『トップをねらえ!』解説まとめ【あらすじ・登場人物・名言・主題歌など(ネタバレあり)】

G7

『トップをねらえ!』とは、1988年にGAINAXによって制作された庵野秀明初監督のSFロボットアニメ作品。主人公タカヤ・ノリコが、努力と根性で苦難を乗り越え成長しながら未曾有の脅威「宇宙怪獣」と戦っていく。OVAの金字塔とまで言われ、いまだに多くのファンに愛され続けている。キャッチフレーズは「炎の熱血友情ハードSF宇宙科学勇気根性努力セクシー無敵ロボットスペクタクル大河ロマン!!!!!」。

概要

トップをねらえ!(Aim for the Top GunBuster)とは、1988年にGAINAXが庵野秀明監督のもと制作しされたOVAのことである。
内容は王道のスポ根ロボットアニメだが、物語の終盤になるにつれてシリアス展開が多くなっていく。また、科学的な要素やパロディネタも多く詰め込まれていて、話数はたったの6話でありながら、非常に濃厚なストーリーとなっている。
そのクオリティは非常に高く、多くのOVAが制作された当時の1980年代の中でも「OVAの金字塔」とも呼ばれる名作である。
放送から30年以上もたった2011年にマンガ版が連載、発売されたり、ロボットゲーム「スーパーロボット大戦シリーズ」にも現在でも出演していたりと、緻密な設定や物語は現在でも人気を博していて、今でも多くのファンに愛される不朽の名作。

あらすじ

時代は2022年。人類は宇宙に進出するようになったが、地球は「宇宙怪獣」と通称される宇宙生物群 (STMC) による激しい攻撃を受けていた。
主人公タカヤ・ノリコは、沖縄に所在するパイロットの養成学校「帝国宇宙軍付属沖縄女子宇宙高等学校(通称:沖女)」に通い、マシーン兵器のパイロットとなることを目指していた。
しかし、ノリコはマシーン兵器が全く動かせず、「全滅娘」というあだ名をつけられ、陰湿ないじめを受けていた。
そんな時、高校の中から新設される宇宙軍の候補生を選抜するため、オオタと名乗るコーチが現れる。
彼はかなりのスパルタ指導で、マシーン兵器の使えないノリコを見かねて、数多くの試練を与えた。
マシーン兵器の使えないノリコは、マシーン兵器でこなすべきトレーニングを、一度は挫折したものの根性を見せ、なんとすべて生身でクリアした。
その翌日、ノリコは驚きの光景を目の当たりにする。
宇宙軍の候補生が決定され、そこには「タカヤ・ノリコ」の文字があった。
納得のいかない生徒たちからの反発を努力で乗り越え、候補生として学校内で認められたノリコは、ついに宇宙へと進出する。
そこでは天才ユングとの出会い、宇宙での訓練、そして宇宙怪獣との二度にわたる戦闘など、様々な出会いや苦難が待ち受けていた。
ノリコはその中で、苦悩や涙を味わいながらも、強く成長していく。
そして強く成長したノリコは、オオタから二人乗りの最強のマシーン兵器、ガンバスターを授かることになる。
パートナーのカズミと共に、ノリコは宇宙怪獣を殲滅するための戦いに身を投じていく。

キャラクター紹介

タカヤ・ノリコ(CV.日髙のり子)

G2

物語の主人公。
父親が宇宙パイロットだったため、その姿に憧れ自身も宇宙パイロットを目指しているが、才能は全くなくマシーン兵器の操縦もからっきし。
父親の所属する艦隊が宇宙怪獣との戦闘により全滅したこともあり、父親の不名誉とノリコ自身の才能のなさから、「全滅娘」という不名誉なあだ名をつけられていた。
しかし、並大抵ではないずば抜けた根性があり、その根性はマシーン兵器で行う特訓を生身で成し遂げるほど。
そして、その努力と根性で次第に大きく成長していくことになる。

アマノ・カズミ(CV.佐久間レイ)

G3

沖女生徒の一人で、候補生選抜においてもう一人の候補に選ばれた生徒。
パイロットとしての能力は学校内トップ、世界的にもトップクラスの実力者。
また、人当たりがよく学業成績も優秀で、学校内ではノリコを含む多くの生徒に「お姉様」と慕われている。
しかし、その実力は一朝一夕に身についたものではなく、日々の努力と、それに耐え抜く根性の結晶である。
最初はノリコの実力を疑っていたものの、ノリコの成長を見て、徐々によきパートナーとして認めていく。

ユング・フロイト(CV.川村万梨阿)

