目次

  1. 概要
  2. あらすじ
  3. 登場人物
  4. 主要登場人物
  5. キノ
  6. エルメス
  7. シズ
  8. ティー(ティファナ)
  9. 師匠
  10. 少し背の低いハンサムな男(相棒)
  11. フォト
  12. ソウ
  13. その他登場人物
  14. キノ(初代)
  15. サクラ
  16. イナ―シャ
  17. パースエイダ―
  18. カノン
  19. 森の人
  20. フルート
  21. 名言集
  22. 世界は美しくなんかない。そしてそれ故に、美しい。
  23. 「ボクはね、たまにどうしようもない、愚かで矮小な奴ではないか? ものすごく汚い人間ではないか? なぜだかよく分からないけど、そう感じる時があるんだ。 そうとしか思えない時があるんだ……。 」
  24. 「今のこのままの自分のままで、大人になることはできないのかなぁ?」
  25. 「だからといって、旅をやめようとは思わない。止めることはいつだってできる。だから…続けようと思う」
  26. 「”禁止されていない”ということは、”許されている”ということではないんだよ」
  27. 「”歌姫の半分”でも”人質”でもない。僕は”サラ”を守るんだ。いいね?」
  28. 関連書籍
  29. キノの旅-the Beautiful World-シリーズ
  30. 学園キノシリーズ
  31. キノの旅-the Beautiful World-「記憶の国」-Their Memories-
  32. キノの旅-the Beautiful World-劇場の国-KINO-
  33. キノの旅-the Beautiful World-[旅人の話」-You-
  34. キノの旅-the Sigsawa's World-
  35. キノの旅-the Beautiful World-『わたしの国-OwnWill-』
  36. 学園キノSpecial
  37. 角川つばさ文庫版 キノの旅
  38. キノの旅1-the Beautiful World-

原作にも収録されている『森の中で』『平和な国』『優しい国( スペシャルエディション版 )』、そして書下ろしの『キノがエルメスな話』が収録されている。

『優しい国(スペシャルエディション版)』は原作の『優しい国』のストーリーの終わり部分にキノのセリフを加えたもの。『キノがエルメスな話』では2人が入れ替わるストーリーである。

キノの旅-the Beautiful World-[旅人の話」-You-

『NOVEL PART』と『VISUAL PART』に分かれた本。限定版のDVDには、『東京国際エンターテインメントマーケット』で限定上映されたアニメが収録されている。

『NOVEL PART』は書き下ろしで、キノが訪れた国や関わった人たちの物語。『VISUAL PART』は黒星紅白がこれまで書き下ろしてきたものの中から厳選したイラストが収録されている。限定版についているDVDには、原作に収録されている『何かをするために-life goes on.-』をアニメ化したものとなっている。

キノの旅-the Sigsawa's World-

電撃文庫MAGAGINS創刊号の付録。時雨沢恵一作品である『キノの旅』『学園キノ』『メグとセロン』の一部が覗ける内容となっている。

『キノの旅』からは原作の再録で、「日時計の国」「間違いの多い料理店」「その頃のシズ」の3話が入っている。『学園キノ』は1巻冒頭のプロローグ的な内容で、魔物が初めて出てくるまでの話。『メグとセロン』は謎のイケメン・ニックと新聞部のジェニーが初登場する場面の話が収録されている。

キノの旅-the Beautiful World-『わたしの国-OwnWill-』

2日前に、イナ―シャという少女が住む『わたしの国』にやってきたキノを殺そうとする話。
限定版についているDVDには、『病気の国』を劇場版のものとは別に、新たにアニメ化したものが収録されている。

学園キノSpecial

電撃文庫MAGAZINSの別冊付録。内容は『学園キノ』の今までの再録。そして本編の『キノの旅』一部紹介となっている。黒星紅白の書き下ろしイラストも収録されている。

角川つばさ文庫版 キノの旅

角川つばさ文庫とは新書版の児童書レーベルである。『キノの旅-the Beautiful World-』を小中学生向けに変更されている。また、漢字にはすべて振り仮名が入っている。

キノの旅1-the Beautiful World-

原作1巻の抜粋だが、一部表現を分かりやすいように書き直している。イラストもカラーページ、書き下ろし短編以外は再録である。原作1巻に収録されていた『コロシアム』が取り除かれている代わりに、書き下ろしの『偉人の国』が追加されている。