目次

  1. 概要
  2. あらすじ
  3. 登場人物
  4. キキ(CV:高山みなみ)
  5. ジジ(CV:佐久間レイ)
  6. トンボ(CV:山口勝平)
  7. オソノさん(CV:戸田恵子)
  8. フクオ(CV:山寺宏一)
  9. ウルスラ(CV:高山みなみ)
  10. 老婦人(CV:加藤治子)
  11. コキリ(CV:信沢三恵子)
  12. ジブリ飯
  13. ニシンのパイ
  14. チョコレートケーキ
  15. ジジが言葉を話せなくなった理由
  16. 名言
  17. 「黒は女を美しく見せるのよ。」
  18. 「才能を生かした仕事だろ。素敵だよ。」
  19. 「言うこと聞きなさい!燃やしちゃうわよ!」
  20. 挿入歌
  21. ルージュの伝言
  22. やさしさに包まれたなら

概要

興行収入は約41億円で、今もジブリの中で人気の高い作品である。配給収入は21.5億円で前作『となりのトトロ』の3倍以上を記録した。本作での魔法はあくまで「個人の特技の一種」という設定で、主人公のキキは、箒で空を飛ぶという魔法が唯一使える魔法で特技でもある。都会にやってきた少女が壁にぶつかりながら一人前になっていく、という所に焦点を当てた作品である。タイトルに含まれる「宅急便」はヤマト運輸の登録商標であったことから、映画制作の際に真っ先に同社にスポンサーを要請した。最初は難色を示したものの、黒猫が登場するということを知り、スポンサーになることを了承したという。

あらすじ

13歳になった少女キキは、古くからのしきたりである「魔女として生きることを決意した少女は、13歳の満月の夜に魔女のいない町を見つけて定住し、魔女の修行を積むべし」に従い、黒猫のジジと共に故郷を離れる。都会で海の見える街であるコリコに住むことを決めるが、田舎の故郷と違い街の人々はどこかよそよそしい。しかし、グーチョキパン店のおかみであるオソノさんと出会い、そこで宅配便の仕事を行うようになる。宅配の荷物を途中で落としてしまったり、大雨の中配達したり、とハプニングが起きるが、仕事を一生懸命に頑張るキキ。空に憧れ、キキに関心を持つトンボとも親しくなっていく。トンボと二人で出かけ、心を開くキキだが、以前配達先で冷たくしてきた女の子がトンボの友達だと知り、不機嫌になって帰ってしまう。その頃から箒で空を飛べなくなってしまい、キキはすっかり自信を無くす。落ち込むキキに追い打ちをかけるかのように、ジジと会話が出来なくなる。ある風の強い日、以前宅配の仕事を頼まれた老婦人の家に招かれる。そこで以前の仕事のお礼にチョコレートケーキをプレゼントされて思わずキキは涙ぐむ。ふとテレビを見ると、なんとトンボが飛行船につかまった状態でぶら下がっていた。キキはトンボを助けに行くのだが、キキは自分の箒が折れてしまっていた。デッキブラシに乗るのだが、なかなかうまく飛べず、悪戦苦闘する。最後には、トンボを無事助け出し、大勢の人から拍手喝采を浴びる。

登場人物

キキ(CV:高山みなみ)

%e3%81%8d%e3%81%8d

13歳の魔女。魔女の掟に従い、満月の夜に住んでいた町を離れる。ラジオの天気予報にて「満月の夜になる」という言葉を耳にし、その日の夜に旅立つ決心をする。海が近く、大都会であるコリコの街を気に入り、そこに住むことを決める。飛ぶことが唯一の取柄で、グーチョキパン店に居候し「魔女の宅急便」を開業。一度スランプに陥り空を飛べなくなるが、トンボを助けた際、再び飛べるようになる。

ジジ(CV:佐久間レイ)

%e3%82%b8%e3%82%b8

キキの相棒の黒猫。原作によると、魔女の家に女の子が生まれると、同じ月日に生まれた猫を探し、大切なパートナーとして共に育てるという風習がある。キキの魔法の力によって、ジジと会話をしている。少し生意気な性格。白猫のリリーと恋に落ちる。

トンボ(CV:山口勝平)

%e3%81%a8%e3%82%93%e3%81%bc

「トンボ」は愛称で、本名はコポリ。空に憧れを持ち、飛行クラブに所属していて、人力飛行機作りを研究している。空を自由に飛ぶキキに憧れ、積極的に話しかける。最初はキキに煙たがられていたが、次第に親しくなっていく。風邪になったキキを心配したり優しい少年。飛行船から落ちそうになっているところをキキに助けられる。

オソノさん(CV:戸田恵子)

%e3%82%aa%e3%82%bd%e3%83%8e

キキの居候先であるグーチョキパン店のおかみさん。キキを気に入り、住まないか、と提案する。親切で面倒見が良い。妊娠中。エンディングでは、無事出産し、スマートな姿になっている。

フクオ(CV:山寺宏一)

%e3%83%95%e3%82%af%e3%82%aa

オソノさんの夫。無口だが心優しいパン職人。キキのために、「魔女の宅急便」の看板を作ったりしている。

ウルスラ(CV:高山みなみ)

%e3%82%a6%e3%83%ab%e3%82%b9%e3%83%a9

19歳の画家。キキの宅配中の荷物を拾ったことがきっかけで親しくなる。森の中の小屋で絵を描いている。キキが落ち込んだ時、自分の小屋に招いてキキを励ます。声は、キキ役を演じる高山みなみの一人二役。

老婦人(CV:加藤治子)