目次

  1. 概要
  2. ストーリー
  3. 登場人物
  4. 刹那・F・セイエイ
  5. ロックオン・ストラトス
  6. アレルヤ・ハプティズム
  7. ティエリア・アーデ
  8. イオリア・シュヘンベルグ
  9. アレハンドロ・コーナー
  10. リボンズ・アルマーク
  11. 沙慈・クロスロード
  12. ルイス・ハレヴィー
  13. 登場機体
  14. ガンダムエクシア
  15. ガンダムデュナメス
  16. ガンダムキュリオス
  17. ガンダムヴァーチェ
  18. ダブルオーガンダム
  19. 用語
  20. ヴェーダ
  21. イノベイター
  22. イノベイド
  23. トランザム
  24. 名シーン
  25. 「俺がガンダムだ」
  26. 2期25話「再生」での一騎打ち

概要

2007年10月6日から2008年3月29日にファーストシーズン、2008年10月5日から2009年3月29日にセカンドシーズンが放映されたオリジナルテレビアニメーション作品である。
ほかの『機動戦士ガンダム』シリーズとは世界観が違うため、過去作の機体などは登場しない。ファーストシーズンのキャッチコピーが「ガンダムによる全戦争行為への武力介入を開始する」、セカンドシーズンが「その再生を破壊する」となっている。
監督は『シャーマンキング』や『鋼の錬金術師』でも監督を努めた水島精二監督、脚本は『スクライド』や『無限のリヴァイアス』を担当した黒田洋介が起用されている。

ストーリー

西暦2307年、大国AEUの新型モビルスーツが公開演習中に所属不明のモビルスーツに襲われる。その後、モビルスーツ「ガンダム」を所有する武装組織「ソレスタル・ビーイング」が犯行声明を発表。ガンダムマイスターである刹那・F・セイエイ、ロックオン・ストラトス、アレルヤ・ハプティズム、ティエリア・アーデが操る4機のガンダムによって世界中で起こっている戦争行為に武力介入し、戦争根絶を目指すことを宣言した。
4機のガンダムは独自のエネルギーシステム「GNドライブ」によって稼働しており、軍が所有するモビルスーツに対して圧倒的な力の差を見せつけながら武力介入をし続けた。時には人命救助もおこなう「ソレスタル・ビーイング」の動きに世界は混乱、彼らをテロと罵るものや逆に正義だと持ち上げるものなど賛否両論の状態が続いた。
そんな中、各国家は強大な力を持つガンダムを手に入れようと様々な作戦を実行。エースパイロットを用いた電撃戦や傭兵による陽動作戦などを行うが失敗する。ついに各国家は合同軍事演習という名目で力を合わせてガンダムを鹵獲する作戦を決行する。その物量の差に「ソレスタル・ビーイング」は敗北間近まで追い詰められるが、新たに登場した「トリニティ」というガンダムチームの活躍によって難を逃れる。「トリニティ」は「ソレスタル・ビーイング」よりも過激な武力介入を始め、その最中に刹那の知り合いである沙慈・クロスロードの彼女、ルイス・ハレヴィが「トリニティ」の攻撃に巻き込まれてしまい家族親戚と自身の左腕を失ってしまう。この過激な武力介入に「ソレスタル・ビーイング」反発、「トリニティ」と決別し敵対行動を取る。しかし、「ソレスタル・ビーイング」の後ろ盾をしていた1人、アレハンドロ・コーナーが裏切り「GNドライブ」を模したシステム「疑似GNドライブ」が国連軍の手に渡ってしまう。
「疑似GNドライブ」によって強化された国連軍のモビルスーツに苦戦する「ソレスタル・ビーイング」。「トリニティ」もアレハンドロ・コーナーの手によって始末されてしまい、「ソレスタル・ビーイング」の作戦の要であった演算コンピュータ「ヴェーダ」もアレハンドロ・コーナーに奪われてしまう。
八方塞がりとなりつつも「ソレスタル・ビーイング」を組織した故人、イオリア・シュヘンベルグが隠していたシステム「トランザム」を駆使して国連軍との戦いを続けていく「ソレスタル・ビーイング」。
死闘の末にアレハンドロ・コーナーを倒すことに成功するも、「ソレスタル・ビーイング」は壊滅的な打撃を受けて離散してしまう。

