目次

  1. 概要
  2. あらすじ
  3. 用語
  4. ジョースター一族の血
  5. 振り返ってはいけない小道と杉本鈴美
  6. スタンド概要
  7. 能力のタイプ
  8. 近距離パワー型
  9. 遠隔操作型
  10. 遠隔自動操縦型
  11. ビジョンのタイプ
  12. 人型
  13. 群体型
  14. 分裂型
  15. 物質同化型
  16. 主要スタンド及びスタンド使い
  17. スタンド:クレイジー・ダイヤモンド / スタンド使い:東方仗助
  18. クレイジー・ダイヤモンド
  19. 東方仗助(CV:小野友樹 / 少年時代:大地葉 / 実写版俳優:山崎賢人)
  20. スタンド:エコーズ(ACT1~ACT3) / スタンド使い:広瀬康一
  21. エコーズ ACT1
  22. エコーズ ACT2
  23. エコーズ ACT3
  24. 広瀬康一(CV:梶裕貴 / 実写版俳優:神木隆之介)
  25. スタンド:スタープラチナ・ザ・ワールド / スタンド使い:空条承太郎
  26. スタープラチナ・ザ・ワールド
  27. 空条承太郎(CV:小野大輔 / 実写版俳優:伊勢谷友介)
  28. スタンド:ハーミット・パープル / スタンド使い:ジョセフ・ジョースター
  29. ハーミット・パープル(隠者の紫)
  30. ジョセフ・ジョースター(CV:石塚昇運)
  31. スタンド:ザ・ハンド / スタンド使い:虹村億泰
  32. ザ・ハンド(手)
  33. 虹村億泰(CV:高木渉 / 少年時代:齋藤小浪 / 実写版俳優:新田真剣佑)
  34. スタンド:ヘブンズ・ドアー / スタンド使い:岸辺露伴
  35. ヘブンズ・ドアー(天国への扉)
  36. 岸辺露伴(CV:櫻井孝宏)
  37. 杜王町のスタンド及びスタンド使い
  38. スタンド:ラブ・デラックス / スタンド使い:山岸由花子
  39. ラブ・デラックス
  40. 山岸由花子(CV:能登麻美子 / 実写版俳優:小松菜奈)
  41. スタンド:ザ・ロック / スタンド使い:小林玉美
  42. ザ・ロック(錠前)
  43. 小林玉美(CV:鶴岡聡)
  44. スタンド:サーフィス / スタンド使い:間田敏和
  45. サーフィス(うわっ面)
  46. 間田敏和(CV:下和田ヒロキ)
  47. スタンド:パール・ジャム / スタンド使い:トニオ・トラサルディー
  48. パール・ジャム
  49. トニオ・トラサルディー(CV:川島得愛)
  50. スタンド:アクトン・ベイビー / スタンド使い:静・ジョースター
  51. アクトン・ベイビー
  52. 静・ジョースター / 透明な赤ちゃん(CV:川田妙子)
  53. スタンド:ハーヴェスト / スタンド使い:矢安宮重清
  54. ハーヴェスト(収穫)
  55. 矢安宮重清 / 重ちー(CV:山口勝平)
  56. スタンド:ハイウェイ・スター / スタンド使い:噴上裕也
  57. ハイウェイ・スター
  58. 噴上裕也(CV:谷山紀章)
  59. スタンド:シンデレラ / スタンド使い:辻彩
  60. シンデレラ
  61. 辻彩(CV:大原さやか)
  62. スタンド:アース・ウィンド・アンド・ファイヤー / スタンド使い:支倉未起隆
  63. アース・ウィンド・アンド・ファイヤー
  64. 支倉未起隆 / ヌ・ミキタカゾ・ンシ(CV:加瀬康之)
  65. 敵対スタンド及びスタンド使い
  66. スタンド:アクア・ネックレス / スタンド使い:片桐安十郎
  67. アクア・ネックレス(水の首かざり)
  68. 片桐安十郎 / アンジェロ(CV:浜田賢二 / 実写版俳優:山田孝之)
  69. スタンド:バッド・カンパニー / スタンド使い:虹村形兆
  70. バッド・カンパニー(極悪中隊)
  71. 虹村形兆(CV:志村知幸 / 少年時代:東内マリ子 / 実写版俳優:岡田将生)
  72. スタンド:レッド・ホット・チリ・ペッパー / スタンド使い:音石明
  73. レッド・ホット・チリ・ペッパー
  74. 音石明(CV:森久保祥太郎)
  75. スタンド:ラット / スタンド使い:虫喰い
  76. ラット
  77. 虫喰い
  78. スタンド:アトム・ハート・ファーザー / スタンド使い:吉良吉廣
  79. アトム・ハート・ファーザー
  80. 吉良吉廣 / 写真のおやじ(CV:千葉繁)
  81. スタンド:ボーイ・II・マン / スタンド使い:大柳賢
  82. ボーイ・II・マン
  83. 大柳賢 / ジャンケン小僧(CV:坂本千夏)
  84. スタンド:ストレイ・キャット / スタンド使い:猫草
  85. ストレイ・キャット
  86. 猫草 / タマ
  87. スタンド:スーパーフライ / スタンド使い:鋼田一豊大
  88. スーパーフライ
  89. 鋼田一豊大(CV:遠近孝一)
  90. スタンド:エニグマ / スタンド使い:宮本輝之助
  91. エニグマ
  92. 宮本輝之助 / エニグマの少年(CV:川西健吾)
  93. スタンド:チープ・トリック / スタンド使い:乙雅三→岸辺露伴
  94. チープ・トリック
  95. 乙雅三(CV:石井真)
  96. スタンド:キラークイーン / スタンド使い:吉良吉影
  97. キラークイーン
  98. バイツァ・ダスト
  99. 吉良吉影(CV:森川智之)

