テレビに関する記事(2ページ目)

「テレビ(TV)」に関するポイント解説が集まったページです。名作テレビ番組・有名芸能人や最近の注目テレビ番組・芸能人を楽しむために概要、ストーリー、人物、企画、用語、名言(名シーン)、エピソード、裏話などの抑えておきたいポイント情報がまとめられています。

Eye catch 22235
ウルトラマン80(ウルトラマンエイティ、Ultraman 80)とは

1980年(昭和55年)4月2日から1981年(昭和56年)3月25日までの間にTBS系で放送。 『ウルトラマン80』の製作はTBS・円谷プロダクション。全50話が放送された。 M78星雲・光の国より地球へやってきたウルトラマン80=矢的猛が、人間の負の感情・マイナスエネルギーが怪獣を生み出すということに気付き、新任教師となり根本を断つ日々と、UGM隊員として活躍する日々を描いた物語。

Eye catch 96958a9f889de2e4e4ebebe5e0e2e1e3e2eae0e2e3e4e2e2e2e2e2e2 dsxzzo0670050031082016000000 pn1 24
バナナマン(BANANAMAN)とは

バナナマン (BANANAMAN) は、設楽統と日村勇紀による日本のお笑いコンビ。所属事務所はホリプロコム。1993年に結成し、主にコント師として活動しており、2008年のキングオブコントでは最終決戦2位を獲得する実力派コント師である。2003年にテレビ朝日系『内村プロデュース』に出演したのをきっかけにテレビやラジオなどメディアでの活動も増え、今やテレビに欠かせない顔となっている。

Eye catch 22134
ウルトラマンレオ(Ultraman Leo)とは

1974年(昭和49年)4月12日から1975年(昭和50年)3月28日までの間にTBS系で放送。 『ウルトラマンレオ』の製作はTBS・円谷プロダクション。全51話が放送された。 「生きる厳しさと哀しさを鮮烈に謳う」をテーマに掲げ、主人公・おゝとり(おおとり)ゲン=ウルトラマンレオが、強敵や周囲の人々たちとの軋轢により過酷な状況に追い込まれ苦悩しながら成長していく物語。

Eye catch cenczewxiaaeqgj
仮面の忍者 赤影(かめんのにんじゃ あかかげ)とは

「週刊少年サンデー」に連載された横山光輝原作の漫画『飛騨の赤影』を実写化。1967年4月から1968年3月まで全52話がフジテレビ系列で特撮テレビドラマとして放送された。金目教篇、卍党篇、根来篇、魔風篇の4部構成で進行する。木下藤吉郎が飛騨の国から呼んだ赤影、青影、白影の3人がお互いに協力して悪の忍者集団を粉砕し、世の中を平和に導いていくヒーロー時代劇。

Eye catch 41516c9ee64a48aa4990ae2bc713b047
LIFE!〜人生に捧げるコント〜(ライフ じんせいにささげるコント)とは

LIFE!~人生に捧げるコント~とは、NHKが制作しているコントを中心としたバラエティ番組。『人生』をテーマにしており、ウッチャンナンチャンの内村光良が中心となっている。内村にとってはNHKでの初のレギュラー番組。一度見たら忘れられない個性的すぎるキャラクターたちや、多分野に渡る豪華ゲストが特徴。

Eye catch %e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%ab
深夜食堂(しんやしょくどう)とは

安倍夜郎の描いた漫画『深夜食堂』を原作とし、2009年の10月期より放送された。好評につき2011年には「深夜食堂2」が、2014年には「深夜食堂3」が放送。2015年1月31日には「映画・深夜食堂」が公開されている人気作。素朴な人柄のマスターが深夜のみ開く食堂に集まってくる個性豊かな面々の、食べ物にまつわるエピソードが心をじんわり温めてくれる。

Eye catch %e3%81%b2%e3%82%87%e3%81%86%e3%81%8d%e3%82%93%e6%97%8f %e3%83%88%e3%83%83%e3%83%97
オレたちひょうきん族(オレたちひょうきんぞく)とは

『オレたちひょうきん族』は、1981年~1989年までフジテレビ系列で放送されていたバラエティー番組。ビートたけしや明石家さんま、島田紳助ら豪華な出演陣と、多くの予算と小道具を用いたダイナミックな笑いは一部で「伝説の番組」ともいわれている。タケちゃんマンやひょうきんベストテン、懺悔室などのコーナーが特に有名である。「楽しくなければテレビじゃない」を形にした番組である。

