『METAFIVE』解説まとめ【経歴・人物(メンバー)・アルバム・代表曲など】

Cxb svduuaevo5r

METAFIVEとは2014年に高橋幸宏の呼びかけにより結成された日本の音楽グループ。結成時は高橋幸宏&METAFIVEという名前だったが、2015年にMETAFIVEと改名した。元々は東京のEX THEATER ROPPONGIシアターで行われるテクノポップ曲の再現イベントのために結成されたグループであったが、現在まで継続して活動を行なっている。

概要

2014年に高橋幸宏が、小山田圭吾、砂原良徳、TOWA TEI、ゴンドウトモヒコ、LEO今井と共に「高橋幸宏&METAFIVE」というグループを結成した。グループ名にあるMETAとは変身を意味する英語メタモルフォーゼと細野晴臣が過去にテクノのことを指して言った"メタポップ"という言葉に由来している。2014年1月17日に高橋が東京のEX THEATER ROPPONGIにてテクノコンサート「EX THEATER OPEINING SERIES 2014 NEW YEAR PREMIUM GO LIVE vol.1」を開催し、同グループが出演した。元々はこのコンサート限定のグループだった。7月23日にこのコンサートの音源を収録したライブアルバム「TECHNO RECITAL」をリリースした。
その後も同年5月から6月にかけて長野県で行われたオールナイトイベント「TAICOCLUB'14」、8月には音楽フェス「WORLD HAPPINESS 2014」に出演するなど継続的に活動を続けた。9月3日にはアニメ映画「攻殻機動隊 ARISE boarder : 4 Ghost Stands Alone」のエンディング曲を担当し、「Split Spirit」という曲を提供、9月3日には配信限定でリリースした。11月24日には日本科学未来館で開催された「SPACE SHOWER TV 開局25周年 × 攻殻機動隊25周年×日本科学未来館 」というイベントにも出演した。

2015年6月には上記の曲「Split Spirit」を収録した攻殻機動隊のサウンドトラック、上記ライブ映像を収録した「攻殻機動隊 ARISE ALTERNATIVE ARCHITECTURE」というブルーレイがそれぞれリリースされた。7月にはメンバーのTOWA TEIがアルバム「CUTE」をリリースした。この作品にはグループが演奏で参加している。8月には前年に引き続き、音楽フェス「WORLD HAPPINESS 2015」に出演した。同イベントではトリを務め、新曲「Don’t Move」「Maisie’s Avenue」などを披露した。このイベントで出演が発表された際から、グループ名がMETAFIVEのみで表記され、高橋幸宏&METAFIVEからMETAFIVEというグループ名で本格的に活動することを発表した。9月には大阪で行われた音楽フェス「OTODAMA’15〜音泉魂〜」に出演した。そして10月にはファーストアルバム「META」がリリースされることがアナウンスされた。11月に特設サイトが開設され、収録曲「Don't Move」のスタジオライブバージョン映像を公開した。続いて12月には「Don't Move」が先行配信され、さらに収録曲「Maisie’s Avenue」のスタジオライブバージョン映像も特設サイトで公開された。

2016年1月6日にはアルバム収録曲「Luv U Tokio -Video Edit-」のミュージックビデオを公開が公開された。そして翌週、1月13日に初のオリジナルアルバム「META」をリリースした。翌日14日には「METAFIVE “pre-METALIVE 2016 〜「META」 RELEASE party”」と題したアルバムリリースパーティを恵比寿LIQUIDROOMにて開催した。同月21日には、EX THEATER ROPPONGIにて初のワンマンライブ「METALIVE 2016」を開催した。5月15日には福岡県で開催されたフェス「CIRCLE '16」に出演。同月23日、TBSで放送されているテレビ番組「オトナの!」が企画するフェス「オトナの!フェス OTO-NANO FES! 2016」に出演した。8月17日には1月21日にEX THEATER ROPPONGIで開催されたワンマンライブを収録したBlu-ray+CD「METALIVE」を発売した。同年8月には「SUMMER SONIC」出演した。
11月にはファーストアルバムに続く5曲入りのミニアルバム「METAHALF」をリリースした。

