『ゆず』解説まとめ【経歴・人物(メンバー)・アルバム・代表曲など】

Hq4pgwx

日本を代表するフォーク・デュオ。神奈川県横浜市での路上ライブ出身の音楽アーティスト。1stシングルの「夏色」が大ヒットになり、その後も数多くのヒット曲を世の中に送り出してきた。アコギをメインとした音楽性はその後のJ-POPにも大きく影響を与えた。活動経歴、メンバー紹介、ディスコグラフィー、代表曲など、ゆずの魅力を徹底解説。

1. えん (作:北川悠仁)
2. 始まりの場所 (作:岩沢厚治)
3. サヨナラバス (作:北川悠仁)
4. 「バイバイ」 (作:岩沢厚治)
5. センチメンタル (作:北川悠仁)
6. 方程式2 (作:岩沢厚治)
7. いつか (作:北川悠仁)
8. オーバー (作:北川悠仁)
9. 傍観者 (作:北川悠仁)
10. 灰皿の上から (作:岩沢厚治)
11. からっぽ (作:岩沢厚治)
12. 未練歌 (作:北川悠仁)
13. 終わらない映画 (作:岩沢厚治)
14. 悲しみの傘 (作:北川悠仁)
15. 友達の唄 (作:北川悠仁)

当初の売り上げは50万枚を超え、ゆず初めてのミリオンセラーを達成した最も売れたアルバム。
シングルリリースでも人気だった「からっぽ」「いつか」「サヨナラバス」などの楽曲も含まれている。

トビラ

175

1. 幸せの扉 (作:北川悠仁)
2. 日だまりにて (作:岩沢厚治)
3. 仮面ライター (作:北川悠仁)
4. 飛べない鳥 (作:岩沢厚治)
5. ガソリンスタンド (作:岩沢厚治)
6. 何処 (作:北川悠仁)
7. ねぇ (作:北川悠仁)
8. 嗚呼、青春の日々 (作:北川悠仁)
9. 気になる木 (作:岩沢厚治)
10. シャララン (作:北川悠仁)
11. 新しい朝 (作:岩沢厚治)
12. 心のままに (作:北川悠仁)
13. 午前九時の独り言 (作:北川悠仁)

初のオリコンチャート1位を獲得した「嗚呼、青春の日々」、ゆずの作品の中で自己最高記録の売り上げを得た「飛べない鳥」を収録。
このアルバム自体も、初動売り上げは自己最高記録になった。

ユズモア

005169 vwc03ue0pfgokrslnxwwdhlzwgod1b

1. 僕の漫画の主人公 (作:北川悠仁)
2. みぞれ雪 (作:北川悠仁)
3. ダスキング (作:岩沢厚治)
4. カナブン (作:岩沢厚治)
5. アゲイン2 (作:北川悠仁)
6. ぼやき電車 (作:北川悠仁)
7. 直径5mm (作:岩沢厚治)
8. ほんの一時間前 (作:北川悠仁)
9. 始めの一歩 (作:岩沢厚治)
10. 季節はずれ (作:岩沢厚治)
11. GO★GO!!サウナ (作:北川悠仁)
12. 3カウント (作:岩沢厚治)
13. 無力 (作:北川悠仁)
14. ユーモラス (作:北川悠仁)

「アゲイン2」はシングル版とアルバム版で前奏が異なる。前身の「アゲイン」は当時コンビニのみで配信されていた。
GO★GO!!サウナや3カウントはライブでもよく演奏される人気の高い曲。

1〜ONE〜

985

1. わだち (作:北川悠仁)
2. 1 (作:北川悠仁)
3. シュミのハバ (作:岩沢厚治)
4. 桜木町 (作:北川悠仁)
5. 白鳥 (作:北川悠仁)
6. ウソっぱち (作:岩沢厚治)
7. 積み木ゲーム (作:岩沢厚治)
8. 命果てるまで (作:北川悠仁)
9. 歩行者優先 (作:岩沢厚治)
10. 夏祭り (作:北川悠仁)
11. 蛍光灯の先 (作:岩沢厚治)
12. 夢の地図 (作:北川悠仁)
13. 栄光の架け橋 (作:北川悠仁)

ポッキー(グリコ)のCMに起用された「歩行者優先」やアテネオリンピックのNHKテーマソングにもなった「栄光の架け橋」を収録。
「栄光の架け橋」は歌詞の内容から震災後、被災した人々の為に唄われることも多い。
また同曲は、最近では中学や高校では合唱曲として唄われている。

Home [1997-2000]

Home 1997 2000

1. 地下街 (作:岩沢厚治)
2. なにもない (作:岩沢厚治)
3. 夏色 (作:北川悠仁)
4. 少年 (作:北川悠仁)
5. 雨と泪 (作:岩沢厚治)
6. 月曜日の週末 (作:岩沢厚治)
7. からっぽ (作:岩沢厚治)
8. いつか (作:北川悠仁)
9. 始まりの場所 (作:岩沢厚治)
10. サヨナラバス(作:北川悠仁)
11. センチメンタル (作:北川悠仁)
12. 友達の唄 (作:北川悠仁)
13. 心のままに (作:北川悠仁)
14. 飛べない鳥 (作:岩沢厚治)
15. 嗚呼、青春の日々 (作:北川悠仁)

