「邦楽ロック」に関する記事

Eye catch 41x6fcf85kl
思わず見入ってしまうドラマ仕立てのMV集(ラブストーリー編)

ドラマMVの鉄板!恋愛をテーマにしたMVを集めました。

Eye catch a
最近のGRAPEVINE兄さんが相変わらずかっこよい件

今や大御所バンドとしてロック界に君臨するバンド、GRAPEVINE。1997年に「覚醒」でメジャーデビュー後、メンバー脱退など決して平坦ではなかった彼らのバンドライフの大きな転機となった2014年のレコード会社移籍。それでもマイペースな道を突き進む彼らの音楽は相変わらずクールなのです!

Eye catch news large baseballbear 29sai jkt
青春ポップロックから脱却したBase Ball Bearが最高に自由でアツい!!

2001年11月に千葉県の高校で結成され、まもなく15周年を迎える4人組ロックバンドBase Ball Bear。「ドラマチック」や「BREEZE GIRL」など青春!夏!などのイメージを自ら脱却し、新しい音楽を追い求めるBase Ball Bearのここ最近の作品が実験的で、とてもかっこよいのです。

Eye catch rtw2015 web
じわじわ人気上昇中!ロックバンドRhythmic toy worldオススメ曲!

2015年秋から放送されている森永DARSのCM曲で話題の「Rhythmic toy world」!美しいメロディと叙情的な歌声、バラードから攻撃的なロックまで幅広い音楽性が魅力のこのバンドのオススメ曲をご紹介します!

Eye catch a07 5hb4
2016年ブレイク必至!! 超個人的おススメバンド5選

2016年、邦楽ロック界を賑わすこと間違いなしの要注目バンド5組をご紹介します!

Eye catch original
今こそ括目せよ!『indigo la End』の魅力ってなんだ?

「ゲスの極み乙女。」のギターボーカルを務める川谷絵音による2010年の2月に結成されたバンド。 2016年2月3日発売の新曲「心雨」発売に伴って、バンド音楽ながらに儚く美しい彼らの世界観を伝えます。

Eye catch 20150719 p8950 triming20150814134002 1024x583
今注目するバンド!「Fear, and Loathing in Las Vegas」とは?

2010年のメジャーデビューから人気急上昇している、神戸発6人組バンド「Fear, and Loathing in Las Vegas」 現在のラウドロックシーンで大注目されており、2016年1月には日本武道館で関東初のワンマンライブを成功させています。これからも目が放せない彼らの音楽の魅力をお伝えします!

Eye catch 51rtzmiaukl. sy355
【お花見】春の定番!おすすめさくらソング特集!【桜】

春の花の代表は桜。 桜が咲くと春も本番と感じます。 そこで今回はどこかで聞いたことがあるさくらソング定番曲をまとめました。

Eye catch bnr main rekishi
レキシ・ファーストアルバム「レキシ」におけるコラボレーションとレキシネームについてのまとめ

独特の世界観で人気のアーティスト「レキシ」 そんなレキシがコラボレーションしたアーティストはいつも豪華で話題になっています。 また、コラボレーションする際にアーティストには”レキシネーム”という名前がつけられて、そちらも話題になっています。 そこで今回は、レキシのファーストアルバム「レキシ」でコラボレーションしたアーティストとレキシネームについてまとめました。

Eye catch 201403120035 b
今も進化を続けるロックバンド・Dragon Ashのメンバーについてのまとめ

今なお日本のロックシーンの最前線を走り続けるDragon Ash。 メンバーの加入や死去を経てもなお常に前に進み続ける姿は多くのファンを惹きつけ続けています。 そこで今回はDragon Ashのメンバーについてまとめました。

Eye catch ejgypk2bgob89tcpy7wmt5sx8axrfkltktlnaktqwezeqdwk1foqswn2qnmntzvw
2016年・夏の音楽フェスのまとめ

春がやってきてあたたかくなってくると夏の計画をたてよう!と思う人も多いと思います。 あたたかくなってきたら行きたくなってくるのが”音楽フェス” そこで今回は2016年の夏の音楽フェスをまとめました。

Eye catch asanohonkidance
2016年注目バンド一挙まとめ

2016年もブレイクしそうなバンドがたくさん。 そこで今回は、ブレイク間違いなしのバンドを一挙紹介します。 こちらでチェックして、是非先取りしてみてください。

Eye catch amigo2
桜井和寿とGAKU-MCのユニット・ウカスカジーについて

Mr.childrenの桜井和寿とラッパーのGAKU-MCによるユニット”ウカスカジー” Mr.childrenとは違う魅力のつまったユニットで、多くの支持をあつめています。 そこで今回はウカスカジーについてまとめました。