G4

ノリコたちが宇宙に上がり出会った候補生の一人。ソビエト連邦出身。
天才と名高い実力者で、その実力はカズミと対等に渡り合えるほど。
カズミとは良きライバル同士で、その実力をお互い認めている。
また、カズミのほかにもノリコのことも気にかけていて、2人のことを支える理解者でもある。

オオタ・コウイチロウ(CV.若本規夫)

G5

沖女に転任してきたコーチで、沖女の中から新設される宇宙軍の候補生を選抜するため転任してきた。
かなりの鬼教官で、生徒たちやノリコにも非常に過酷な試練を課す。
その正体はノリコの父であるタカヤ提督の部下で、当時の艦隊の数少ない生き残りの一人である。その時の怪我により右目を失明している。
一見冷徹そうな性格だが、その心は炎のように熱く、その熱い心でガンバスターを開発した。

用語解説

マシーン兵器

G8

宇宙軍が宇宙怪獣と戦うために作ったロボット。名称は「RX-7」、また、ノリコは「ナウシカ」、カズミは「ジゼル」など、各機に愛称がついている。
主な武装はプラズマソード、プラズマランサー、プラズマビアンキなどの近接武器を中心に、スプレーガンや、緊急時の自爆用にカルフォルニウム核弾頭が搭載されている。
本編では各機カラーリングや特徴が違うものの、ほぼすべてのキャラクターが使用した。画像はノリコのマシーン兵器。

ガンバスター

G1

オオタが計画、開発した、最強のマシーン兵器。
全高240m、重量は9600トンと驚異の巨体を誇るが、光速の99.9%の速度を出すことが可能で、ワープを使えば光速以上の速度で移動ができる。
バスターマシン1号と2号があり、その2機が合体してガンバスターとなる。
そのため、その力を完全に発揮するためには、息の合った抜群のチームワークを持つ二人が必要となるが、一応一人での操作も可能。基本的にはバスターマシン1号のパイロットがガンバスターを操縦、2号のパイロットは火器管制などのサポートとなる。
主な武装はマイナス1億度の冷凍ビームを放つバスタービーム、指から光子魚雷を発射するバスターミサイル、触れた敵の慣性を無効化するイナーシャルキャンセラーなどがある。必殺技は急上昇してからフルパワーで急降下してキックを叩き込む「スーパーイナズマキック」。また、これ以外にも様々な武装があり、中には原作では出ていないが設定上存在し、スーパーロボット大戦シリーズでのみ使用可能な技など(バスターホームラン、バスタートマホーク)もある。
1号はノリコ、2号はカズミ、ユングが操縦した。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

『風の谷のナウシカ』解説まとめ【あらすじ・登場人物・名言・主題歌など(ネタバレあり)】

1984年トップクラフト制作の日本アニメーション映画で、宮崎駿監督の長編アニメーション映画第2作である。原作は「アニメージュ」に連載していた宮崎の同名漫画『風の谷のナウシカ」。遥か遠い未来、近代文明が崩壊し「腐海(ふかい)」と呼ばれる菌類の森に世界は覆われていた。その辺境にある「風の谷」で生き抜く少女の生き様を描く。

Read Article

『トップをねらえ2!』解説まとめ【あらすじ・登場人物・名言・主題歌など(ネタバレあり)】

トップをねらえ2!(Aim for the Top2! DIEBUSTER)とはGAINAXの設立20周年記念作品として制作され、2004年11月から発売されたたOVA作品。1988年に制作されたOVA作品「トップをねらえ!」の続編になる。 物語は、宇宙パイロットを目指すアンドロイドのノノが、ひょんなことから宇宙の最前線で戦うパイロットのラルクと出会うところから始まり、宇宙怪獣との戦いを描く。

Read Article

『天空の城ラピュタ』解説まとめ【あらすじ・登場人物・名言・主題歌など(ネタバレあり)】

1986年公開、スタジオジブリ作品。宮崎駿氏が監督、脚本、原作を手掛けた長編アニメです。飛行石という不思議な石を持つシータと、彼女を助けた少年パズー。空に浮かぶとされる島ラピュタ発見を夢見て、飛行機を作っていたパズーはシータと共にラピュタ探しを提案します。そこに空中海賊、政府軍などが飛行石、そしてラピュタを狙い介入。ただの冒険活劇でないところが、数十年経っても衰えない人気を誇っています。

Read Article

『となりのトトロ』解説まとめ【あらすじ・登場人物・名言・主題歌など(ネタバレあり)】

1988年公開。昭和30年代、緑豊かな農村に引っ越してきた草壁さつき、メイの姉妹は奇妙な生き物トトロと出会います。ネコバスも含め、子供の時にしか会えない彼らとの交流、そして少しの成長を描いたもの。爽やかな自然の描写と、それに相反する多くの暗い都市伝説を持つ作品でもあります。宮崎駿の原作、脚本、監督アニメ映画。