西暦2312年、各国家は地球連邦としての統一を果たし、世界は1つにまとまりつつあった。しかし、裏では独立治安維持部隊「アロウズ」によって、反連邦主義や思想への弾圧や虐殺が行われており、未だ平和には程遠い現実があった。不運にも反政府戦力としてアロウズに捕らえられていた沙慈・クロスロードは1期の際に同じマンションの隣人として知り合っていた刹那と偶然再会を果たす。刹那は、彼を救出し満身創痍のガンダムで戦うが、すでにアロウズの機体は従来のガンダムの性能を超えており、苦戦を強いられる。
そこに水面下で活動していた「ソレスタル・ビーイング」が到着、危機を脱する。その後、刹那は新たなガンダム「ダブルオーガンダム」を操り再び世界に武力介入を開始する。一行は戦いの中で反連邦組織「カタロン」と合流するが、沙慈は反発し、そこを連邦正規軍に拿捕されてしまう。このことが原因で「カタロン」は「アロウズ」により襲撃され、壊滅してしまう。この行動を「無自覚な悪意」だと沙慈はティエリアに責められ、戦いから目を逸らし続けてきた彼はその償いのために「ソレスタル・ビーイング」に同行する決意をする。
そして刹那たちは調査の末、「アロウズ」を影で操っていたのは、「イノベイター」を自称するイオリアの真の計画を進めるために生み出された人工生命体「イノベイド」たちであることを突き止める。倒すべき敵を見つけたものの、「アロウズ」は日増しにその力を強め、ついには衛星兵器「メメントモリ」によって、中東の一国を滅ぼすほどになっていた。沙慈は戦いの中で「ダブルオーガンダム」の支援機である「オーライザー」のパイロットとなり、ダブルオーとの合体を成功させて刹那の危機を救う。しかし、直後の謎の現象により沙慈・クロスロードのガールフレンドであるルイス・ハレヴィが家族の復讐のために「アロウズ」に所属していることを知る。激しく苦悩する沙慈だったが、彼女を救うことと無意味な戦いを止めるための「守るための戦い」をすることを誓った。
「メメントモリ」の破壊に成功してから数日が経った頃、連邦内でクーデターが起こる。市民6万人が人質にとられ、アフリカの軌道エレベーターが占拠される。彼らの目的は人質たちにアロウズの蛮行を伝え、真実を世に知らしめることだった。しかし「アロウズ」は真実が公表される前に、秘密裏に建造していたもう1基の「メメントモリ」で、人質ごと軌道エレベーターを破壊し隠滅を図る。刹那たちは再び「メメントモリ」の破壊に向かうも、破壊直前に「メメントモリ」の攻撃が放たれてしまい、軌道エレベーターの崩落が始まってしまう。この攻撃によって地表に無数の破片が落ちる事態となってしまうも全ての勢力が協力して破片落下阻止に当たった。後に「ブレイク・ピラー」と呼ばれるこの事件は反連邦勢力の仕業として公表され、アロウズは強硬な姿勢を強めていくが、その一方で皮肉にも人々の意思は1つとなっていた。
「ブレイク・ピラー」事件から4か月が経ち、「ソレスタル・ビーイング」はアロウズ・イノベイター勢力の打倒と「ヴェーダ」奪還のために動き出す。「カタロン」や決起した連邦正規軍と共に「アロウズ」と「イノベイター」勢力との最終決戦が行われ、ダブルオーの活躍によりヴェーダは奪還され、ルイスも憎しみの感情から解き放たれた。最後は「イノベイター」を指揮していたリボンズ・アルマークと刹那の一騎打ちとなり、見事勝利を収める。

登場人物

刹那・F・セイエイ

D1ebc6e1a1a6a3c6a1a6a5bba5a4a5a8a5a4

CVは宮野真守。本作の主人公であり、純粋種のイノベイター。2291年4月7日生まれで1期の時点では16歳。
中東クルジス共和国出身で本名はソラン・イブラヒム。登場機体は「ガンダムエクシア」「ダブルオーガンダム」など。
かつては少年兵として戦争に参加しており、信仰のために両親を殺害している。戦争の際に「0ガンダム」に危機を救われたことがあり、ガンダムを「戦争行為の根絶を体現する機体」と定義している。
当初は無口であったが、他のガンダムマイスターや住んでいたマンションの隣人である沙慈・クロスロードとの会話を通じて少しずつ打ち解けていく。2期ではガンダムマイスターの実質リーダー的存在となっており、エースパイロットとして活躍する。

