『聖剣伝説 LEGEND OF MANA』解説まとめ【ストーリー・システム・登場人物・アイテムなど(ネタバレあり)】

B0034546 18121520

1999年にスクウェアから発売されたPlayStation用ゲームソフト。
『聖剣伝説』シリーズ4作品目になるが、過去の作品とつながっていない独自の世界になっている。
ポリゴンを用いた3D画面が主流になり始めた時期に珍しく、2Dによる緻密で繊細なドット絵を使用した作品になる。
何もない土地に、町やダンジョンを自分で配置し世界を作ることで、世界に生きる人々に触れ、共に世界を作っていくRPG。

595e5bc6e44f1ac769a5ec6102933935

ガトの癒しの寺院の僧兵を務める獣人の女性。「マチルダ」「エスカデ」「アーウィン」とは幼馴染。
アーウィンがマチルダの力を奪うことで急速に老衰するのを防ぐため、世界各地を奔走する。アーウィンのことは恨んでいるが幼馴染であるため憎みきれず、アーウィンがマチルダの老衰を止めるため「妖精界」に連れて行こうとすることに同調するが、それを知ったエスカデと思想が食い違い争うことになる。

ゲーム上では、ダナエとエスカデのどちらかに肩入れすることができ、選んだほうと共に残った方を倒すことになる。それにより、倒した方はゲーム上では二度と登場しなくなる。

エスカデ

E5f63529b7b68bd03eebeda1927bbe1c

名門ライオット家出身の男性。「マチルダ」「ダナエ」「アーウィン」とは幼馴染。
自分を正義と信じており、悪魔や妖精に敵愾心をもつ。
マチルダに好意をもっているが、マチルダとアーウィンは両思いであるため、アーウィンに対して嫉妬心をもっている。後にアーウィンがマチルダから力を奪い老衰させたことから忌み嫌い、アーウィンを倒せばマチルダに力が戻り命が助かると考えつけ狙うことになる。
過去にアーウィンに勝負を挑むが結果は惨敗、奈落に落とされることになる。そこで、剣の達人である七賢人「オールボン」から剣を学び、再びアーウィンを倒すために戻ってくる。
後に、マチルダを助けるためアーウィンと手を組んだダナエを許すことができず対峙する。

ゲーム上では、ダナエとエスカデのどちらかに肩入れすることができ、選んだほうと共に残った方を倒すことになる。それにより、倒した方はゲーム上では二度と登場しなくなる。
また、エスカデに肩入れしても最終決戦のアーウィン戦に連れて行かないと、先にアーウィンと戦闘を行い返り討ちになる。その場合も二度と登場しなくなる。

マチルダ

Fcc47b6e3b630d764ab77ecb57716c01

左が「本来の姿」、右が「現在の姿」

司祭の家柄の少女。「エスカデ」「ダナエ」「アーウィン」とは幼馴染。
司祭家を守る強い力の「精霊力」をもっており、自らの出自やその運命に疑問を感じている。同じように自身に悩んでいるアーウィンと惹かれ合う。2人はその境遇から逃げ出そうとするが、マチルダが力を失えば普通の少女に戻ることができると考えるアーウィンに力を奪われ、急速に老化し老衰の危険がある状態になる。
この出来事により4人の関係は崩れ、それぞれがこの出来事に縛られてしまう。自由を望むマチルダは、他の3人が自身を気にして縛られるのではなく、自由に生きてほしいと考え、主人公にそれぞれが自由に生きられるように手伝ってあげてほしいと願う。
主人公が世界崩壊を試みるアーウィンを倒すと同時刻に老衰により永眠することになる。

