『甲鉄城のカバネリ』解説まとめ【あらすじ・登場人物・名言・主題歌など(ネタバレあり)】

314484

WIT STUDIO制作。2016年4月より6月までフジテレビ『ノイタミナ』枠にて放送されたアニメ。
キャッチコピーは「死んでも生きろ」「貫け、鋼の心を」。
蒸気機関が発達した極東の島国・日ノ本でカバネと呼ばれる不死の怪物とカバネリ、人々の戦いを描く和風スチームパンク作品。

世界観

657489

物語は蒸気機関が発達した極東の島国・日ノ本(ひのもと)を舞台が舞台。
「スチームパンク」「時代劇」「バトルアクション」「ゾンビ」「ロードムービー」といった要素が込められている。
なお、タイトルの鋼鉄城とは主人公の乗る装甲機関車の名前である。
装甲蒸気機関車・甲鉄城に乗る人々と不死の怪物・カバネとの戦いが描かれている。

主人公の生駒は無名とカバネリとしてカバネと戦い、やがて将軍家の長男である美馬の策略に組み込まれていく。

「甲鉄城のカバネリ」PV

スタッフ

制作会社はアニメ版『進撃の巨人』を手がけたWIT STUDIOである。
アニメオリジナル作品として2016年4月よりフジテレビ『ノイタミナ』枠にて放送されていた。
監督は『進撃の巨人』同様に荒木哲郎が務め、シリーズ構成・脚本は『コードギアス 反逆のルルーシュ』などの大河内一楼、キャラクター原案は『超時空要塞マクロス』などの美樹本晴彦の担当であり、放送前からかなりの話題となっていた。

1462415212 1 22 a5ceda4675967e932b496c8a23b73d65

メイク前

1462415212 1 25 140daa56613002fca36699c230f73ed5

メイク後

特に美樹本晴彦は、今のアニメ作画に自分の作風が合うか不安であり「和田丈嗣プロデューサーと荒木監督からお話をいただいた時は『自分で大丈夫なのかな?』と思った」と語っていた。
また、美樹本晴彦の描いたキャラクターを美麗に画面に描きだすすため、イラストのディティールを再現するために、メイクアップアニメーターという役職が立てられた。
これまでは金属や銃に質感を足す「特殊効果」はあったが、動いているキャラクターに効果を施すメイクアップアニメーターは業界初になる。

あらすじ

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89

カバネは噛んだ人間をウィルス感染させ、同族に変えてしまう。
そんなカバネが蔓延る世界、極東の島国・日ノ本(ひのもと)では、人々は駅と呼ばれる砦、駿城(はやじろ)を建て暮らしていた。
生活手段は駅同士を装甲蒸気機関車で往来する、こうしてカバネから隔離された堅牢なインフラを整備することで人々は生き永らえていた。
しかし、砦のひとつである顕金駅に、カバネに乗っ取られた駿城が入ってしまい、カバネによる侵食が始まった。
顕金駅は破棄されることになり、僅かに生き残った住人達は甲鉄城で脱出しようと機関車に集まっていた。
そして、カバネリである無名と自らの研究でカバネリ化した生駒も脱出しようと人々の前に姿を現すが、カバネリという未知の存在に人々は畏怖し二人を迫害してしまう。

用語

カバネ

1460615052 1 22 fc1597c0b0eb077a35ab038616f4798a

人間に対して吸血行動をとり、攻撃的である。
身体能力は生前の何倍も強化されており、殺すには核となる「心臓被膜」を破壊する必要があるが、刀や通常の銃弾では貫通困難である。
噛まれた人間はウイルス感染し、同様にカバネとなってしまう。
いずれはカバネリもカバネ化してしまう。

ワザトリ

戦を重ね、刀や体術を駆使し戦い方法を学んだ特殊なカバネ。
それに加えカバネ特有の高い身体能力も健在であり、カバネリでも苦戦する相手である。

融合群体(ゆうごうぐんたい)