Read Article

『ふしぎの海のナディア』解説まとめ【あらすじ・登場人物・名言・主題歌など(ネタバレあり)】

「ふしぎの海のナディア」とは1990年から1991年までNHKによって放送されたテレビアニメ。この作品は「海底二万マイル」を原作としており、庵野英明が総監督を務めていました。19世紀を舞台としており、ナディアを巡ってノーチラス号と世界制服を企むネオ・アトランティスの戦いを描いたアニメです。

Read Article

『思い出のマーニー』解説まとめ【あらすじ・登場人物・名言・主題歌など(ネタバレあり)】

イギリスの作家ジョーン・G・ロビンソンの古典的名作「思い出のマーニー」をスタジオジブリ制作・米林宏昌監督により2014年に劇場アニメ化。内気な少女杏奈は喘息の療養のため夏休みの間だけ釧路に住む事になった。そこにあった湿っ地屋敷と呼ばれる廃墟で不思議な少女マーニーと出会う。

Read Article

『千と千尋の神隠し』解説まとめ【あらすじ・登場人物・名言・主題歌など(ネタバレあり)】

2001年の夏に劇場公開されたジブリの長編アニメーション映画。この映画は千尋と言う10歳の少女が神々の世界に迷い込んでしまう物語である。興行収入は300億円を超える業績を生み出し、2003年にはアカデミー賞を受賞した。まさに大作中の大作である。その名作ぶりは2016年のイギリスBBCの投票で、「21世紀の偉大な映画ベスト100」の4位に選ばれたほど。

Read Article

『魔女の宅急便』解説まとめ【あらすじ・登場人物・名言・主題歌など(ネタバレあり)】

『魔女の宅急便』は、1989年に公開されたスタジオジブリ制作のアニメーション映画。キャッチコピーは「おちこんだりもしたけれど、私は元気です」。13歳の魔女キキは満月の夜に自分の住む街を出て、海の向こうの街コリコにたどり着く。そこで「魔女の宅急便」を開業し、挫折を味わい、成長していく。角野栄子の『魔女の宅急便』が原作で、映画では原作よりファンタジー性が抑えられているのが特徴。

Read Article

『めだかボックス』解説まとめ【あらすじ・登場人物・名言・主題歌など(ネタバレあり)】

原作:西尾維新、作画:暁月あきら。 週刊少年ジャンプに掲載、コミック全22巻。ジャンル「学園異能インフレ言語バトル漫画」。 ありとあらゆる事を完璧に出来る、黒神めだかが生徒会長となり学園の問題を仲間達と解決していく物語。超人を人為的に作り出す「フラスコ計画」編から「能力者」と呼ばれるキャラがめだかと戦う。原作者は「物語シリーズ」で有名、キャラの独特な名前、推理、言葉遊び、パロディが豊富。

Read Article

『紅の豚』解説まとめ【あらすじ・登場人物・名言・主題歌など(ネタバレあり)】

『紅の豚』は、スタジオジブリ制作・宮﨑駿監督による日本の長編アニメーション作品。 舞台は世界大恐慌に揺れるイタリア・アドリア海。自分自身に魔法をかけて豚の姿になったイタリア人・マルコが偽名「ポルコ・ロッソ」を使い、飛行艇を乗り回す空中海賊「空賊」たちを相手に、賞金稼ぎとして空中戦を繰り広げる。

Read Article

『もののけ姫』解説まとめ【あらすじ・登場人物・名言・主題歌など(ネタバレあり)】

もののけ姫とは、宮崎駿、スタジオジブリ原作の長編アニメーション映画作品である。 1997年7月12日全国公開され、1998年の春先までロングラン上映を実施した映画館もあったことで、 興行収入193億円を記録し、20世紀日本映画歴代興行収入第1位となった。 アシタカという人間ともののけに育てられたサンが出会い、人間と自然の対立を描いた壮大な作品になっている。

Read Article

『崖の上のポニョ』解説まとめ【あらすじ・登場人物・名言・主題歌など(ネタバレあり)】

「崖の上のポニョ」とは、宮崎駿監督によるスタジオジブリ製作の長編アニメーション映画作品。2008年に公開された。藤岡藤巻と大橋のぞみが歌うエンディング主題歌「崖の上のポニョ」は、オリコン週間3位になり話題になった。崖の上の一軒家に住んでいた5歳児の少年「宗介」は、海で魚の女の子「ポニョ」に出会う。ポニョは宗介に恋をし、人間になろうとするのであった。