メンバー

高橋幸宏

Photo10

東京生まれの日本を代表するドラマーである。ビートルズのリンゴスターに影響されたタイトなドラムが特徴的である。
1972年にサディスティック・ミカ・バンドにドラマーとして加入し、同バンド解散の1974年まで在籍した。
1978年にはイエロー・マジック・オーケストラにドラマーとして参加した。
高橋の声かけによってMETAFIVEは結成された。METAFIVEでは主にドラムとボーカルを担当している。

小山田圭吾

Photo06

1969年生まれのミュージシャン。
1989年に小沢健二らとフリッパーズ・ギターを結成しデビュー。フリッパーズ・ギター解散後はCornelius(コーネリアス)という名義で主に活動している。
METAFIVEでは主にギターを担当している。

砂原良徳

Photo07

1969年生まれの北海道出身のミュージシャン。
1991年から1999年までテクノグループ、「電気グルーヴ」のメンバーとして活動していた。「まりん」というあだ名で呼ばれる。
プライベートスタジオ「Y.Sunahara's STUDIO」を設け、楽曲制作や提供、リミックスなどの活動の拠点としている。
METAFIVEでは主にプログラミングやシンセサイザーを主に担当している。

TOWA TEI

Photo05

日本のダンスミュージック界を代表するミュージシャン、プロデューサー。
1990年にデザイナーになるために渡ったニューヨークで、音楽グループ"ディー・ライト(Deee-Lite)"に参加し、米エレクトラよりデビュー。
1994年にアルバム「Future Listening!」でソロ・デビュー後、日本での活動を中心にしている。
METAFIVEでは主にシンセサイザーを担当している。

権藤知彦

Photo08

1967年生まれ、東京都出身のミュージシャン。ユーフォニアム奏者。
METAFIVEの他にはanonymass、pupaなどのグループのメンバーであり、加えてYMOなどのグループのサポートメンバーとしても活動している。
METAFIVEでは主にユーフォニアムなど金管楽器をメインに担当している。

LEO今井

Photo09

東京都出身で2007年にメジャーデビューした日本のミュージシャン。
父親が日本人で母親がスウェーデン人のハーフでオックスフォード大学大学院を卒業している。
METAFIVE最年少メンバーで主にボーカル、シンセサイザーを担当している。

ディスコグラフィー

シングル

Split Spirit

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

『攻殻機動隊』解説まとめ【あらすじ・登場人物・名言・主題歌など(ネタバレあり)】

『攻殻機動隊 THE GHOST IN THE SHELL』は士郎正宗によるSF漫画。1巻は草薙素子こと少佐が公安9課で事件を追う中人形使いと出会い融合するまで、1.5巻『攻殻機動隊1.5 HUMAN-ERROR PROCESSER』は少佐が去った後の公安9課の活躍、2巻『攻殻機動隊2 MAN MACHINE INTERFACE』は荒巻素子がテロ事件を追う内に草薙素子と邂逅するまでを描いている。

Read Article

『フリッパーズ・ギター』解説まとめ【経歴・人物(メンバー)・アルバム・代表曲など】

1988年の活動開始から1991年の解散までのわずかな活動期間ながら、日本の音楽シーンに多大な影響を与えたフリッパーズ・ギター。 それまでのバンドサウンドとは違い、ニューウェーブやギターポップ、ネオアコなど様々なスタイルを取り入れた都市型志向の音楽と言われる「渋谷系」を流行らせた。 日本の音楽に洋楽志向を根付かせたバンドとして、今も語り継がれている。

Read Article

『Yellow Magic Orchestra』解説まとめ【経歴・人物(メンバー)・アルバム・代表曲など】

1978年に細野晴臣、高橋幸宏、坂本龍一の3名によって結成された日本の音楽グループ。 日本において「テクノポップ」というジャンルを根付かせた、シンセサイザーなどの電子楽器を使用した音楽が特徴。グループ名の頭文字をとって、通称YMO(ワイ・エム・オー)と呼ばれる。 代表曲は「RYDEEN」「BEHIND THE MASK」「君に、胸キュン。」など。

Read Article

懐かしき90年代 邦楽シーン / コーネリアス (小山田圭吾) の魅力

1990年代、フリッパーズギターでの活動により、"渋谷系"ムーブメントの中心となった小山田圭吾。フリッパーズ・ギター解散後、ソロになってからはコーネリアスとして活動。その多彩な才能で、音楽プロデューサー、クリエイターとして多岐に渡る活動を行っている。その小山田圭吾の魅力をご紹介したいと思います。

Read Article

Contents