Ci5xx2jvaaejny2

黒煙り(くろけぶり)とも呼ばれる無数のカバネが集まった巨大な人型の物体。
人やカバネを吸収し、どんどん大きくなり、その力は一撃で砦の壁を破壊するほど。
また、物体から単体でカバネが飛び出し、攻撃してくるてくることもある。
青白く光る心臓となるカバネを倒せば、群体を霧散させることができる。

鵺(ヌエ)

Img04

カバネリを心臓にし、人工的に作られた融合群体。
カバネを狩る精鋭部隊「狩方衆」で研究が行われており、青白い液体を投与することにより作り出している。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

『乱歩奇譚 Game of Laplace』解説まとめ【あらすじ・登場人物・名言・主題歌など(ネタバレあり)】

推理作家「江戸川乱歩」が書き上げた作品群の中から「人間椅子」、「影男」、「怪人二十面相」、「ラプラスの島」などを題材として、主人公のアケチ、コバヤシ少年を中心に現代の世界観で起こった怪事件を解決していくアニメオリジナル作品である。 2015年7月~9月までフジテレビ「ノイタミナ」枠で放送された。アニメーション制作はLerche(ラルケ)。

Read Article

『うさぎドロップ』解説まとめ【あらすじ・登場人物・名言・主題歌など(ネタバレあり)】

うさぎドロップとは宇仁田ゆみによる日本の漫画作品。祥伝社「FEEL YOUNG」に2005年10月から2012年1月まで掲載。本編全9巻。番外編10巻。 2011年7月フジテレビ”ノイタミナ”にてアニメ放送。2011年8月に実写映画化。 祖父の葬儀で見知らぬ女の子に出会った独身30歳の男大吉と6歳の女の子りんの物語。

Read Article

『四畳半神話大系』解説まとめ【あらすじ・登場人物・名言・主題歌など(ネタバレあり)】

四畳半神話大系とは、森見登美彦による日本小説、及びそれを原作として制作、放送されたアニメ作品。 小説は単行本では2005年に太田出版から、文庫本では2008年に角川書店から刊行されている。 アニメは2010年に放送された。 そして森見登美彦原作の「夜は短し歩けよ乙女」の映画化を受け、2017年1月から特別放送が開始された。

Read Article

『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』解説まとめ【あらすじ・登場人物・名言・主題歌など(ネタバレあり)】

埼玉県秩父市を舞台にしたオリジナル作品。2011年4月から6月までフジテレビのノイタミナ枠でアニメが放送された。その後、漫画化、劇場化、実写ドラマ化されている。子供から大人に変わりかける過程で、幼馴染達がバラバラになっていたが、死んだはずの少女が現れることにより過去の出来事や想いを打ち明けていくことになる。少年少女の葛藤や傷を1人の少女を中心に過去から現在を描いていく。

Read Article

『図書館戦争』解説まとめ【あらすじ・登場人物・名言・主題歌など(ネタバレあり)】

2006年よりアスキー・メディアワークスより出版された有川浩の小説及びそれらを原作とする漫画、アニメ、実写化作品である。シリーズ作品であり、「図書館戦争」から始まる全4巻と外伝「別冊図書館戦争」全2巻で構成される。舞台は公序良俗を乱し人権を侵害する表現を規制する法律が制定された架空の日本。主人公笠原郁は不当な検閲から本を守るため、表現の自由を守るため図書隊員として戦う。

Read Article

『進撃の巨人』解説まとめ【あらすじ・登場人物・名言・主題歌など(ネタバレあり)】

諫山創による日本の漫画作品。圧倒的な力を持つ巨人とそれに抗う人間達の戦う姿を描いたダークファンタジー。「別冊少年マガジン」に連載されている。 アニメが2013年4月から9月まで放送され、BD&DVD第1巻は合計約7万7000枚を売り上げ、1万枚が成功ボーダーとされるアニメ業界で驚異的な記録になった。