Eye catch fes 5aa1d
水曜どうでしょう(水どう、どうでしょう、How do you like wednesday?)とは

水曜どうでしょうとは、北海道のテレビ局であるHTBが1996年10月9日から2002年3月25日まで放送していた北海道の伝説とも言われるローカル番組である。現在では『水曜どうでしょうリターンズ』や『水曜どうでしょうClassic』など再放送が各地で放送されており、全国各地でファンを拡大していっている。

Eye catch op
ジャイアントロボ(Giant Robo)とは

「ジャイアントロボ」は、横山光輝原作のSFロボット漫画作品。「週刊少年サンデー」に1967年から1968年まで全3部構成で連載された。テレビ放送はNET系で1967年10月から1968年4月までの全26話。悪の組織BF団と世界的な防衛組織ユニコーンとの戦いを通し、ユニコーンの一員となった少年・草間大作と、大作の命令のみで動く巨大ロボットGR1=ジャイアントロボの活躍を描く。

Eye catch c2bee065 bf72 4c73 8e11 5b4dbf984085
仮面ライダーZX(仮面ライダーゼクロス、Kamen Rider ZX)とは

『仮面ライダーZX』は、10番目の仮面ライダーの名称と、それに関連する企画を総称したもの。「バダン」の野望を止めるべく、仮面ライダーZXは戦う。1982年~1984年にかけて、雑誌でのグラビア連載や、『10号誕生!仮面ライダー全員集合!!』で登場した。仮面ライダーの中ではやや影が薄かったものの、漫画『仮面ライダーSPIRITS』で主人公として選ばれたことで知名度や人気が向上することとなった。

Eye catch cfd164d1
ウルトラマンA(ウルトラマンエース、Ultraman Ace)とは

1972年(昭和47年)4月7日から1973年(昭和48年)3月30日までの間にTBS系で放送。 『ウルトラマンA』の制作はTBS・円谷プロダクション。全52話が放送された。 地球を侵略しようと企む新たな敵・異次元人ヤプール。そのヤプールが送り出す怪獣以上の強敵・超獣に対して、超獣攻撃隊・TAC(タック)と、共に戦う巨大ヒーロー・ウルトラマンAの活躍を描いた作品。

Eye catch kiman
帰ってきたウルトラマン(ウルトラマンジャック、The Return of Ultraman、Ultraman Jack)とは

1971年(昭和46年)4月2日から1972年(昭和47年)3月31日の間にTBS系で放送。 『帰ってきたウルトラマン』の制作は円谷プロダクション。全51話が放映された。 世界各地で地殻変動や異常気象が相次ぎ、眠っていた怪獣が目覚めていく。 その怪獣たちと戦う防衛チーム・MAT(マット)と、共に戦う巨大ヒーロー・ウルトラマンの活躍を描いた物語。

Eye catch black
仮面ライダーBLACK(仮面ライダーブラック、Kamen Rider Black)とは

『仮面ライダースーパー1』終了から6年振りのテレビシリーズのコンセプトは「原点回帰」。 「仮面ライダー0号」と位置付け、主要スタッフの大幅な刷新を行い、これまでとは全く違ったスタイルの仮面ライダー像を得た。漆黒のボディの自由の戦士は、30年を経た今もなお、我々を魅了する。 人間文明破壊をたくらむ暗黒結社ゴルゴムに対し、南光太郎が仮面ライダーBLACKへと変身し、その身と青春をかけ戦う。

Eye catch decade
仮面ライダーディケイド(Kamen Rider Decade)とは

『仮面ライダーディケイド』は『平成仮面ライダーシリーズ』10作目の作品にして異色作と呼ばれる。門矢士/仮面ライダーディケイドは「世界の破壊者」と作中で呼ばれ、数々の並行世界を駆け抜けていく。その先にあるのは救済なのか、破滅なのか。それまでの平成ライダー世界を再構成(リ・イマジネーション)する作風は賛否両論を浴びつつも、多くの派生作品でも重要な役割を果たす、欠くことのできない存在である。

Eye catch ultraseven
ウルトラセブン(Ultra Seven)とは

1967年(昭和42年)10月1日から1968年(昭和43年)9月8日の間にTBS系で放送。 『ウルトラセブン』は、劇中に登場する巨大変身ヒーローの名前。制作は円谷プロダクション。全49話が放映された。 地球侵略を企む的生命体=宇宙人に対して、地球を守るウルトラ警備隊。 そして、警備隊ら地球人と協力をするヒーロー・ウルトラセブンの活躍を描いた物語。

Eye catch v3%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%97
仮面ライダーV3(Kamen Rider V3)とは

『仮面ライダーV3』は石ノ森章太郎原作の特撮テレビドラマ。『仮面ライダーシリーズ』の人気を定着させた作品である。ショッカー・ゲルショッカーの後継組織であるデストロンの魔の手から人々の自由と平和を守るために、風見志郎/仮面ライダーV3が悪の怪人と闘い続ける。登場人物は前作『仮面ライダー』から一部引き継がれ、前作と同様、もしくはそれ以上の人気を獲得する作品となった。

