目次

  1. あらすじ
  2. アイアンマン解説
  3. 能力
  4. 天才的な頭脳
  5. 白兵戦闘術
  6. アーマー
  7. アイアンマン:マーク1
  8. アイアンマン:マーク2
  9. アイアンマン:マーク3
  10. 登場人物
  11. トニー・スターク/アイアンマン(演:ロバート・ダウニー・Jr/吹き替え:藤原啓治)
  12. ジェームズ・ローディ・ローズ (演:テレンス・ハワード/吹き替え:高木渉)
  13. ペッパー・ポッツ( 演:グウィネス・パルトロー/吹き替え:岡寛恵)
  14. オバディア・ステイン(演:ジェフ・ブリッジス/吹き替え:土師孝也)
  15. インセン(演:ショーン・トーブ/吹き替え:井上倫宏)
  16. 名言(名シーン)
  17. 記録は破られるためにある
  18. 生き残ったのには理由があるはずだ
  19. 私がアイアンマンだ
  20. 裏話
  21. トニー候補
  22. アイアンマンスーツ
  23. 予告動画

あらすじ

主人公のトニー・スタークは主に兵器開発をし、軍に提供する会社「スターク・インダストリーズ」を経営するやり手のビジネスマン。
ある日トニーは新開発したクラスターミサイル(大型ミサイルに子弾を搭載したもの)「ジェリコ」の宣伝ため、アメリカ空軍を訪問。

プレゼンの後に軍兵とドライブを楽しんでいたのも束の間、トニーはテロリスト集団の襲撃を受けて気絶していまう。
トニーが目を覚ますとそこはテロリストの本拠地で、胸には見慣れない機械が取り付けられていた。
同じく捕らえられていたインセン博士曰く、トニーの胸に設置されたものは電磁石で、襲撃された際に心臓周辺に刺さったミサイルの破片を引き留めておくものだという。

テロリスト達は「ジェリコ」の開発を解放条件としてトニー達に要求、材料として用意されている物は全て「スターク・インダストリーズ」が発明した物ばかりだった。
トニーはそこで自社の商品が違法取引でテロリスト達に渡っている事実を知る。
トニーは要求を飲み、インセン博士と協力して監視の目を欺きながら脱出のための計画を進めていた。
まず、トニーの電磁石の代わりとなる「アーク・リアクター」を作成しトニーの胸に取り付ける。
次にアーク・リアクターを動力源とするパワードスーツを完成させる。

紆余曲折を経て、ト二ーたちはついにパワードスーツ起動寸前までに至っていた。
しかし、とうとう監視に見つかってしまう。そこでインセン博士は時間稼ぎのために囮役を買ってでる。
インセン博士の犠牲もあり、トニーは強靭なパワードスーツの力で脱出に成功する。
その後、破損したスーツを脱ぎ捨てて生身で砂漠を歩いていたトニーを米軍の捜査隊が救助した。

自らの手で作った兵器がテロリストに渡り、罪のない人々を危険に晒していることを知ったトニーは記者会見で軍需産業から身を引くことを公表。
しばらくしてトニーは犯罪撲滅のために新たにスーツ製作に取り掛かっていた。
試行錯誤を繰り返してトニーは、脱出の際に使用したスーツから大きな改良を加えられた新型のスーツを開発。
こうしてトニーは正体を隠してテロリストを次々と撃破していく「アイアンマン」となった。

だが軍需産業から身を引いたせいで、スターク・インダストリーの株価が半分近くまで低下していた。
それを副社長のオバディア・ステインは快く思わず、トニーを説得するも失敗。
実はオバディアは秘密裏にトニーを襲ったテロリスト達と契約を結んでおり、プレゼンの際に襲われたのもオバディアの差し金であった。
オバディアはテロリスト達に砂漠で破損したパワードスーツを回収させて、それをスターク・インダストリーズで新たに改造していた。

トニーの会社を乗っ取るため、ついに本性をあらわにしたオバディアは、自分用のパワードスーツでトニーに襲い掛かる。
戦いは街道からスターク・インダストリーズ屋上にまで渡り、トニーは秘書のペッパー・ポッツの協力もあり、オバディアを会社にある展示用の巨大な「アーク・リアクター」の真中に落下させ爆死させる。
激戦の末にトニーはオバディアを倒した。

そしてトニー戦いの後は記者会見で自らをアイアンマンだと明かし、更なる名誉を手に入れたのだった。

アイアンマン解説

Iron man image

アイアンマンとは、1963年3月に「マーベル・コミック」から刊行された「Tales of Suspense #39」に初登場して以降、高い人気を維持し続けるアメリカン・ヒーロー。
クリエイターはスタン・リー。
富豪であり天才であるトニー・スタークが私産を投じて自分用のパワードスーツを開発し、スーツから超人的な力を得て戦う。

能力

天才的な頭脳

トニーはスペシャルパワーなどは持ち合わせておらず、かわりに驚異的な頭脳の持ち主。
その研ぎ澄まされた頭脳で数々のアーマーを作り出している。

白兵戦闘術

同じヒーローであり、友であるキャプテン・アメリカに仕込まれた格闘術。
生身での強さに不安の声が上がるが、決して弱くはない。
映画ではキャプテンと出会っていないので、習得はしていない。

アーマー

超人的な怪力、光線、飛行などトニーがアイアンマンとして発揮できる能力に限界はない。
常に新たなひらめきと高度な開発技術でアーマー達は進化を続けていく。
装備の大半は光線兵器で、実弾系は少なめ。

アイアンマン:マーク1

Iron man mark1
Ironmanmark1

トニーが最初に作成したパワードスーツ。
武装はミサイルと火炎放射器、そして使いきりの飛行用ロケット。
以降に製作されるスーツに比べ性能は低いが、それでもテロリストを圧倒する強さを持つ。

アイアンマン:マーク2

Ironman mark2 comic

映画では銀色だが、コミックでは金色に塗装されている。

Ironman mark2

マーク1を元に作られた試作スーツ。
塗装がされておらず、市民を怖がらせてしまうという理由から以降はスーツに色をつけている。
両手足からジェット噴射を出すことにより飛行が可能。
だが行テストの際に高度を上げすぎると氷結する問題が発覚している。
武装は手のひらから光線を発射するリパルサー。

アイアンマン:マーク3

Ironman mark3
%ef%bc%93%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%af

マーク2での氷結問題は金とチタンを素材として使用することにより解決した。
これにより超高高度での飛行も可能になった。
武器は両手のリパルサーレイとミサイル、さらに両肩に備えられた特殊弾。
そしてとっておきの胸部から発射されるユニビーム。
コミック版では着脱に痛みを伴うので、トニーは苦労したという。