概要

『週刊少年ジャンプ』に1992年から1995年まで掲載された。コミックスでは29巻から47巻まで。第1部から続くジョースター一族とDIOの因縁は第3部で完結したかに思われたが、DIOの覚醒に伴い幼少期にスタンド能力が目覚めた東方仗助(第2部主人公ジョセフの隠し子であり、ジョースター家の者)が主人公。スタンド能力を引き出す「弓と矢」が登場する。矢は5部や6部にも登場し、ストーリーに大きく関わる重要なアイテムになっている。この矢の登場で、学校へ通う高校生や、町の住民など、いわゆる「普通」の人物がスタンド能力を持っている(矢に選ばれた時点で普通の人間ではないのかもしれないが)。
2016年4月から12月までテレビアニメで放映された。2017年8月に実写映画として公開が決定。実写映画版の監督は三池崇志。

あらすじ

1999年。かつて、エジプトの地でスタンド能力を持った吸血鬼、DIOを倒した空条承太郎は海洋冒険家になっていた。祖父ジョセフ・ジョースターが老い、不動産王として得た莫大な遺産を分配することを決める。承太郎による調査の結果、ジョセフの隠し子が日本にいると知る。承太郎の年下の叔父、東方仗助もまたスタンド使いであった。
仗助たちは、ある「矢」によりスタンド能力が引き出されることを知る。仗助が暮らすS市杜王町には、矢に貫かれたスタンド使いが多発していた。
仗助は広瀬康一や虹村億泰などの仲間に出会いながらも、片桐安十郎や音石明などのスタンド使いと戦っていく。
そんな折、仗助たちが暮らす杜王町に連続殺人鬼が潜んでいることを知る。その殺人鬼の名前は吉良吉影。
吉良は「触れたものを爆弾にする」というスタンド能力を持つスタンド使いで、女性の手首に対して異常な性癖を持つ吉良はその能力で多くの女性を殺めていた。
仗助たちは杜王町に潜む吉良吉影のことを調べ出すのであった。

用語

ジョースター一族の血

物語としては独立しているが、『ジョジョ』は各部ごとにジョースターの血統と言う繋がりがある。第1部より、誇り高い精神と、過酷で数奇な運命に巻き込まれるという色濃いジョースター一族の血が『ジョジョ』の下敷きとなっている。第4部の主人公仗助はお調子者で、時にはちゃっかりした面も見せるが、悪役に対しては容赦のない面を持つ。正義漢というわけではないが、誇り高いジョースター一族の血が、仗助に悪と戦う気概を起こさせるのだった。