1997年のインディーズデビューから2000年までに発表した曲の中から、ゆずの本人達が選曲したベストアルバム。
「夏色」や「いつか」、「飛べない鳥」といった、ゆずを世に知らしめた多数の曲を収録。

Going [2001-2005]

Yuu

1. 栄光の架け橋 (作:北川悠仁)
2. アゲイン2 (作:北川悠仁)
3. 3カウント (作:岩沢厚治)
4. スミレ (作:北川悠仁)
5. 桜木町 (作:北川悠仁)
6. ユーモラス (作:北川悠仁)
7. シュミのハバ (作:岩沢厚治)
8. 3番線 (作:岩沢厚治)
9. 青 (作:北川悠仁)
10. 歩行者優先 (作:岩沢厚治)
11. 夢の地図 (作:北川悠仁)
12. 呼吸 (作:岩沢厚治)
13. またあえる日まで (作:北川悠仁)
14. 1 (作:北川悠仁)
15. GOING HOME (作詞:ゆず、作曲:北川悠仁)

2001年から2005年までに発表した曲の中から、ゆず本人達が選曲したベストアルバム。
先述の「Home [1997-2000]」と同時発売された。
アテネオリンピックのNHKテーマソングにもなった「栄光の架け橋」や、ドラえもんの主題歌になり子供達にもファンを作った「またあえる日まで」が収録されている。

ゆずのね 1997-2007

005140 vtcgy3u4vemgfjlzstvgk3ngv3l6hq

初回限定版と通常版では少しだけデザインが違う。左上のドアは、初回限定版ではハーモニカになっている。

<Disc 1 -根->
1. てっぺん (作:岩沢厚治)
2. 連呼 (作:岩沢厚治)
3. ところで (作:岩沢厚治)
4. 〜風まかせ〜 (作:北川悠仁)
5. シュビドゥバー (作:北川悠仁)
6. 心の音 (作:岩沢厚治)
7. 四時五分 (作:北川悠仁)
8. ねこじゃらし (作:北川悠仁)
9. 境界線 (作:岩沢厚治)
10. 傍観者 (作:北川悠仁)
11. 灰皿の上から (作:岩沢厚治)
12. 悲しみの傘 (作:北川悠仁)
13. 向日葵ガ咲ク時 (作:北川悠仁)
14. 日だまりにて (作:岩沢厚治)
15. 幸せの扉 (作:北川悠仁)
16. 空模様 (作:北川悠仁)

<Disc 2 -音->
1. アゲイン (作:北川悠仁)
2. もうすぐ30才 (作:北川悠仁)
3. 旅立ちのナンバー (作:岩沢厚治)
4. カナブン (作:岩沢厚治)
5. 君は東京 (作:北川悠仁)
6. 言えずの♥︎アイ・ライク・ユー (作:北川悠仁)
7. 夕立ち (作:岩沢厚治)
8. 命果てるまで (作:北川悠仁)
9. ぼくの漫画の主人公 (作:北川悠仁)
10. ダスキング (作:岩沢厚治)
11. 今夜君を迎えに行くよ (作:北川悠仁)
12. しんしん (作:北川悠仁)
13. ウソっぱち (作:岩沢厚治)
14. 無力 (作:北川悠仁)
15. リアル (作:北川悠仁)

デビュー10周年を記念して、2枚のディスク、合計30曲で編成されたベストアルバム。
全ての楽曲はゆず本人達が選曲し、前作「Home」と「Going」と被らない楽曲を中心に選曲。
ジャケットの画像には今までリリースされたアルバム名やジャケットにちなんだ絵が盛り込まれている。
「今夜君を迎えに行くよ」と「アゲイン」についてはネット配信のみで入手困難だった楽曲を初めてCD化した。
シングル発売されている楽曲を含まず、アルバムからそれぞれ選曲されているためファンにはたまらないベストアルバムとなった。

FURUSATO

518qye22lll

1. Overture 〜FURUSATO〜 (作:蔦谷好位置)
2. 虹(Album Version) (作:北川悠仁)
3. 逢いたい (作:北川悠仁)
4. 二つの言葉 (作:岩沢厚治)
5. Interlide 〜フルーツ☆パラダイス〜 (作:蔦谷好位置)
6. いちご (作:北川悠仁)
7. スーパーマン (作:岩沢厚治)
8. はるか (作:北川悠仁)
9. Yesterday and Tomorrow (作詞:北川悠仁、作曲:北川悠仁・蔦谷好位置)
10. シシカバブー (作:ゆず)
11. レストラン (作:北川悠仁)
12. ゼンマイ (作:岩沢厚治)
13. Interlude 〜はるかなる旅路〜 (作:北川悠仁)
14. みらい (作:ゆず)

「逢いたい」は北川の父親が亡くなった際に、思いを込めて作られた曲。
CMにも起用された「虹」や「Yesterday and Tomorrow」なども収録されている。
このアルバムからプロデューサーに蔦谷好位置を迎えている。

LAND

News xlarge yuzu art20130408
keeper
keeper
@keeper

Contents