護施設「アサガオ」の登場など、従来よりも広い世界観のシナリオ面が特徴です。もちろん映像・システムもクオリティアップし、アクションの爽快感も手堅く強化されています。

Eye catch 51kxp3donml
龍が如く4 伝説を継ぐもの(りゅうがことく4、英題:Yakuza 4)とは【ポイント解説】

シリーズ初の複数主人公制となった『龍が如く4(りゅうがことく4、英題:Yakuza 4)』のポイント解説。キャッチコピーは「それは熱き男達の、奇跡の記録」。 複数主人公制によるそれぞれの視点からストーリーが進む群像劇のようなシナリオ展開が特徴です。カタギの金融屋”秋山駿”や不良刑事”谷村正義”、東城会のもう1人の伝説”冴島大河”といった人気キャラクターが登場し、マンネリ打破に成功した作品です。

Eye catch 71ffk4zhdql. sl1000
龍が如く0 誓いの場所(りゅうがことく0、英題:Yakuza 0)とは【ポイント解説】

龍が如くシリーズ9作目となる『龍が如く0 誓いの場所』のポイント解説。キャッチコピーは「日本中が狂喜乱舞していた時代。「龍」の伝説は、ここから始まった。」。本作は『1』よりも前、バブル時代を舞台とし、まだ20代の桐生一馬が描かれると話題になりました。桐生に次ぐ人気キャラクターである「真島吾郎」が主人公に昇格し、操作可能となった点も注目です。