Read Article

『海月姫』解説まとめ【あらすじ・登場人物・名言・主題歌など(ネタバレあり)】

海月姫とは、漫画家、東村アキコにより描かれた少女漫画である。講談社発行の雑誌であるKissにおいて連載されている。オタクでニートの女たち、通称”尼~ず”はレトロなアパートの天水館で自らの趣味に没頭して暮らしていた。その一員である主人公の月海はクラゲのクララをきっかけに女装男子の蔵之介と知り合い、天水館売却を阻止すべくクラゲモチーフのドレスデザイナーとして奮闘することになる。

Read Article

『僕だけがいない街』解説まとめ【あらすじ・登場人物・名言・主題歌など(ネタバレあり)】

三部けいによる漫画を原作とするアニメ作品。 2016年よりフジテレビ「ノイタミナ」枠にて全12話が放送された。 「再上映(リバイバル)」と呼ばれるタイムリープ能力を持つ主人公が、自分と周囲の人々を救うために、現在と過去を行き来するミステリー・サスペンス作品である。 終盤の11話の途中からは、原作とはやや違うオリジナルストーリーとなっている。

Read Article

『モノノ怪』解説まとめ【あらすじ・登場人物・名言・主題歌など(ネタバレあり)】

「モノノ怪」とは、2006年にフジテレビのノイタミナで放送されたアニメ「怪 〜ayakashi〜」の中の「化猫」編をスピンオフし、「モノノ怪」というタイトルで2007年に同じくノイタミナで放送されたオリジナルアニメーション。シリーズディレクターは「中村健治」で、スタイリッシュな和製ホラー作品。 人間の情念に憑いたあやかしが「モノノ怪」となり、主人公「薬売り」が退魔の剣でモノノ怪を斬っていく。

Read Article

『もやしもん』解説まとめ【あらすじ・登場人物・名言・主題歌など(ネタバレあり)】

石川雅之によって『イブニング』と『月刊モーニングtwo』にて連載された日本の漫画作品。『もやしもん(第1期)』、『もやしもん リターンズ(第2期)』としてテレビアニメが放送された。 細菌やウィルスを肉眼で目視でき、なおかつ菌と意思疎通までできる主人公、沢木 惣右衛門 直保(さわき そうえもん ただやす)のその不思議な力ゆえに巻き起こるどたばた学園物語である。

Read Article

『ハチミツとクローバー』解説まとめ【あらすじ・登場人物・名言・主題歌など(ネタバレあり)】

「ハチミツとクローバー」は羽海野チカにより宝島社、集英社に2000年から2006年にかけて連載された漫画作品。及びそこから派生するテレビアニメ、実写映画、テレビドラマである。「ハチクロ」という略称で親しまれる。 テレビアニメ第一期が2005年、第二期が2006年に放送された。 美術大学を舞台に、大学生達の報われない片思いや芸術への想いが描かれている。

Read Article

『銀の匙 Silver Spoon』解説まとめ【あらすじ・登場人物・名言・主題歌など(ネタバレあり)】

2011年より「週刊少年サンデー」で連載されている漫画及びそれらを原作とするアニメ、実写映画。著者は荒川弘。舞台は北海道の「大蝦夷農業高等学校(通称エゾノー)」。主人公の八軒勇吾は札幌の私立中学に通っていたが受験に失敗し、学力競争と父から逃れるため恩師の勧めもあり大蝦夷農業高等学校に進学する。農業未経験者の八軒は仲間たちと汗と涙と泥にまみれ、農業の厳しい現実にぶつかりながらも成長していく。

Read Article

『クズの本懐』解説まとめ【あらすじ・登場人物・名言・主題歌など(ネタバレあり)】

横槍メンゴによる漫画作品、及びそこから派生したアニメ、ドラマ作品である。「月刊ビッグガンガン」(スクウェア・エニックス刊)で2012年Vol.10から2017年Vol.04まで連載された。 報われない恋に悲しむ男女や、誰もが持ちうる孤独に苦しむ人間の姿、そしてその寂しさから抜け出し、未来を歩んでいく人々の強さを描いた作品である。