Read Article

『シン・ゴジラ』解説まとめ【あらすじ・登場人物・名言・主題歌など(ネタバレあり)】

2016年7月29日より公開された空想特撮映画。脚本・編集・総監督は、アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」で有名な庵野秀明。監督・特技監督は、漫画「進撃の巨人」の実写版を作った樋口真嗣。東宝製作のゴジラシリーズとしては12年ぶり、29作品目となる。 東京湾より突如現れた巨大不明生物ゴジラに対し、日本政府が立ち向かっていく様を描く。 キャッチコピーは「現実(ニッポン)対 虚構(ゴジラ)」

Read Article

『ハウルの動く城』解説まとめ【あらすじ・登場人物・名言・主題歌など(ネタバレあり)】

「ハウルの動く城」とは宮崎駿監督、スタジオジブリ製作の日本の長編アニメーション映画作品である。2004年11月20日に全国公開され、興行収入は196億円。スタジオジブリ製作アニメでは「もののけ姫」を抜き、「千と千尋の神隠し」に次ぐ第2位の記録を樹立した。 物語は魔法と機械が混在する架空の世界が舞台。呪いで老婆にされた少女ソフィーと魔法使いハウルの戦火の恋を描く。

Read Article

『猫の恩返し』解説まとめ【あらすじ・登場人物・名言・主題歌など(ネタバレあり)】

『猫の恩返し』とは、2002年に上映されたスタジオジブリのアニメーション映画作品。監督は森田宏幸。本作は、同じくジブリ作品である「耳をすませば」の主人公「月島雫」が書いた物語という、ジブリでは珍しいスピンオフ作品。主人公「住吉ハル」は車に轢かれそうになった猫を助けた事が原因で、猫の国へ連れて行かれる事になってしまう。ハルが助けを求めたのは猫の事務所の主「バロン」であった。

Read Article

『耳をすませば』解説まとめ【あらすじ・登場人物・名言・主題歌など(ネタバレあり)】

「耳をすませば」は、1995年に公開されたジブリ映画。原作者は柊あおいである。この映画は、ジブリ作品を作画で支えていた近藤善文の最初で最後の監督作品で脚本・絵コンテは宮崎駿が担当している。ストーリーは、主人公「月島雫」を中心に恋や夢、悩みなどを描いている。誰もが一度は経験したことがある甘酸っぱい青春ストーリーで未だに人気の高い作品だ。

Read Article

新世紀エヴァンゲリオン・ヱヴァンゲリヲン新劇場版の機体とパイロットまとめ

『新世紀エヴァンゲリオン』とはGAINAXによるアニメ作品、及びそこからメディア展開された作品である。14歳の少年少女が、巨大な人造人間エヴァンゲリオンに乗り込み、使徒と呼ばれる謎の敵と戦うのが主軸。そこに聖書や心理学の要素を絡めた実験的な作風や人間ドラマが人気を呼び、社会現象にまでなった。2007年には「再構築」として『エヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズが公開。今尚アニメ界で異彩を放つ作品。

Read Article

「ふしぎの海のナディア」総監督はあのエヴァンゲリオンの庵野秀明!

「ふしぎの海のナディア」は、NHKで1990年4月13日から1991年4月12日にかけて、 放送されたテレビアニメです。全39話の大長編です。 この時代だから出来た長編アニメたっだかもしれませんね。 総監督はあのエヴァンゲリオンの庵野秀明、 キャラクターデザインは貞本義行が手掛けた当時の超話題作です。

Read Article

アニメ・漫画に出てくる、見ているだけでよだれが出てくる美味しそうな食べ物たち

アニメ・漫画で度々登場するのが、食べ物のシーン。しかし食べ物は現実、色のグラデーションや光の吸収率や反射率などがまちまちで、絵として表現するのは至難の技なのです。けれども、そんな中でもその独特な食べ物たちを極めて美味しそうに書いたアニメや漫画があるのです。今回はそんなシーンにこだわって、たくさんの美味しそうな食べ物をまとめてみました。

Read Article

ジブリを「音」で支えた天才アーティスト・久石譲のジブリ名曲集

みなさん、「久石譲(ひさいし じょう)」という方をご存知だろうか?編曲家、指揮者、ピアニストでもあり作曲家でもある彼が世に生み出すのは、自然と心に染み渡ってくる美しい音楽である。中でも一際人々の心を掴んでやまないのが、ジブリの長編アニメーション音楽だ。今回は、宮崎駿監督の作品に29年間提供し続けてきた久石譲さんの「音楽」の世界について迫る。

Read Article

Contents