目次

  1. キャプテン翼
  2. ゲゲゲの鬼太郎2 妖怪軍団の挑戦
  3. 魔神英雄伝ワタル外伝
  4. おわりに

キャプテン翼

%ef%bc%b2%ef%bc%af%ef%bc%ad%e7%bf%bc

本作以外にも結構な本数を出しているキャプ翼。
とんでもスポーツアニメの走りだったんじゃないでしょうか。

地球に隕石が落ちて恐竜が滅んだりはしませんが、ゴールネット突き破る中学生とかどんなんなんでしょうか。

キャラゲーらしく難易度のバランスに難がありますが、それなりに遊べます。
何度やられても立ち向かえばいいんです。

ゲゲゲの鬼太郎2 妖怪軍団の挑戦

%ef%bc%b2%ef%bc%af%ef%bc%ad%e9%ac%bc%e5%a4%aa%e9%83%8e%ef%bc%92

前作はアクションだったのですが、2作目はなんとRPGになって発売されました。

・・・が。
圧倒的高難易度、わかりにくいヒント、理不尽なバランスと所謂「クソゲー」といってもいいくらいのものに仕上がっています。
BGMは結構良い。という事しか・・・。

魔神英雄伝ワタル外伝

%ef%bc%b2%ef%bc%af%ef%bc%ad%e3%83%af%e3%82%bf%e3%83%ab

フィールドは通常のRPGで、戦闘シーンのみ横2DのアクションとなるアクションRPGです。

ラスボスより中ボスの方が強いんじゃないかという微妙感はありますが、かなり良くバランスがとれていて、
エンディングもしっかりと作られています。

BGMも良くオススメできる1本です。

おわりに

キャラゲーはクソゲーが多いといわれていますが、中にはかなりの良ゲーもまぎれています。

クソゲーを掴みつつも良ゲーを見つけたときの喜びや、
ファミコン特有の理不尽な難易度を今一度体感してあの頃を懐かしんでみてはいかがでしょうか?