「邦楽ロック」に関する記事(2ページ目)

Eye catch f54938e6d61805
2016年ブレイク必至のアーティスト

2016年もはじまりました。 昨年もいろいろな音楽が流行りましたが、今年はなにがが流行するのでしょう? ここでは、2016年ブレイクが期待されるアーティストをご紹介します。

Eye catch 057 1024 500x333
おすすめウインターソング~2010年代編~

冬もまだまだ半ば、寒い日が続いています。 ここでは最新のおすすめウインターソングの紹介をいたします。

Eye catch 41t0a65hvel
再注目!バンドSURFACEについて

2015年「キングオブコント」で注目されたのは、優勝したコロコロチキチキペッパーズでしょうが、実はお笑い芸人のほかに注目されたバンドがいます。 それがSURFACEです。 そこで今回はSURFACEについてまとめました。

Eye catch 055 1024 500x333
おすすめウインターソング~1990年代編~

寒い日が続きますが、春はまだまだ先。 そこで、今回は少し懐かしい1990年代のおすすめウインターソングを紹介します。

Eye catch 5
おすすめウインターソング~1980年代編~

本格的な寒さがやってきて、こころも身体も冬を感じるこの頃。 こんな寒い季節はあたたかい家の中でウインターソングを聴きながら過ごすのもいいと思います。 そこで今回は1980年代のおすすめウインターソングを紹介します。 懐かしの曲で冬の気分をぜひ高めてください。

Eye catch a759fc6ff3e72104eca7ae48f1da3794
おすすめウインターソング~邦楽・2000年代編~

暖冬と言えど寒くなってきて冬を感じてきました。 今回はおすすめのウインターソングの邦楽・2000年代の曲をいくつか紹介します。

Eye catch 60
Mr.Children2度目の休止から復帰の時代のおすすめ曲

1992年にメジャーデビュー、 日本を代表するロックバンドのひとつと言えるバンド、ミスチルことMr.Children。 総発表曲数は200曲以上、老若男女問わず愛され続けているミスチルの時期ごとのおすすめ曲をご紹介します。

Eye catch bank band
BankBandのカバーした曲とそのオリジナル曲のまとめ

Mr.children桜井和寿と音楽プロデューサー小林武史が中心となって結成されたバンド・BankBand。 主催しているフェスやCDなどで数々の名曲をカバーして、そのたびに話題になっています。 そこで今回はBankBandのカバー曲とオリジナル曲を一緒にまとめました。 カバーとオリジナルの違いをぜひ比べてみてください。

Eye catch img 2
4年ぶりの開催決定!今までのap bank fesをふりかえる

Mr.childrenの桜井和寿と音楽プロデューサー小林武史を中心として開催された夏フェスap bank fes 環境問題や復興活動に特化した他の音楽フェスとは一線を画した音楽フェスですが、2012年を最後に休止していました。 しかし、今年4年ぶりに開催することが発表されました。 そこで今回はap bank fesについて、今まで出演したすごいゲストアーティストについてをまとめました。

Eye catch 61hosi3unol. sy355
レキシ・アルバム「レシキ」におけるコラボレーションとレキシネームについてのまとめ

歴史を歌い、楽しく伝える。今やこのスタイルが定着し浸透している「レキシ」。 ますます活躍し、知名度を高めるレキシの4枚目のアルバムは「レシキ」。 そこで今回は、レキシの4枚目のアルバム「レシキ」でコラボレーションしたアーティストとレキシネームについてまとめました。

Eye catch 20070424213621
夏の風物詩・資生堂「アネッサ」の歴代CMソングまとめ

暑い夏ももうすぐ。 この季節になると毎年流れるテレビCMのひとつとして、日焼け止め「アネッサ」のCMが思い浮かぶ方も多いと思います。 CM曲は毎年話題になり、多くの人の記憶に残っていることでしょう。 そこで今回はそんな歴代アネッサCMソングをまとめました。

Eye catch 61fkcg942pl. sx355
レキシ・サードアルバム「レキミ」におけるコラボレーションとレキシネームについてのまとめ

さまざまな試みやパフォーマンスで人気のアーティスト「レキシ」 そんなレキシがコラボレーションしたアーティストはいつも豪華で話題になっています。 また、コラボレーションする際にアーティストには”レキシネーム”という名前がつけられて、そちらも話題になっています。 そこで今回は、レキシのサードアルバム「レキミ」でコラボレーションしたアーティストとレキシネームについてまとめました。

Eye catch 160208 gv 1 thumb 950x633 20952
我が道を突き進むロックバンドGRAPEVINEについて

来年にはデビュー20周年になるロックバンド・GRAPEVINE 飄々としながら奥深く文学的な歌詞の世界と、ロックで重厚なサウンド、ライブパフォーマンスは根強いファンとともに独自の立ち位置で進化し続けるバンドです。 そこで今回はそんなGRAPEVINEについてまとめました。

Eye catch photo kj
Dragon Ashの盛り上がるライブ定番曲を紹介

今年結成20年、もはやベテランの域に達しているミクスチャーロックバンド、Dragon Ash。 ライブ活動は今も変わらず活発で、ファンもそのライブの熱さを支持しています。 そこで、今回はDragon Ashの盛り上がるライブの定番曲をご紹介します。

Eye catch ckb fihveaiqa5z
復活!愛知県出身バンド、SPYAIRの魅力

ボーカルIKEの脱退騒動によるバンドの解散危機を乗り越えて、昨年帰ってきたSPYAIR。 彼らの魅力、野外ライブへの想いに注目してみました。