目次

  1. 没データとは?
  2. 星のカービィWii
  3. 『ヨッシーアイランド』の没モーフィング
  4. 『MOTHER2』のアイテム、”ビデオドラッグ”
  5. FF5の『血塗られた盾』
  6. 『スーパーマリオRPG』の”ころしボム”
  7. 『ゼノブレイド』の巨神の肩にある”巨人族の村”
  8. 『バイオハザード4』の没プロット

没データとは?

データ上は残っているが、ゲームプレイ時は登場しないアイテムの通称。
データだけは作ったが製作途中で不採用になったアイテムや、デバッグをしやすくする為に用意されたなどを言います。

こうしたデータは完全に削除される事はほぼありません。
下手に削除するとどんなバグが出るか分からないので、ゲームプレイ時に出てこないようにするのが一番安全という訳です。

星のカービィWii

Hearbell

没敵「ヒアーベル」

データ上には本編に登場しないHearBellという名前の敵キャラクターが存在する。
カービィを捕食する攻撃を使う敵だったようだ。何故没になってしまったのかは不明。

『ヨッシーアイランド』の没モーフィング

ヨッシーアイランドの没になったモーフィングにはキノコ、木、飛行機の3つが存在する。
このうち、キノコのみ下の動画の通り改造コードで変身することが可能である。

出典: DORATOMO.JP

『MOTHER2』のアイテム、”ビデオドラッグ”

ビデオドラッグは一部の攻略本に記載されており、効果は全回復アイテムだったようだ。
しかし、実際に残っているデータでは使用することも売ることもできない。説明ではなんなんだ これは?と表示されるのみである。

出典: DORATOMO.JP

Videodrug

一般的にビデオドラッグとは、「画像と音響の効果によって、麻薬を使用したような陶酔感を味わえる映像」を言います。
コンピューターグラフィックスを使用し、サイケデリックな心理状態を演出するものが多いです。

『ビデオドラッグ』を見て回復する……。 ちょっと危ない感じですね。
ちなみにビデオドラッグは実在します。

現実に存在するビデオドラッグ

FF5の『血塗られた盾』

没アイテムの一種。回避率はないが防御力は高い盾。
データ上存在しているだけでなく、一部攻略本に載っていたらしく、存在は有名だった。

出典: FFDIC.WIKIWIKI.JP

以降のシリーズでは正式な装備アイテムとして登場するようになりました。

『スーパーマリオRPG』の”ころしボム”

11

・カカシボム
・どくボム
・ころしボム
・きょうふボム
・ねむりボム
・ちんもくボム
名前からして状態異常にするようなアイテムですな。

『ゼノブレイド』の巨神の肩にある”巨人族の村”

『バイオハザード4』の没プロット

始祖ウイルスに感染して幻覚を見ているレオン。
ゾンビではなくゴーストであり、完全にホラーです。
これが『デビルメイクライ』のアイデアになったと言われています。