Eye catch 41znjqfjjjl. sx425
レキシ・セカンドアルバム「レキツ」におけるコラボレーションとレキシネームについてのまとめ

歴史をフィーチャーし、独自の路線を突き進む人気のアーティスト「レキシ」 そんなレキシがコラボレーションしたアーティストはいつも豪華。 そして、コラボレーションする際にアーティストには”レキシネーム”という名前がつけられ話題になっています。 今回は、レキシのセカンドアルバム「レキツ」でコラボレーションしたアーティストとレキシネームについてまとめました。

Eye catch ph main
復活!今だからTHE YELLOW MONKEYをおさらい

さる年の2016年、THE YELLOW MONKEYが復活することが発表されました。 今年大規模なツアーが行われるということで、楽しみにしているファンもたくさんいると思います。 そこで、今回はTHE YELLOW MONKEYについてまとめてみました。

Eye catch ogp
くるりがコラボしたアーティストと楽曲のまとめ

さまざまな音楽性をいつも見せてくれるバンド・くるり。 バンドでの音楽性だけでも非常に面白く、支持されているものですが、ここではくるり単独でなく、コラボや別プロジェクトで発表した曲をまとめました。

Eye catch 71fj ejjpcl. sl1077
シンガーソングライター・川本真琴のおすすめ曲

1990年代後半にヒットを重ねたシンガーソングライター、川本真琴。 現在でもインディーズシーンに身を置きながら作品をリリースし、絵本出版や楽曲提供を行うなど、幅広いジャンルで活動を続けています。 今回はそんな川本真琴のおすすめ曲を紹介します。

Eye catch shinamayu prof2
2016年注目のバンド・”しなまゆ”について

キラキラのポップな曲が印象的なバンド”しなまゆ” 東京・立川発の3人組POPバンドでサウンドや世界観もバラエティーに富んでいる2016年注目のバンドです。 今回はそんなバンド”しなまゆ”をご紹介します。

Eye catch pym9g7ck 400x400
豪華すぎる!歴代サマソニ・ヘッドライナーの面々

2000年から開催されている、都市型夏フェスの代名詞と言えるであろうサマソニことSUMMER SONIC。 出演アーティストが豪華で多彩であるため、さまざまな年代の人たちが楽しめる贅沢なフェスとして知られています。 今回は歴代のサマソニのヘッドライナー(メインアクト)をまとめました。

Eye catch children03
Mr.Children2000年代後半のおすすめ曲

国民的バンド・Mr.Children。 デビューして25年のベテランバンドですが、大人はもちろんですが、若者にも支持されています。 それは2000年以降もヒット曲をたくさん発表しているからだと思います。 そこで今回は2000年代後半のMr.Childrenおすすめ曲を紹介します。

Eye catch 03
2016年・春の音楽フェスまとめ

もうすぐ冬が終わって春がやってきます。 あたたかくなってきたら行きたくなってくるのが”音楽フェス” そこで今回は2016年の春の音楽フェスをまとめました。

Eye catch 12
今もフルパワーのおじさんバンド・ニューロティカについて

ピエロのメイクをしたおじさんが歌うバンド、ニューロティカ。 結成から30年以上の超ベテランバンドで、コアなファンが多いバンドです。 そこで今回はバンド・ニューロティカについてまとめました。

Eye catch flowerwall cover 600x600
2015年ブレイク!今後も期待のマルチアーティスト・米津玄師について

みなさんは米津玄師をご存知でしょうか。 聴けば聴くほどはまる楽曲と、クオリティが高くて心に響く絵が魅力のアーティストです。 2015年にはCDアルバムがオリコンチャート1位を獲得するなど、この先活躍が大いに期待されるアーティストです。 ここでは、米津玄師についてまとめました。

Eye catch h logo
2016年ブレイク間違いない!バンド・WANIMA

昨年は多数のフェスに出演、着々と知名度とファンを増やしているバンドがあります。 その名もWANIMA。 邦楽ロック好きはもうチェック済みの人も多いと思います。 そこで、今回は今年ブレイクまちがいなしのバンド、WANIMAについてとおすすめの曲をご紹介します。