目次

  1. 概要
  2. ストーリー
  3. 前作「賭博黙示録カイジ」まで
  4. 第三章 欲望の沼
  5. 地下へ
  6. チンチロ博打
  7. 45組
  8. リベンジ戦①
  9. リベンジ戦②
  10. 「沼」
  11. 坂崎の敗北
  12. 下準備
  13. 「沼」攻略
  14. 結末
  15. 用語
  16. 地下チンチロリン
  17. 主な登場人物
  18. 伊藤 カイジ(いとう かいじ)
  19. 遠藤 勇次(えんどう ゆうじ)
  20. 兵藤 和尊(ひょうどう かずたか)
  21. 黒崎 義裕(くろさき よしひろ)
  22. 大槻(おおつき)
  23. 三好 智広(みよし ともひろ)
  24. 坂崎 孝太郎(さかざき こうたろう)
  25. 一条 聖也(いちじょう せいや)
  26. 名言・名場面
  27. 「今日をがんばり始めた者にのみ…明日が来るんだよ…!」
  28. 「ひりつかなきゃダメっ…!」
  29. 「ある意味桃源郷…!」
  30. 「ガタガタ御託を言ってる時かっ…! 勝てば…正しくなるんだ…!」

概要

賭博破戒録カイジ(とばくはかいろくカイジ)とは、2000年~2004年に「週刊ヤングマガジン」で連載された福本伸行によるギャンブル漫画、及びそれを原作とするアニメ、映画のこと。自堕落でどうしようもない毎日を送るカイジが、保証人としてかつてのバイト仲間の借金を返済するためギャンブルの世界へ身を投じていく様を描いた前作「賭博黙示録カイジ」の続編として、膨れ上がった借金のかたとして帝愛グループの運営する地下労働施設へ送られるところから、勝負を経て再び地上に舞い戻るまでが描かれている。

ストーリー

前作「賭博黙示録カイジ」まで

自堕落でどうしようもない毎日を送っていたカイジは、かつてのバイト仲間の借金を保証人として肩代わりさせられたことをきっかけにギャンブル船「エスポワール」に乗り込むことになる。船内で行われたギャンブル「限定ジャンケン」を何とか生き残るも借金はさらに膨れ上がり、次なる勝負を余儀なくされる。日を改めて行われた「超高層鉄骨渡り」をクリアし、宿敵利根川との「Eカード」対決を制したことで一時は2000万円もの大金を得るが、カイジはその賞金をかけて行われた黒幕・兵藤との「ティッシュ箱くじ引き」対決に惨敗し、4本の指を失うとともに多額の負債を抱えることになったのだった。

第三章 欲望の沼

地下へ

落とされた指や耳の手術代を含め借金を約1000万円にまで増やし逃亡生活を送っていたカイジは、金貸しのヤクザ遠藤に再び勝負の場を紹介するよう依頼する。しかしチャンスは二度までという決まりにより次なるギャンブルは紹介されず、逆にカイジは拉致され帝愛グループの地下施設で約15年に渡る強制労働を強いられることになる。

チンチロ博打

熱気と騒音、粉塵にまみれた劣悪な労働環境。抜け出すことを心に誓うカイジが目をつけたのは施設の勤労奨励オプション「一日外出券」。施設内で手にすることのできる給料の約半年分に当たる50万ペリカ(日本円のちょうど10分の1の価値)を貯めるため節制しようとするが、所属するE班の班長大槻の巧みな誘惑により、耐える間もなく金を使い果たしてしまう。大槻の狙いは自身の主催する博打場へとカイジを誘い込むことだった。種目はチンチロリン。丼の中に3つのサイコロを同時に振り、3つとも目が異なれば目無し、二つの目が重なった場合の余った目を親と子方で競い目の大きいほうが勝ち、また特殊役のゾロ目や一二三、四五六などは通常通りだが、親の総取りなし、親番スルー可、受けた場合は最弱である一の目か倍払いの一二三の目が出ない限りは2度までは親を続けないといけないこと、そしてどれだけ勝っても親番は連続2回までといったローカルルールを加えた「地下チンチロリン」である。狙い通り給料を使い果たしたカイジは大槻から借金し、勝負に参戦することになる。慎重に入りながらも徐々に流れをつかみ勝ち始めるカイジ。しかし上り調子の勝負どころで迎えた親番、厚く張ってきた大槻とその側近に大惨敗し、地下においても借金生活に追い込まれてしまう。

