『星のカービィ スーパーデラックス・ウルトラスーパーデラックス』解説まとめ【ストーリー・システム・登場人物・アイテムなど(ネタバレあり)】

32225

『星のカービィ スーパーデラックス』とは1996年に任天堂より発売されたスーパーファミコン用ソフト。『星のカービィシリーズ』第7作目のアクションゲームになる。従来のシリーズと違い複数の物語の収録や、コマンド入力により技を出せるなど新要素が積み込まれている。
2008年に任天堂よりニンテンドーDS用ソフト『星のカービィ ウルトラスーパーデラックス』として新要素を搭載しリメイク作品が発売される。

概要

23639167

本作はいろいろなゲームが入ったオムニバス形式になっている。
ゲームを1つクリアすると、新しいゲームを遊ぶことができる。
メインゲーム全11種類とサブゲーム全5種類で構成されている。
本作は全体の達成度がセーブデータセレクト画面のパーセントで表示される。「白き翼ダイナブレイド」で隠し部屋の発見や、「洞窟大作戦」で宝物取得、「銀河にねがいを」でコピーの元DXの収集などでパーセントが変化する。

なお、本作からカービィが能力をコピーすると帽子をかぶるようになる。

システム

体力

20081018233727

今までのカービィの体力はバイタリティ(被弾回数)で6回ダメージを受けると1ミスになっていたが、本作では体力ゲージになっている。敵やトラップからのダメージが一律ではなく大小があり、これにより1ミスになるまでの被弾回数が変わってくる。
攻撃によっては大ダメージがあるため、本作からは「ガード」が可能になっている。いかに、かわせない攻撃をガードを行いダメージを抑えながらプレイするかが大切になる。

今までの回復アイテムは「マキシムトマト」と「元気ドリンク」の2種類しかなかったが、本作では「寿司」や「果物」などの食品アイテムが導入されている。それぞれ違う回復量で設定されており、体力ゲージの微妙な値を回復することができる。

コピー能力

Kirbysdx 1

「カービィ」の基礎能力の一つ。敵の持つ能力を奪い自分の力として扱い、敵を攻撃したり、謎を解いたりしてゲームを進めていく。
敵を吸い込み、能力を持っている敵であれば能力をコピーすることができる。もし持っていなければそのまま敵を倒すか、別の敵に吸い込んだ敵をぶつけて攻撃することができる。中には倒さなければ吸い込めない者や、吸い込むことが不可能な敵も存在する。

能力ごとにできることは異なり、「ひも状の物を切る」「杭を打ち付ける」「壁を貫通する」「色を付ける」などがあり、それを用いてダンジョンの謎を解き攻略を進めていく。

2体以上の能力を持つ敵を同時に吸い込むと「ミックス」状態になり、すべてのコピー能力からルーレットの後に1つを入手する。

ボタン入力

本作では十字キーと4つのボタン(A・B・Y・X)の入力の組み合わせで使用する技が変わる。それにより、状況に合わせた技を使い分けることができる。またコピー能力「ファイター」は4ボタンの強弱(ボタンを押す長さ)でも攻撃方法が変わり、より多くの技を持っている。

ヘルパー

8e80b94a997eeae5953ed76a94f961ac

本作は二人プレイが可能であり、2Pを行う際に使用する。2Pを用いない場合はNPCとして動作する。一度に1体までしか召喚できない。
カービィがコピーしている能力によりキャラクターは変わり、コピー元の敵キャラクターの姿になる。中にはヘルパーのみの能力を持つ者もいるが、大体はカービィのコピー能力と同じことしかできない。

カービィに付き従う存在の為、カービィから離れすぎると強制的にカービィの元に戻される。
必要ない時は「すっぴんビーム」で「コピー能力の元」にすることが可能で、出現したコピー能力の元を吸い込むことでコピー能力を入手できる。2P操作時には2Pの操作で「自爆」が可能。

キャラクター

カービィ

Top1

本作の主人公。ピンクで小さく丸い姿をしている、身長は20センチメートル程度のキャラクター。
「コピー能力」によって、敵を吸い込み、敵の能力をコピーすることが可能。また、吸い込んだ敵は飲み込んで倒したり、星形の弾にして吐き出し攻撃することが可能になっている。
他に「ホバリング」という能力があり、体を膨らませて空を飛ぶことができる。ホバリングを解除する際口から空気弾を吐き出して敵を攻撃することが可能。
好きなものは「トマト(マキシムトマト)」で嫌いなものは「毛虫」である。
カラーは2Pカラー等で「赤」「青」「黄色」などあるが基本的に「ピンク」で、数多くのボスを倒す様が「ピンクの悪魔」と表記されることがある。
能力によっては外見が変化するが、基本的にこの形であり単純なため「丸描いて~、お豆が二つ~、お結び一つ~、アッとゆうまに星のカービィ」という絵描き歌が存在する。

カービィの乗り物に流れ星の乗り物「ワープスター」が存在する。乗ることで別のエリアに移動することが可能になる。

デデデ大王

Dedede

カービィの住まう国「プププランド」を統治する大王。基本的にカービィのライバル的キャラクターとなる。カービィとは違い2頭身。
「ハンマー」を使う他、「ハイジャンプからのプレス」「吸い込み」「ホバリング」とカービィと似たような事が可能(コピー能力はない)。
自身のわがままな行動で事件をよく起こすが、基本的に善人で国民の為に事件を起こしたり、カービィの手助けをすることがある。

ダイナブレイド

Img 0
keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

「星のカービィ」カービィグッズまとめ

ゲームボーイやコロコロコミックから生まれ、今でもなお大人気の「星のカービィ」。無論、近年はいろんなかわいい系のキャラクターが誕生し、ずいぶん見なくなったと感じられる方も多いかと思います(スマブラぐらいしか見ない?)。しかしながら、その陰では今でもなお多くのグッズが制作・販売されているのです。今回はそんなカービィグッズを、かわいい&面白いものメインでまとめてみました。

Read Article

ファミコンの説明書がカオス状態な件

今の若い方は知らないかもしれませんが、ゲームが開発された初期の頃にはファミリーコンピューター(通称ファミコン)主流でした。ソフトの他に箱、そして今ではゲーム内で操作説明をするために極小あるいは完全になくなってしまったものもありますが、長ったらしい説明書が付属してきました。そんなファミコンの説明書が、もちろん昔はそうではありませんでしたが、今ではカオス状態になっているのでまとめてみました。

Read Article

「星のカービィ」いろんなゲームまとめ!

カービィは、あの身長は20cm程度のピンクで小さく丸い姿をしているかわいいかわいいキャラクターです。カービィのゲームは横スクロールから始まり(ゲームボーイ世代)、今ではレースをしたり、大乱闘したりと、様々なジャンルで発売されてます。今回はそんなカービィのかわいい楽しいゲームを、面白いポイントともにまとめてみました。

Read Article

懐かしいけど今でも実は続いてるゲームまとめ

ゲームの世界・技術の進化とは、極めて早く、そして強大ですよね。一昔前にはキャラクターが3Dポリゴンで立体になったと思いきや、それが立体映像としても視認できるようになり、ここ最近ではバーチャルリアリティまで到達しました。そんな激変するゲーム業界の最中で、しかし昭和の時代に流行ったゲームにもかかわらず、今でもしっかり人気を保ち続けているゲームがあり、今回はそれらを変遷ととともにまとめてみました。

Read Article

Contents