目次

  1. 概要
  2. あらすじ
  3. 登場人物
  4. 主要登場人物
  5. キノ
  6. エルメス
  7. シズ
  8. ティー(ティファナ)
  9. 師匠
  10. 少し背の低いハンサムな男(相棒)
  11. フォト
  12. ソウ
  13. その他登場人物
  14. キノ(初代)
  15. サクラ
  16. イナ―シャ
  17. パースエイダ―
  18. カノン
  19. 森の人
  20. フルート
  21. 名言集
  22. 世界は美しくなんかない。そしてそれ故に、美しい。
  23. 「ボクはね、たまにどうしようもない、愚かで矮小な奴ではないか? ものすごく汚い人間ではないか? なぜだかよく分からないけど、そう感じる時があるんだ。 そうとしか思えない時があるんだ……。 」
  24. 「今のこのままの自分のままで、大人になることはできないのかなぁ?」
  25. 「だからといって、旅をやめようとは思わない。止めることはいつだってできる。だから…続けようと思う」
  26. 「”禁止されていない”ということは、”許されている”ということではないんだよ」
  27. 「”歌姫の半分”でも”人質”でもない。僕は”サラ”を守るんだ。いいね?」
  28. 関連書籍
  29. キノの旅-the Beautiful World-シリーズ
  30. 学園キノシリーズ
  31. キノの旅-the Beautiful World-「記憶の国」-Their Memories-
  32. キノの旅-the Beautiful World-劇場の国-KINO-
  33. キノの旅-the Beautiful World-[旅人の話」-You-
  34. キノの旅-the Sigsawa's World-
  35. キノの旅-the Beautiful World-『わたしの国-OwnWill-』
  36. 学園キノSpecial
  37. 角川つばさ文庫版 キノの旅
  38. キノの旅1-the Beautiful World-
A0265223 18414278

画像右:幼い頃のキノ、画像右端:キノが修行をしていた頃の師匠

CV:渡辺明乃(若い頃)、翠準子(現在)(テレビアニメ版)/Lynn(多数決ドラマ版)

名前は不明。キノの師匠である老婆。若い頃はに相棒の男と共に金と欲のためにボロボロの小さい黄色い車に乗って旅をしていた。

基本的に儲け話であれば少しの躊躇もなく人殺しもするし、金にならなければ人助けはしないといった計算高い完全無欠の才女である。しかし、結果的に彼女の行動が周りの人々に感謝されることもしばしばある。
しかしお化けや幽霊の類が苦手で、それが絡むとたとえ儲け話でも早々に退散する。

現在は森の中で一人で暮らしている。

少し背の低いハンサムな男(相棒)

20121211053108412

画像左:少し背の低いハンサムな男(相棒)、画像中央:師匠


CV:千葉進歩(テレビアニメ版)/興津和幸(多数決ドラマ版)

名前は不明。師匠の若い頃の弟子にして相棒。振り回されながらも師匠とともに旅をする飄々とした優男で、師匠と比べると比較的善人に見えてしまうが、その性格はやはり非道。
師匠には及ばないが彼自身もかなりの戦闘術や知識を持ち、思考も早い。
師匠を「師匠」と呼び、一応弟子という体制をとっているが特に何かを教わっているわけではない。

元はとある国の賞金首で、山賊の一員となっていたところを、山賊の壊滅を依頼されアジトを襲撃した師匠と出会う。銃整備の心得があることを売り込んで師匠の相棒となる。

2巻の「優しい国」では彼と思わしき老人が登場し、愛用していた銃をキノに渡した。

フォト

Img 1

かつて奴隷だった、現在は写真家を営む17歳の少女。
ある宗教国家の生まれで、商人に奴隷として虐げられていたが、商人が誤って毒草を食べ全滅したことで自由を得る。
信仰心を教え込まれて育ったため、異常なほどに真面目で誠実な性格。商人たちに殺されかけていたにも関わらず、彼らの死の責任が自分にあると思い苦悩していたほど。当初は絶望のあまり死を望んでいたが、ソウと出会い、生きていくことを決める。

その後、商隊のトラックを使って近くの国にたどり着き、その国の責任者に事情を打ち明けた結果、彼らの計らいによって定住を許可される。国からの提案で商人たちの道具を売ったことにより、本来ならば働かなくてもいいのだが働きたいという本人の意思によりやがて趣味の写真撮影がそのまま仕事となった。
自由の身になってからは年相応に快活で感情豊かな性格となっている。

前述の事故の際に名前を捨てており、後にソウから「フォト」という名前を付けてもらった。

ソウ

「雲の前で」でフォトと出会った折り畳み式のモトラド。フォトがメインとなる話では彼が語り手となる。一人称は「オレ」。やはり喋るが動けない。透き通った男性の声で喋るが、ガラが悪く、かなりの毒舌家。同じモトラドのエルメスと比べると性悪的な思考をしており、きつい言動をとることもあるが、あくまでフォトのことを思ってアドバイスをしている。

元は商人の売り物だったが、持ち主であった商隊が全滅した後、唯一生き残っていたフォトに話しかけ、生き残らせるべく彼女を導く。定住後も、フォトの指南役として彼女と行動を共にする。

モデルはホンダ・モトコンボ。

その他登場人物

キノ(初代)

CV:井上和彦
キノが旅に出るきっかけとなった人物。現在のキノの名前は彼の名前を踏襲したもの。

サクラ

CV:八武崎碧(悠木碧)
「優しい国」に登場する少女。宿屋の娘で、キノの歓迎し案内人を務める。

イナ―シャ

CV:川澄綾子
「病気の国」に登場する長い金髪の少女。裕福だが、伝染病を患っている。

パースエイダ―

作品内に登場する銃器はパースエイダ―と呼ばれている。語源は英語のPersuaderからきており、説得者、有無を言わさぬもの、脅しに用いるものという意味を持つ。

カノン

先込め式44口径。元々は師匠が愛用していたもので、キノが師匠の家を飛び出し旅をする際に、予備の一丁を勝手に持ち出した。普段は右腰のホルスターに入れている。
装弾数が少なく再装填に時間がかかるが威力が高く、パーカッション式であるため自作の弾丸を使用することができる。

森の人

22口径LR弾を使用する、レーザーサイトが使用可能の銃。師匠が旅をしていた頃の相棒の男が使用していた銃でもあり、キノは旅の途中で立ち寄った国の老人から譲り受けている。左利き用となっており、普段は腰の後ろのホルスターに入れている。
装弾数が多くレーザーサイトにより高い命中精度を誇る。

フルート