『アイシールド21』解説まとめ【あらすじ・登場人物・名言・主題歌など(ネタバレあり)】

Imported

『アイシールド21』とは、原作:稲垣理一郎、作画:村田雄介によって週刊少年ジャンプに掲載されていた少年漫画、およびそれを原作としたテレビアニメ作品。
パシリにより鍛えられた俊足を見込まれ、強制的に泥門高校のアメフト選手にされた小早川瀬名。選手登録名「アイシールド21」として日本のアメフト界の最高峰である全国大会決勝(クリスマスボウル)を目指し、仲間たちと共に様々な強敵を相手に奮闘する。

十文字一輝(じゅうもんじかずき)

Ctsae4pwyaak wa

CV 星野貴紀。

1年、背番号51、ポジションはタックル。
黒木、戸叶の二人と共に瀬名を不良三人組として過ごしていたが、蛭魔に脅しと小結の挑発でアメフト部に入部させられる。
入部当初はやる気がなかったが、太陽スフィンクスに喧嘩で負け、試合で見返してやろうと特訓に励むようになる。
右頬に十文字の傷があるのが特徴。

黒木浩二(くろきこうじ)

63e292835a91ee9fcb3903468e347cf41270245146 large

CV 岩崎征実。

1年、背番号52、ポジションはガード。
小結の挑発で十文字らと共にアメフト部に入部させられる。
十文字と同様、入部当初はアメフトをサボり気味だったが、デス・マーチの時に溝六から蛭魔たちが自分たちと同じく、三人で頑張ってきたことを知ると以後、真剣にアメフトに取り組むようになる。
タラコ唇が特徴。

戸叶庄三(とがのうしょうぞう)

0 11d120 bae34333 xl

CV 前田剛。

1年、背番号53、ポジションはタックル。
十文字らと共に不良として過ごしていたが、小結の挑発でアメフト部に入部させられる。
黒木と同じで最初はやる気がなかったが、蛭魔や栗田、武蔵の話を聞かされ、真剣に取り組むようになる。
いつもグラサンに似たメガネをしているのが特徴。

雪見学(ゆきみつまなぶ)

5688 528706124

CV 堀田勝。

2年、背番号16、ポジションはワイドレシーバー。
チーム屈指の努力と根性をもった男。
高校までは母親の英才教育により帰宅部であったが、賊学戦でのアイシールド21の活躍を見て、アメフト部に入部を決意した。
運動能力は他のメンバーよりも劣るため補欠のことが多いが、戦術に対する理解が早く頭脳派選手である。

瀧夏彦(たきなつひこ)

Natsuhiko taki

CV 落合弘治。

瀧夏彦(たきなつひこ)
1年、背番号37、ポジションはタイトエンド。
頭は悪く、勉強などは底辺だったが、体が柔らかく、運動神経も優れており、アメフト界で人気者になろうとプロテストを受けるため渡米していた。
そこで瀬名たちとデス・マーチの途中で出会い、帰国後、泥門高校に入学した。

姉崎まもり(あねざきまもり)

5688 261971150

CV 平野綾。

2年、チームマネージャー。
本作のヒロインで、瀬名とは小学校からの幼馴染で、気が弱くていじめられていた瀬名を何度か守っていた正義感の強い面倒見のいいお姉さん的な存在である。
瀬名が「弱いころの自分」を表現するときにまもりの描写がよく用いられる。
瀬名がアメフト部の主務として入部すると、瀬名を保護するという目的でアメフト部に入部した。
ちなみに瀬名にアメフトは無理という思い込みがあったため、瀬名がアイシールド21だということは知らない。

瀧鈴音(たきすずな)

246917 suzuna large

CV 中川翔子。

透糸高校1年、チアリーダー。

本作もう一人のヒロインで、アメフトでプロになると言って蒸発した兄、夏彦を追って渡米していた。
瀬名たちとは学校が違うが、デス・マーチで出会い、帰国後はデビルバッツのチアリーダーとしてサポートしている。
まもりとは対照的なキャラで、気さくで行動的な性格で、デビルバッツのチームメイトにニックネームをつけることが多い。
ちなみに女性キャラクターの中では、最初に瀬名がアイシールド21だと知った人物である。

酒奇溝六(さかきどぶろく)

5688 833405016

CV 赤星昇一郎。

デビルバッツのトレーナー。
かなりの酒豪で常に酒を持ち歩いているガラの悪い男だが、一応、元教師である。
栗田たちとは中学時代に出会い、アメフト部を指導していたが、評判が悪かったことや多額の借金をして、選手スカウトの名目でアメリカに逃亡していた。
高校で蛭魔たちがアメフト部を作ったと聞いた溝六は、デス・マーチでチームと合流する。
帰国後は泥門高校で用務員として働いている。

keeper
keeper
@keeper

Contents