目次

  1. あらすじ
  2. 登場人物
  3. 梅澤梨花 (演:宮沢りえ)
  4. 平林光太 (演:池松壮亮)
  5. 梅澤正文 (演:田辺誠一)
  6. 平林孝三 (演:石橋蓮司)
  7. 隅より子 (演:小林聡美)
  8. 名シーン
  9. ニセモノの月
  10. 伏線
  11. 用語
  12. 紙の月・Paper Moon
  13. 裏話
  14. 決まっていなかったエンディング
  15. 「好きな人のためにやりました」

あらすじ

バブル崩壊直後の1994年、梅沢梨花は夫と二人で穏やかに暮らしていた。銀行のパートタイマーとして働いていたが、丁寧な仕事ぶりが評価され、契約社員となった。
何不自由ない生活をしているように見える梨花だが、自分の働いたお金で夫にお揃いの時計をプレゼントすると、逆に夫からもっと高価な時計を贈られる。
これくらいのものを身に着けてもいいのでは?と言われ、言葉には出さないもののショックを受ける梨花。二人の間には空虚感があった。

営業で外回りをしている梨花は、ある時顧客で裕福な老人の平林から大口の国債の契約を取るもののセクハラにあう。それを助けたのは平林の孫である光太だった。
光太はのちに外で再会し、梨花に熱い視線を送る。そして再びばったりと再会した日、二人は関係を持ち、不倫関係になる。

一方、仕事で顧客の大金を預かった日の帰り、デパートの化粧品売り場で買い物をした梨花は、手持ちの金が足りず顧客のお金を借りてしまう。
すぐにATMで自分の金を下ろし集金袋に戻すが、このことが梨花の感覚を狂わせた。借りても返せばいいのだ。
光太に借金があると知った梨花は、平林から預かった定期預金の200万円を横領し、光太に渡す。梨花は歯止めがきかなくなっていた。

夫が上海に転勤が決まり、仕事を理由に日本に残った梨花は光太との関係は深くなり、横領の額も大きくなっていく。
横領した金で光太と贅沢に遊び、高価なプレゼントをした。ある週末に旅行しただけで150万円。
もう「借りても返せばいい」額ではなくなっていた。
自宅にパソコンとプリンタを買い、銀行の証書を偽造した。営業先で預金を作らせては次々に横領した。

光太は梨花の家が裕福なのだと勘違いし、始めはきちんと毎月5万円ずつ返していた金も返さなくなり、大学も辞めてしまった。
そして、二人のために借りたマンションに他の女性を連れ込んだ光太は、梨花にそれがバレると「こんな生活いつまで続くかと思うとたまらなくなる」と言い、二人の関係は終わりを告げた。

銀行ではベテランの事務員のより子が不本意な異動辞令を出され、辞めさせられようとしていた。
以前から銀行では給料の高いベテランが同じように退職を促され、安く雇える若い社員を重宝していた。
より子は若い社員だけでは仕事が回らないと言い、社内のミスを探しだし、とうとう梨花の横領も発覚した。

行内の会議室で役員に横領の詳細に問われた後、梨花とより子は二人きりで話をする。
「お金じゃ自由になれない。あなたが行けるのはここまで」とより子に言われた梨花は椅子を振り上げ、窓ガラスを割ってしまう。
そこから逃げようとする梨花をより子は引き留めようとするが、「一緒に来ますか?」と言われて驚き、その隙に梨花は逃げてしまう。

その後、梨花は東南アジアの市場にいた。少女がたくさんのリンゴを落としてしまい、梨花は拾ってあげたが少女はそのリンゴを受け取らなかった。
少女の後を追うと、父親らしき店主が梨花を見て身振り手振りでそのリンゴをあげる、と言う。その父親には頬に特徴的な傷があった。
梨花が中学時代に寄付をして手紙をくれた少年だった。もちろん男性は梨花のことはわからない。
成長して父親となったその男性を見ながら梨花はリンゴを食べる。そして、市場の雑踏の中に消えた。

登場人物

梅澤梨花 (演:宮沢りえ)

Paper 02

夫と二人で穏やかに暮らす銀行の契約社員。顧客の孫、光太に出会い、出来心で顧客の金を借りてしまったことで横領に手を染めるようになる。

平林光太 (演:池松壮亮)

Paper 03

裕福な老人平林の孫。祖父は裕福でも、父がリストラをされたため、学費を消費者金融から借り入れて借金がある。祖父の自宅に来た梨花を助けたことがきっかけとなり、不倫関係になる。

梅澤正文 (演:田辺誠一)

Paper 05

梨花と二人、不自由のない生活を送るサラリーマン。穏やかながら人の気持ちを汲まないところがあり、梨花が時計をプレゼントしても、自分がもっといい時計を贈り返してしまい、梨花を傷つける。夫婦の間に少しずつ溝ができていく。

平林孝三 (演:石橋蓮司)

Paper 07

梨花の勤める銀行の顧客。裕福な老人で、梨花が営業を担当している。梨花にセクハラまがいのことをするが、後に梨花が色仕掛けで預金させようとすると、「ノルマがきついのか」と心配し、梨花はお金を引き出すのに失敗する。

隅より子 (演:小林聡美)

Paper 06

梨花の勤める銀行のベテラン社員。仕事に厳しく、梨花の横領に一番に気づく。梨花との会話には常に緊張感があり、徐々に追い詰めていく。

名シーン

ニセモノの月

Paper 08

映画の終盤、横領が露見し、銀行の会議室でより子は梨花に言う。
「私、あなたのことずっと考えてた。なんでこんなことをしたのか。私があなたならどうするか。そしたらね、やってみたいことって徹夜くらいしかなかったのよ」
そういうより子に梨花は
「私も徹夜したことがなかった。でもあの日(光太と一夜を過ごし朝帰りした日)、初めて朝帰りをして…」
朝焼けの空に浮かぶ月に手を伸ばし、まるで紙に書かれたような月を指でなぞったら月が消えてしまったという。

なぜ月が消えるの?と問うより子に「ニセモノだから」と梨花は答える。
「幸せだったんです、あの時。幸せだったけど、いつかは終わるな、と思ってた。悲しいんじゃなくて、当たり前に。だってそういうものだから。本物みたいだけど、本物じゃない。初めから全部偽物。ニセモノなんだから、壊したっていい。怖くない。そう思ったらなんだか体が軽くなったみたいで、ああ私自由なんだな、って。だから私、本当にしたいことをしたんです」
「確かにニセモノかもね、お金なんて。ただの紙だもん。でも、だから、お金じゃ自由にはなれない」

この映画のテーマが一番現れている緊迫したシーン。

伏線

Paper 08