振り返ってはいけない小道と杉本鈴美

杜王町にはスタンド戦の名残として多くの奇妙な名所が生まれていくが、15年前から存在しているのが「振り返ってはいけない小道」である。ここは少女の幽霊杉本鈴美と犬のアーノルドが殺人鬼に殺された当時の姿で住む、魂の通り道とされる。ここには「振り返ってはいけない」というルールがあり、何者かが色々な手を使って振り向かせようとする。振り返った場合は人間でもスタンドでも無数の手により、捕まって「あの世」へと送られる。
常にあるわけではなく、時折ドラッグストアとコンビニの間に現れる。作中では岸辺露伴と広瀬康一が入るが、何度曲がり角を曲がっても同じポストの場所に出るといった空間がねじ曲がっているかのような描写が見受けられた。

【杉本鈴美】
15年前、殺人鬼(吉良吉影)に殺された少女。当時の姿のまま、愛犬アーノルド共々小道で暮らしている。吉良の危険性を知らせ、町の誇りを取り戻したいが為現世にとどまり、小道を訪れる人物に接触する。
事件当夜、4歳だった露伴を預かっており、こっそりと彼を窓から逃がした。幼い露伴を知っている為ちゃん付けで呼ぶ。吉良により爆殺された人物の魂は破壊されるようにして天に向かうのが小道から見える為、犠牲者が出るとすぐに分かる。

スタンド概要

『ジョジョの奇妙な冒険』の代名詞的な存在。目に見える超能力であり、この能力を持つ者をスタンド使いと呼ぶ。生まれつきスタンドを持つ者もいるが、第4部では特殊な矢に貫かれて能力が発現するケースが多い。しかし誰しもが能力に目覚めるわけではない上に、能力を操りきれない者もいる。一方で、矢でも生まれつきでもなく修行の果て能力に目覚めるスタンド使いも登場する。
矢は数本あるが、そのうちの2本が作中に登場。片方は医療、福祉の発展の他ジョースター一族の援助に尽力するスピードワゴン財団に回収された。2本目の矢は意思を持ち、自ら射抜く者を選ぶ描写が存在する。
スタンドと本体は一心同体であり、本体が傷を負えば本体も同じ箇所にダメージを受けるのが基本。しかしスタンドにもタイプがあり、タイプによってはスタンドが撃破されても本体がダメージを受けることはない。
第4部のスタンド名はミュージシャンや楽曲、アルバムの名前が由来となっている。

能力のタイプ

近距離パワー型

固有の能力の他、コンクリートや車さえ破壊できるパワーや、素早いスピードを持つ。弱点としては射程距離が短く、性質上本体はスタンドの近くにいなくてはならないことにある。元々スタンドが傷を負えば本体もダメージを追うが、近距離パワー型の場合は接近戦がほとんどで本体が戦闘場面にいることが多いため、より危険度が高い(本体が怪我をすればスタンドも傷を負う)。

遠隔操作型

力は弱めだが、射程距離が長く、スピードが速いスタンドが多い。能力によっては分離、変形をするスタンドやある程度自動で追尾するスタンドもいる。本体は安全な場所から隠れて攻撃することができ、奇襲攻撃に向いたタイプである。

遠隔自動操縦型

近距離パワー型の強いパワーと、遠隔操作型の長い射程距離と言ういいところ取りのタイプ。しかし決して無敵と言うわけではなく、精密動作に欠けた大雑把かつ単純な活動しかできない。撃破されても本体にさほど影響はない。

ビジョンのタイプ

人型

人間のような姿のビジョン。最も多い形態である。基本的に近距離パワー型が多い。「人間のよう」とはいっても、実際にはシルエットが人間に「近い」亜人もしくはロボットのようなビジョンを持つ者が多い。パワーに優れている者がほとんど。能力使用時は拳で対象を殴る、触るなどしなくてはならない場合が大半を占める。
第4部で言えば、クレイジー・ダイヤモンド、キラークイーンなどが相当する。

群体型

小さなスタンドが大量にいるタイプ。その数はスタンドによって違い、数十体のものや、数百体にまで及ぶスタンドも存在する。全てが遠隔操作型である。1体が小さく、エネルギーが分散されている為、本体へのフィードバックも少なく、数体を倒されたところで本体には大したダメージは跳ね返らない。
第4部で言えば、バッド・カンパニー、ハーヴェスト、パール・ジャムがこれに当たる。

分裂型