45組

正規の月給は約90000ペリカ。しかし翌々月の給料を前借することで負け分を捻出したカイジは、手数料として給料の半分45000ペリカを大槻に支払うことになる。翌々月まで無給。そしてその生活に耐えられなければ、再び翌々月分の給料を前借し45000ペリカを大槻に搾取されるというピンハネ地獄に心が折れかかったカイジだったが、自分と同じ境遇にある三好との会話から大槻のイカサマに気づき気力を取り戻す。ヒントになったのは三好が残していたこれまでのサイの出目の記録、通称「三好メモ」のおかげだった。ここぞという勝負どころの班長の出目の偏りから特殊サイコロの使用を確信するカイジは怒りに震えるこぶしをかろうじてしまいこみ、チンチロ博打での復讐を決心する。
資金に乏しいカイジが声をかけたのはカイジや三好と同じく正規の給料の半分45000ペリカしかもらえない2ヶ月先の給料前借を余儀なくされている「45組」の5人。打倒大槻のために決起したカイジら6人は協力して貧窮生活や執拗に繰り返される大槻一派の嫌がらせを3ヶ月間耐え抜き、ついに正規の給料91000ペリカを受け取るに至る。そして大槻とのリベンジ戦へに臨む。

リベンジ戦①

衆目の中、大槻の挑発にカイジが応え、取り決めの賭け金の上限20000ペリカを取り払い青天井で始まったリベンジ戦だったが、勝負開始のテンションとは裏腹にカイジは慎重な行動を繰り返す。親番を受けず、子方で張る金額もわざわざ取り払った上限にようやく届く20000ペリカ。そして1度負けた後尻すぼみに小さくなった賭け金に周囲のテンションも次第に冷めていく。しかし、大槻の親番を狙ってカイジらは大勝負に出る。カイジの残りの手持ち金と45組の給料全てを乗せた500000ペリカ余りを全力張り。再び集まるギャラリーのどよめきを背景にカイジの思惑を探る大槻。一年前1日外出券を2枚使いやっとのことで手に入れた6面に四五六の目しか彫られていない四五六サイ、このイカサマサイの存在がばれたのか。カイジのリアクションを確かめるべく1投目は普通サイをチョイスする大槻。目無し。カイジの動きに不信な点はない。杞憂か?2投目は手をポケットに突っ込むフェイクの動作を入れた上で再び普通サイを振るも、カイジ反応なし。目無し。その様子を見た大槻は自身の取り越し苦労であったことを確信し、3投目ついに四五六サイを丼に投じる。丼の中で転がるサイ。息をのんでサイの行く末を見守る周囲の中、3投目直前の大槻のしぐさからイカサマサイの使用を確信していたカイジは丼に飛びつきサイを押さえる。勝負途中での暴挙に大槻らはカイジを組み伏せるが、握り込まれた手は開かない。大槻のイカサマを声高に叫ぶカイジの大立ち回りにギャラリーの注目が集まる中、ついに四五六サイが衆目のもとに曝される。

リベンジ戦②

イカサマがばれ吊るし上げられる大槻はここぞとばかりに決死の覚悟で詭弁をふるう。そもそもこのサイは余興のため用意したものが偶然勝負に混じってしまったのであって意図的に使おうとしたのではない。もちろん使用に至ったのも初めてで、何よりカイジが途中で丼を押さえたことで目は出ておらず、厳密にはまだ勝負に使われてすらいないのだ。当然納得しない周囲に、思いがけず助け舟にも近い提案を差し出したのはカイジ。目が出ていないのだから勝負は続行されなければならない。最大限の譲歩として大槻の目を四五六サイの最低の目「四」で固定し、なおかつカイジ達もイカサマサイを使用して良いという条件ならば続行してやっても良い、と。かなりの高確率で倍付けの四五六の目が出てしまうイカサマサイにある程度の負け分は確定するが、それもせいぜい知れたもの。そう思いカイジの申し出を内心ほくそ笑みながら承諾する大槻だったが、カイジが振ったのは大槻の四五六サイではなく、6面全てに「一」の目が刻印された自作のぞろ目サイだった。騒ぎを聞きつけ様子を見に来た利根川失脚後の帝愛グループナンバー2である黒崎の口添えもあり、カイジの特殊サイをはねつけることができなくなった大槻は45組全員から6連続で地下チンチロリンルール最大役、5倍付けの「一」のぞろ目を喰らう。そして取り決めにより受けざるを得ない2回目の親番、さらに先の勝ち金全てを乗せた倍プッシュでカイジらは約1800万ペリカもの大金を稼ぎ出すことに成功する。

「沼」

大槻との勝負に勝利したカイジは、45組の仲間たちから金を託され6人全員の借金返済に必要な6000万円をめざし一人地上に出る。制限期間は20日間。裏カジノを巡ってチャンスを探していた折、同じく大勝負を目論みパートナーを探していた坂崎と出会い共闘することになる。標的は帝愛グループの裏カジノに置かれた1玉4,000円、しかもジャックポットとなればその時点でストックされている5億円以上の玉すべてを獲得できるパチンコ台「沼」。第一関門の無数に並ぶ釘の森、第二関門の電動チューリップ上部に配置されたランダムに開閉するゲートを通過すると、最後の難関3段クルーンが待ち受ける。1段目のクルーンには3つ、2段目には4つ、3段目には5つの穴が空いており、その全てで当たりの穴を通過すればジャックポットとなる。坂崎は自身の金2000万円とガードマンをしている警備先の会社の金庫から無断で拝借した3000万円を加えた計5000万円で勝負に挑むことになる。

