目次

  1. なぜ、芸能人は小説を書くのか?
  2. NO.1 又吉直樹
  3. NO.2 千原ジュニア
  4. NO.3 加藤シゲアキ

なぜ、芸能人は小説を書くのか?

「芸人にとってギャップの要素が加わることでブレークするきっかけとなる。小説を出すことで『文才がある』『インテリ』という印象がつき、芸の幅や出演番組も広がる。そこそこ名前のある芸人なら『作家』という肩書がついて損はない」

出典: BYUS.ME

小説出版前に顔と名前が売れているので、確かに売り出しはしやすいのでしょう。
昨今の出版業界は超・不況と言われています。そんな中で芸能人が出版をすることは話題作りとなります。
結果として出版業界が潤い、小説を出した芸能人は人気が出て出演の幅が広がる......といったふうに
双方に利益をもたらしやすいと言えるでしょう。

NO.1 又吉直樹

Images  4

やはり今話題の人といえばこの人。
もともと読書が大好きで、2011年に『第2図書係補佐』という書評本も出版しています。
これがまた大好評だったとのこと。

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89  13

2015年6月末現在、芥川賞にノミネートされている又吉さんの『火花』。
彼の場合、芸能人で名が通っているから小説を出した、という感じではなく
本や小説が大好きで、それが高じて現在に至るように思えます。

NO.2 千原ジュニア

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89  14

7年ほど前ではありますが、千原ジュニアさんも自伝的小説を出版しています。
当時は非常に話題になって売れていたので、記憶に残っている方も多いのではないでしょうか?
自分自身の引きこもり体験をもとにした小説です。

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89  15

この『3月30日』については、第25回織田作之助大賞の候補作にもなっています。
最近はあまり作家としては活動していないようですが、
また新作が読めるといいですよね。

NO.3 加藤シゲアキ

15315498

NEWSの加藤シゲアキさん。
小説を何作か出している他に、青山学院大学を卒業している秀才としても知られています。

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89  17

2012年に『ピンクとグレー』でデビューした加藤さん。
芸能界を舞台にして、ステージに魅了された幼馴染の二人の青年の愛と青春を描いた作品です。
「アイドル作家だから、と毛嫌いするのはもったいないと言われる加藤さんの作品。
今でもコンスタントに作品を出し続けているので、その実力がジャニーズの加藤さんとある程度切り離して語られれば良いな、と思います。

芸能人の方々が小説を出すのは、「売れる目的」「利益が欲しい」ということだけでなく
「自分を表現したい」という想いが強いからなのかな、と考えます。
すでに表現者として活躍しているからこそ書ける文章もあるのでしょう。