一人が死去し現在6人しかいない七賢人から新たな7人目の賢者としてスカウト予定に入っていた人物。

アーウィン

0422bba7a446ba9f277be4f8acb3137d

左が「青年時」、右が「幼少期」

悪魔と人間との混血児。「エスカデ」「ダナエ」「マチルダ」とは幼馴染。
混血児の為、人間と悪魔の双方から疎まれている。大きくなり力をつけた後は、人間に反感を持つ妖精たちを支配し「黒竜王」と呼ばれている。
同じように自身の境遇で悩むマチルダと想い合っており、マチルダを境遇から解放するため力を奪い取る。しかし、力を失ったマチルダは衰退し老婆の姿になってしまった。アーウィンは力を奪ったことを後悔し、妖精界に連れていき「妖精王」にすることで老衰から救おうと奔走する。
最終的に、マチルダを縛っているこの世界を、伝説の竜「ルシェイメア」を復活させ破壊しようとしたが、主人公に阻止されルシェイメア共々倒される。

ラルク

A58326168a98875c7af046d158a67ab5

狼の獣人の戦士、知恵の竜「ティアマット」のドラグーン。別の竜のドラグーンである「シエラ」の弟。
過去に起きた不死皇帝との戦争で活躍し「砦落としのラルク」の異名をもつ。しかし、ティアマットの策略により仲間に裏切られ奈落に落とされてしまう。奈落に落ちたラルクは、他の知恵の竜達に捕らわれ奈落から動けないティアマットから、生き返らせる代わりに知の竜を倒し、そのエネルギーを回収するように持ちかけられる。ラルクは利害の一致から契約しドラグーンになる。

主人公と共に知恵の竜を倒し続けるが、最終的にティアマットに裏切られ、過度に力を与えられ自我のない「鉄巨人ラルク」にされてしまう。主人公に襲い掛からも倒され、ラルクはティアマットに吸収されてしまう。
ティアマットが倒された後はティアマットから分離することができたが、ティアマットの血の呪いによって奈落に約千年縛られ続けることになる。

シエラ

2014051322352816a

狼の獣人の戦士、知恵の竜「ヴァディス」のドラグーン。別の竜のドラグーンである「ラルク」の姉。
過去に起きた不死皇帝との戦争で、不死皇帝を暗殺した功労者。しかし、不死皇帝側の暗殺者にやられてしまう。その功績と仲間を思う気持ちからヴァディスに見初められ命を助けられる。シエラはその恩を返すため、ヴァディスのドラグーンとなる。
竜とドラグーンの関係は主従関係だが、ヴァディスとは仲が良く、良き相談相手になっている。

封印されたティアマットの復活を試みるラルクと主人公に警告をするが聞き入れてもらえず、ヴァディスを倒しに来た2人と敵対することになる。ヴァディスは姉弟での争いを回避するため「マナストーン」を渡し、
ティアマットは今まで集めた力とラルクを吸収し復活を果たしてしまう。ヴァディスの指示の下、シエラは主人公と共にティアマットと戦うことになる。
ティアマットを再び奈落に封印した後はヴァディスの元に戻りドラグーンとして生き続ける。

ティアマット

Drakonis

世界のマナを生み出し制御するマナストーンの守護者であり火を司る知恵の竜。
強い野心家で、過去にマナストーンを吸収する禁を侵して世界支配をしようと戦争を起こした。水を司る竜と金を司る竜を倒し吸収し膨大な力を手に入れたが、残りの知恵の竜に敗北し、奈落に封印される。
奈落に落ちたラルクに利害を持ち掛けドラグーンの契約をさせ、奈落から動けない自分に代わり、知恵の竜への復讐と復活の為のエネルギーの回収を命じる。
後に、集められたエネルギーによって復活を果たすが、主人公とシエラに倒され再び封印される。

ニキータ

Gguks

ウサギネコ族の行商人。
妖精や超能力等の事を信じない現実的な性格で、詐欺まがいの事や犯罪臭いことにも手を染める守銭奴。
世界各地に出没し、事あるごとに主人公を商売ごとに巻き込む。

外部装置によるミニゲーム「リング・りんぐ・ランド」

keeper
keeper
@keeper

Contents