坂崎の敗北

坂崎の作戦はシンプルで磁石による玉操作。サポート役であるカイジの役割は、磁気チェックを受けた後に坂崎が飲み始めた缶ビールを一ギャラリーを装い磁石を仕込んだ「ゴトビール」と交換、そしてフィーバーを達成した際に再びその缶を入れ替え、騒ぎに乗じてそのまま証拠とともに店外に姿を消すというもの。
果たして首尾よくビール缶の交換までは予定通り進む。しかし、裏カジノの店長一条のはからいにより第二関門のゲートを途中からリモコン操作で完璧にブロックする仕様に変更したこと、そしてそもそもその日の玉が鋼鉄玉ではなく磁石に反応しない真鍮玉であったことから計画を断念せざるを得なくなる。600万円を手元に残すのみとなり、敗走する二人。しかしカイジは余りにも自信に満ちた一条の様子にある思いを残すことになる。向こう側がかならず勝つという仕組みがあるということは、その仕組の裏さえ付けばむしろ勝ちへと至る道となりうるのではないか。

下準備

カイジは計画を練り上げ秘密裏に行動に移していく。まずは利根川失脚のあおりを受けて負債を抱えた遠藤に話を持ちかけ資金を調達。次いで坂崎に残りの600万円で再び「沼」に挑ませる。あっさり600万円を使い切った坂崎は癇癪を起こしパチンコ台を破壊する大騒動を巻き起こすが、これはフェイク。それに気付いた一条は店長室に急ぎ、騒動に乗じて忍び込んでいたカイジを確保する。「沼」攻略を不可能と見たカイジ側が直接カジノの金を狙いに来たと解釈した一条は制裁を加え、事なきを得る。しかしこの騒動により「沼」攻略のための最後のピースを埋めたカイジたちはいよいよ勝負に乗り出すことになる。

「沼」攻略

騒動以降ぱったりと顔を見せなくなったことでその存在すら忘れられていたが、外出期間最終日、満を持してカイジは再び「沼」の前に現れる。「沼」の防衛システムに絶対の自信を持つ一条はカイジの思惑を訝しがりながらもカイジの挑戦を受け入れる。
開始早々第一の関門の釘の森を易々と潜り抜け、いきなりクルーンへと玉を送り込むカイジ。一条は小玉へのすり替えを疑うが、シロ。カイジは「沼」本体への細工は見切り、釘の幅を設定するためのゲージ玉を店長室の真上に位置する階上の部屋から少しずつ大きなものにすり替えていたのだった。警戒感を強めた一条は、ギャラリーに不信感を植え付けないためなるべくランダムに設定していた第二の関門のゲートをリモコン操作で完全にブロックする仕様に変更。一発たりともゲートを通さなくなる。安堵するのも束の間、再び玉はゲートを通過し始める。坂崎がなけなしの600万円を失い台を破壊した際に、修理業者に依頼して一定時間の作動後に機能不全に至るよう細工をしていたことが明かされる。第三の関門は三段クルーン。当たり穴に入りそうで入らないからくりは一見しただけでは分からない傾斜にあった。設定された傾斜ではクルーンの形状からして穴に入り込むのは不可能と見たカイジは、もと土建屋の坂崎の力を借り地盤のゆるい地勢を利用し、空き部屋に20トンもの重さの水をビニールの水槽にためることで裏カジノのビルをフロアごと傾けていた。そのことに気付いた一条はクルーンを限界まで傾けるが、傾けすぎた結果クルーンのハズレ玉排出口に玉が詰まってしまい、ハズレ穴が意味を成さなくなってしまう。ここでカイジ、金が尽きるも遠藤から追加資金を借りつけ勝負を続行。3段目クルーンには玉が溢れ、フィーバーも時間の問題と思われたその時、一条が最後の秘策を繰り出す。3段目の当たり穴の周りを囲うエアシューターが作り出す風の壁により3段目クルーンに溢れる玉はただ穴の周りをうろうろと彷徨い続ける。そして最後のパッキーを消費し万策尽きたかに思われたその時、姿を消していた坂崎が再び警備先の会社から金庫を破って手に入れた2000万円を持って現れる。追加の玉でぎっしりと埋め尽くされた3段目クルーン、最後の一玉の圧力で風の壁は決壊する。ついにカイジはジャックポットをこじ開け7億2910万円を手に入れる。