ロックオン・ストラトス

C572paku8aaegdm

CVは三木眞一郎。1期ではニール・ディランディのコードネームであったが死後、瓜二つの弟であるライル・ディランディがコードネームをそのまま受け継いだ。
1期ではニール・ディランディが遠距離狙撃主体のガンダム「ガンダムデュナメス」に搭乗して刹那やティエリアの援護を主におこなっていたが、物語の後半で両親の敵に遭遇し前線での戦闘が増える。その後、疑似GNドライブによって強化された国連軍の攻撃からティエリアをかばったために効き目である右目を負傷、その状態で両親の仇との決戦をおこない相打ちという形で死亡した。
2期では刹那がライル・ディランディをソレスタル・ビーイングのメンバーとして勧誘し、兄であるニール・ディランディと同じコードネームを与えられる。機体は同じく遠距離狙撃主体の「ケルディムガンダム」を使用し、味方の援護をおこなった。物語の途中でイノベイドであるアニュー・リターナーと恋仲になるもリボンズ・アルマークの策略によって殺され、敵への怒りを募らせていった。最終決戦ではニールとの戦いで死んだと思われていた両親の仇と対峙、満身創痍になりながらも勝利した。

アレルヤ・ハプティズム

40da2418

CVは吉野裕行。1期では19歳。使う機体は可変機体である「ガンダムキュリオス」「アリオスガンダム」。戦争孤児であり、「超人機関」という組織に拉致され人体実験を受けており、その頃は「被験体E-57」と呼ばれていた。
その過程で記憶を失っており、同じ組織の中で出会った少女のマリーから「アレルヤ」という名前をもらう。その後、研究施設を抜け出し紆余曲折を経てソレスタル・ビーイングのガンダムマイスターとなる。
人体実験の過程で生まれた残虐な別人格「ハレルヤ」が心のなかに存在しており、アレルヤが戦意を失った際や人命を奪うことに躊躇した際に現れアレルヤの代わりに残虐な行動をおこなう。

ティエリア・アーデ

1232870842594

CVは神谷浩史。外見年齢は16歳であるが、イノベイドであるため年をとることはない。中性的な容姿で男性か女性かは現在でも言及されていない。使用したガンダムは高火力の武装を備えた「ガンダムヴァーチェ」「セラヴィーガンダム」。
ソレスタル・ビーイングを統括する量子演算コンピュータ「ヴェーダ」で作り出された人工生命体であり、「ヴェーダ」の意思を至上のものとして行動していた。リボンズ・アルマークらと同じ存在ではあるが後にヴェーダを掌握されることからイノベイドとしての序列は下位であるとされる。
序盤は人工生命体ゆえに人間を見下した言動が多かったが戦いが続く中で成長していき、特に自身のミスでロックオンが負傷した際には負い目を感じるほどになっていた。
2期ではガンダムマイスターの中で唯一「ソレスタル・ビーイング」の残党との合流に成功しており、ソレスタル・ビーイング再建に尽力した。1期の頃とは違い、自身で物事を考えるようになっており、現実から目を背けようとする沙慈・クロスロードを叱責する場面もみられた。
最終決戦ではリボンズ・アルマークによって射殺されてしまうが、刹那の攻撃によりリボンズのヴェーダ掌握能力が低下。その隙にヴェーダを奪い返すことに成功し、その後は意識体としてヴェーダを用いてソレスタル・ビーイングのバックアップにまわった。

イオリア・シュヘンベルグ

102747174

CVは大塚周夫。「ソレスタル・ビーイング」の創設者であり、物語開始時点では故人として扱われていた。
1期の時代から200年以上前の人物で、一般的には「軌道エレベーター」での太陽光発電システムの開発者として知られていた。この頃にはすでに量子コンピュータ「ヴェーダ」や人工生命体「イノベイド」、ガンダムを動かすための動力「GNドライヴ」などの基礎理論を確立させていた。
後にヴェーダ内部にてコールドスリープしていることが発覚するが、発見したアレハンドロ・コーナーの手によって射殺された。この際に緊急プログラムが作動し、ガンダムの隠されたシステム「トランザム」の封印が解除された。

アレハンドロ・コーナー

C0d4d7c7

CVは松本保典。国連大使でありながら、「ソレスタル・ビーイング」の反乱を防ぐ監視者としての役割を担っている。コーナー一族は「ソレスタル・ビーイング」の創設当初からイオリアの計画を自らのものにするという野望を持っており、彼もその野望を持ちながら監視者として活動していた。
「ソレスタル・ビーイング」の敵である国連軍にGNドライヴの情報や疑似GNドライヴを搭載したモビルスーツ「ジンクス」を譲渡したのも彼である。
その後、最終決戦の場には自ら大型モビルアーマー「アルヴァトーレ」を操り出陣、「ソレスタル・ビーイング」を窮地に追い込んだ。しかし、その後とトランザムを使用したガンダムエクシアに為す術もなくやられてしまい、アルヴァトーレの爆発に巻き込まれ死亡した。

リボンズ・アルマーク