目次

  1. STAND BY ME ドラえもんの概要
  2. ドラえもんとは
  3. 漫画
  4. アニメ
  5. ストーリー
  6. 「未来からはるばると」
  7. 「たまごのなかのしずかちゃん」
  8. 「しずかちゃんさようなら」
  9. 「雪山のロマンス」
  10. 「のび太の結婚前夜」
  11. 「さようならドラえもん」
  12. 「帰ってきたドラえもん」
  13. 登場人物
  14. ドラえもん
  15. 野比 のび太
  16. 源 静香(通称:しずかちゃん)
  17. 剛田 武(通称:ジャイアン)
  18. 骨川 スネ夫(通称:スネ夫)
  19. 野比 セワシ
  20. ジャイ子
  21. 出来杉 英才(通称:デキスギ)
  22. 小学校の担任教師
  23. 本作に登場するひみつ道具
  24. タケコプター
  25. どこでもドア
  26. タイムマシン
  27. アンキパン
  28. 本作中の名言
  29. 「あの青年は決して目立った取りえがあるわけじゃない。しかし人の幸せを願い人の不幸を悲しむ事が出来る。それが人間にとって一番大事な事なんだからね。」
  30. 「勝たないと。くっ、うう、うっ。ドラえもんが、安心して、くっ。帰れないんだ。」
  31. 主題歌
  32. ひまわりの約束

STAND BY ME ドラえもんの概要

Doraemon movie stand by me wallpaper2

本作品はドラえもんとして初めて3DCGアニメーションで制作され、2014年に公開されている映画。(上映時間は95分)
ドラえもんの生みの親である藤子・F・不二雄の生誕80周年の記念作品であり、第38回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品を受賞している。
ストーリーとしては、ドラえもんとのび太の出会いから様々な出来事、幻の最終話などの7種類の原作エピソードが描かれた総集編のような内容になっている。
描かれているエピソードは、原作1話目である「未来からはるばると」に始まり、「しずかちゃんさようなら」、「たまごのなかのしずかちゃん」、「雪山のロマンス」、「のび太の結婚前夜」、「さようならドラえもん」、「帰ってきたドラえもん」である。

ドラえもんとは

漫画家の藤子・F・不二雄の作品。
「ドラえもん」というのは、22世紀の未来からやってきたネコ型ロボットの名前であり、本作品の主人公。
もう一人の主人公「野比のび太」の孫の孫である「セワシ」とともにのび太の前に現れたドラえもんは、失敗ばかりでドジなのび太の不幸な未来を変えるべく、のび太の生きる過去で、のび太とともに生活を送る。
様々な出来事が起き、未来のひみつ道具も登場する中で、のび太の成長も見ることが出来る、ギャグあり、笑いあり、涙ありの作品。

漫画

1969年に漫画の連載が始まり、1974年には「さようならドラえもん」が連載最終話として掲載されますが、翌月には「帰ってきたドラえもん」が掲載され、連載は継続。
1977年にはメインの作品として雑誌「コロコロコミック」が創刊されている。

アニメ

1973年には初のテレビアニメが放送される。
テレビアニメ化は2度されており、1度目は日本テレビ動画が制作していたが、制作会社が解散となり、約半年間で打ち切りとなる。
2度目はテレビ朝日でテレビアニメ化。
1980年には初めて映画化され、これまで37作品が公開されている。(37作品目:映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険)
2005年には声優陣が一新した為、話題となった。

ストーリー

「未来からはるばると」

Head2

原作1話目である「未来からはるばると」。
ドラえもんとのび太の初めての出会いを描いたエピソード。
突然未来からやって来たというセワシ(のび太の孫の孫)から、自分の将来や結婚相手、家族構成など、不幸な未来を知らされてしまうのび太。
不幸な未来が待ち受けるのび太の未来を幸せにすることで、自分も幸せになると考えたセワシに、のび太を幸せにしなければ未来に帰ることが出来ないように設定されてしまったドラえもん。
のび太との物語が始まる。

「たまごのなかのしずかちゃん」

E3819fe381bee38194e8838ce8b2a0e38186

のび太を幸せにする方法として、しずかちゃんと結婚する未来になるようにと考えたドラえもんとのび太が、なんとかしずかちゃんに好きになってもらおうとひみつ道具「刷り込みたまご」を使うエピソード。
「刷り込みたまご」は卵から孵った雛鳥が初めて見るものを親と思う特性と同じく、初めて見た人に恋してしまうというひみつ道具。
だが間違えてジャイアンが入ってしまい、孵化して初めて見たスネ夫にジャイアンが求愛する。やっとしずかちゃんをたまごに入れたのもつかの間、しずかちゃんがたまごから出てくる時に出来杉を見てしまったりと、のび太は思った成果を上げることは出来なかった。

「しずかちゃんさようなら」

20150903153655e1b

恋い焦がれているしずかちゃんの幸せを思い、なんとか嫌われようとするのび太を描いたエピソード。
のび太は優しいしずかちゃんに嫌われようと、スカートめくりをしてみたり、飲むと周囲の人から毛嫌いされてしまうひみつ道具「ムシスカン」を飲んで、しずかちゃんを遠ざけようとする。しかし、誤ってムシスカンを飲み過ぎてしまい、誰ものび太に近付くことが出来ない状態になってしまう。しかし、しずかちゃんはムシスカンの影響を跳ねのけてのび太を助ける。そんなしずかちゃんをより一層好きになってしまうのび太。

「雪山のロマンス」

482ed6c4b426ccd5c2781338564118b0

未来の世界でのび太がしずかちゃんを助けようと奮闘する姿が描かれたエピソード。
未来の青年になったのび太が風邪を引いてしまった日に、雪山へ登山に行ったしずかちゃんが遭難してしまう。のび太はひみつ道具「タイムふろしき」で大人の姿となって助けに向かう。散々なことになりつつも、土壇場のところで未来ののび太も救出に駆けつけ、一緒に見事しずかちゃんを救う。
姿恰好は大人になっているのび太も考えは子供の為、早とちりや失敗を繰り返すが、そんなのび太を見てしずかちゃんはのび太との結婚を決意することになる。

「のび太の結婚前夜」

O0500027213030717967