Read Article

『ピンポン』解説まとめ【あらすじ・登場人物・名言・主題歌など(ネタバレあり)】

ピンポンは、松本大洋による卓球漫画、及びそこから派生した実写映画、アニメ作品。 卓球を題材とし、登場人物達の友情や成長描く青春物語で、神奈川県藤沢市が舞台となっている。 週刊ビッグコミックスピリッツ(小学館刊)に1996年から1997年まで連載された。全5巻。 実写映画は2002年7月に劇場公開された。 アニメは2014年4月〜6月に放送された。全11話。

Read Article

『四月は君の噓』解説まとめ【あらすじ・登場人物・名言・主題歌など(ネタバレあり)】

四月は君の噓は、新川直司による漫画。全11巻完結。アニメ化、実写映画化もされている。あるテレビ番組ではワンピースで有名な漫画家、尾田英一郎も絶賛していた。 元天才ピアニストの主人公、有馬公生、秘密を隠しているヴァイオリニストのヒロイン、宮園かをりを中心とした中学生の学園青春ストーリー。

Read Article

アニメ『PSYCHO‐PASS』とは?人工知能が支配する近未来…凶悪犯罪を追う刑事達の物語をご紹介

平和なはずの社会に突如現れた凶悪な殺人犯たち。彼らは一様に「マキシマ」という男の名を口にする。しかしマキシマは、人工知能でも裁くことができないイレギュラーな存在だった…。人工知能が絶対正義となった社会で、刑事は葛藤する。コンセプトは「近未来SF・警察もの・群像劇」。ノイタミナの大人気アニメ『サイコパス』のあらすじや見所をご紹介。

Read Article

衝撃の死を遂げ、読者や視聴者を驚かせたキャラクターまとめ

アニメ、漫画の中でも安易な展開を避けたいがために死んでしまうキャラクターは星の数ほどいます。しかしそういう作品はキャラクターを殺すことで逆に安易な展開になってしまうものもあります。 そんな中でも、悲惨だったり、予想だにできない衝撃の死を遂げたキャラクターをまとめました。

Read Article

人工知能の支配は終わらない。シビュラの支配下で葛藤する刑事の物語『PSYCHO-PASS2』とは

一人前の刑事に成長した常守朱のみが知るシビュラシステムの秘密。人工知能と思われていたシビュラの正体は、凶悪犯罪者の脳だったのだ。恐ろしい事実を知りながら、それでも現状世界を維持することを決めた常守朱。しかし彼女の前に、新たな謎と事件が立ちふさがる。

Read Article

『PSYCHO-PASS(サイコパス)新編集版』追加シーンまとめ

【新編集版を見逃した方必見!!】サイコパス1期に無かったシーンが「新編集版」に追加されているのをご存知ですか?本編の補足を兼ねた追加シーンでは、分かりづらかったキャラクターの心理が細かく描かれています。狡噛と対峙する直前の槙島は何を考えていたのか?狡噛はどんな思いで事件捜査にあたっていたのか?などなど…。見れば見るだけ、本編の面白さが濃密に感じられる新規カットについて迫ります!

Read Article

いま話題のアニソンが続々!!『Aimer(エメ)』のPV/アルバム情報まとめ

顔出しNG?プロフィール非公開!? 謎に包まれた女性歌手Aimer(エメ)さんが歌い上げる音楽が今、熱い注目を浴びています!「EGOIST」や「凛として時雨」とのコラボ曲も続々と発表され、ファンの盛り上がりも増している今日この頃。アルバム収録曲を含むPVと共に、Aimerさんが持つ歌声の魅力を探っていきましょう。

Read Article

Contents