目次

  1. 概要
  2. あらすじ
  3. 登場人物
  4. 泥門高校(泥門デビルバッツ)
  5. 小早川瀬那(こばやかわせな)
  6. 蛭魔妖一(ひるまよういち)
  7. 栗田良寛(くりたりょうかん)
  8. 雷門太郎(らいもんたろう)
  9. 小結大吉(こむすびだいきち)
  10. 武蔵厳(たけくらげん)
  11. 十文字一輝(じゅうもんじかずき)
  12. 黒木浩二(くろきこうじ)
  13. 戸叶庄三(とがのうしょうぞう)
  14. 雪見学(ゆきみつまなぶ)
  15. 瀧夏彦(たきなつひこ)
  16. 姉崎まもり(あねざきまもり)
  17. 瀧鈴音(たきすずな)
  18. 酒奇溝六(さかきどぶろく)
  19. 王城高校(王城ホワイトナイツ)
  20. 進清十郎(しんせいじゅうろう)
  21. 桜庭春人(さくらばはると)
  22. NASA高校(NASAエイリアンズ)
  23. パトリック・スペンサー
  24. レオナルド・アポロ
  25. 白秋高校(白秋ダイナソーズ)
  26. 峨王力哉(がおうりきや)
  27. 帝黒学園(帝黒アレキサンダーズ)
  28. 大和猛(やまとたける)
  29. 用語
  30. ランニングバック
  31. クォーターバック
  32. センター
  33. タックル
  34. ガード
  35. ワイドレシーバー
  36. キッカー
  37. タイトエンド
  38. 名シーン
  39. 紙一重の差
  40. 最速のランニングバックになるため
  41. 強くなるために地獄を選ぶ決意
  42. アイシールド21の誕生の裏話

クォーターバックから手渡しで渡されたボールを持って、相手陣地に向けて走るのが主な役割。
また状況によっては、クォーターバックを守るためにガードしたりすることもある。

クォーターバック

相手に攻撃を仕掛けるうえで重要なポジションであり、チームの司令塔とも言われる。
ランニングバックへの手渡しやワイドレシーバーやタイトエンドなどにボールを投げるパスプレーを主としている。

センター

攻撃開始時にクォーターバックへボールを渡すためのポジションである。
攻撃開始後は基本的にブロックに回る。
ガードやタックルもこのセンターを中心に行動する。

タックル

ガードの外側に配置され、基本的に役割が一緒であるが、クォーターバックの死角を守る役割を担うこともあるため、ラインの中では重要なポジションである。

ガード

センターの両側に配置されるポジションでブロックが主な役割になる。

ワイドレシーバー

クォーターバックからパスされたボールをキャッチするのがレシーバーの役目である。
このポジションは確実な捕球能力と足の速さが求められる。

キッカー

フィールドゴール(二本の柱が立ったゴールポスト)の間にボールを蹴って得点を入れるポジション。
ボールの計上が特殊なため技術的なキックと正確な照準が求められる。

タイトエンド

基本的にキッカー以外のポジションをこなす万能型ポジション。
ラン、パスプレー、ブロックといったものをこなすなんでも屋さん。

名シーン

紙一重の差

80feab444ae520bdcae324044a18ea5d

アイシールド21 24巻より。

このシーンはクォーターバックとしてではなく、チームを勝利するためならどんなことでもする蛭魔の流儀を表している。
誰よりもアメフトを愛するからこそ、そのための鍛錬を行う。0.01秒を縮めることの難しさを表現している。

最速のランニングバックになるため

669de5cf

アイシールド21 第16巻より。

数々の試合をしてきた中で今まではアイシールド21として試合に立っていた。
だけど、今はアイシールド21としてではなく、小早川瀬名として戦っている。
ランニングバックとしてチームに所属している。
春大会の時よりも確実に成長した。絶対に捕まるわけにはいかない。
どんな相手も追い抜くことが自分の使命だと感じ、この言葉が生まれた。

強くなるために地獄を選ぶ決意

Img1415881662