Eye catch %e4%bb%ae%e9%9d%a2%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%80%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%97
仮面ライダー(Kamen Rider、Masked Rider)とは

『仮面ライダー』は石ノ森章太郎原作の特撮テレビドラマ。45年以上の長きにわたって、日本の等身大ヒーローの代表格であり続けるシリーズの1作目となる番組である。ショッカーによる改造手術を受けて、自らが望まぬ圧倒的な力を得てしまった本郷猛と一文字隼人は、仲間の力を借りつつ、仮面ライダーとして明日も知れぬ戦いに身を投じていく。「人類の自由と平和」のために。

Eye catch %e3%82%ad%e3%82%ab%e3%82%a4%e3%83%80%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%97
人造人間キカイダー(Kikaida、Kikaider)とは

『人造人間キカイダー』は石ノ森章太郎原作の特撮テレビドラマ。キカイダー/ジローは不完全な人造人間として創られたことに悩みつつも、生みの親である光明寺博士を探しだし、ミツコとマサルの兄弟を守るために、ダーク破壊部隊のロボットと戦う。生前、石ノ森章太郎はこの作品に対して『仮面ライダー』よりも思い入れがあると話していた。

Eye catch 20161014171258
ウルトラマン(初代ウルトラマン、Ultraman)とは

1966年(昭和41年)7月17日~1967年(昭和42年)4月9日の間にTBS系で放送。 『ウルトラマン』とは、劇中に登場する巨大変身ヒーローの名前。制作は円谷プロダクション。 映像上の題名は「ウルトラマン 空想特撮シリーズ」である。全39話放送された。 ウルトラマンと地球人のハヤタ隊員が一心同体となり、科学特捜隊と共に、怪獣や侵略宇宙人を倒し、地球の平和を守るストーリーである。

Eye catch exaid top
仮面ライダーエグゼイド(Kamen Rider Ex-Aid)とは

2016年10月からテレビ朝日系列で放送の特撮作品。 平成仮面ライダーシリーズ第18作である本作品では、仮面ライダーのデザインなどに「ゲーム」の要素を、物語の舞台に「病院」を採り入れている。 キャッチコピーは、「ゲームスタート」、「ノーコンティニューで運命を変えろ!!」。

Eye catch zbatt
快傑ズバット(かいけつズバット、Kaiketsu Zubat)とは

「ズバッと参上!」私立探偵の早川健は、親友だった飛鳥五郎の仇を討つべく、日本全国を放浪する。その最中で各地の人々を苦しめる悪漢たちを日本一の技で圧倒し、最後は快傑ズバットとなって成敗する。スタッフが口々に「宮内洋でなければこの番組は成立しない」と言われる作品で、圧倒的な存在感を持つ特撮ドラマである。

Eye catch main
相棒(あいぼう)とは

『相棒』は、テレビ朝日・東映制作の刑事ドラマシリーズ。 水谷豊演じる主人公『杉下右京』は、人材の墓場と呼ばれた「警視庁特命係」に属する警部である。 その右京が自身の下についた「相棒」と共に超人的な推理力・洞察力を駆使して活躍していく。 亀山薫(演:寺脇康文)、神戸尊(演:及川光博)、甲斐享(演:成宮寛貴)、冠城亘(演:反町隆史)と相棒は代替わりしている。

Eye catch ogp
逃げるは恥だが役に立つ(逃げ恥、We married as a job!)とは

TBS系列にて2016年10月~12月まで放送されたTVドラマ。原作は『Kiss』で連載されていた海野つなみの漫画作品。大きな反響を呼んだ、国民的人気ドラマである。派遣をクビになった主人公森山みくりが、IT社員の自称プロの独身・津崎平匡と従業員として契約結婚をする、というドタバタラブコメディである。

Eye catch %e3%82%ae%e3%83%a3%e3%83%90%e3%83%b3 %e3%83%88%e3%83%83%e3%83%97
宇宙刑事ギャバン(Space Sheriff Gavan)とは

「蒸着!!」この叫びとともに、一条寺烈は宇宙刑事ギャバンへと0.05秒で変身を遂げる。そしてレーザーブレードの一閃で、宇宙犯罪組織マクーの悪事を食い止めていく。テレビで3作続いた『宇宙刑事』シリーズ最初の作品にして、いわゆる『メタルヒーロー』物の開祖でもある。21世紀に入っても小説や映画などで続編が製作されている、東映ヒーローの柱のひとつである。