目次

  1. 1. 宮部みゆき
  2. NO.2 伊坂幸太郎
  3. NO.3 海堂尊

1. 宮部みゆき

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89  9

1960年生まれ。東京都出身。
東京都立墨田川高校卒業。
法律事務所等に勤務の後、87年「我らが隣人の犯罪」でオール讀物推理小説新人賞を受賞してデビュー。
1992年 「龍は眠る」で第45回日本推理作家協会賞長編部門、
同年「本所深川ふしぎ草紙」で第13回吉川英治文学新人賞。
1993年 「火車」で第6回山本周五郎賞。
1997年 「蒲生邸事件」で第18回日本SF大賞。
1999年 「理由」で第120回直木賞。
2001年 「模倣犯」で毎日出版文化賞特別賞、第5回司馬遼太郎賞 、
第52回芸術選奨文部科学大臣賞文学部門をそれぞれ受賞。
2007年 「名もなき毒」で第41回吉川英治文学賞受賞。
2008年 英訳版『BRAVE STORY』でThe Batchelder Award 受賞。

経歴を見てもわかるように、活躍期間が20年以上に及んでいるのが宮部氏のすごいところ。
筆者は現在30代ですが、『火車』『蒲生邸事件』『模倣犯』は20代初めの頃に読んでいます。
当時の印象は「ファンに男性が多いな」ということ。もちろん女性ファンも周りにはいましたが
女性の大衆文学作家で、男女ともに読まれている作家さんは少ないのではないでしょうか。

A4fb8425cd19033f465cd47d09504b62

最新作は、『過ぎ去りし王国の城』
こちらのカバーイラストを黒板アートで描いたのは、ひとりの女子高校生。
Twitterで話題沸騰となり、宮部さんがオファーしたということで
内容以外にこちらも話題になっています。

NO.2 伊坂幸太郎

Tky200804150099

1971年生まれ
千葉県松戸市出身
宮城県仙台市在住
東北大学法学部卒業

受賞歴
1996年 第13回サントリーミステリー大賞佳作(『悪党たちが目にしみる』、大幅に改訂されて『陽気なギャングが地球を回す』として祥伝社から出版)
2000年 第5回新潮ミステリー倶楽部賞(『オーデュボンの祈り』)
2004年 第25回吉川英治文学新人賞(『アヒルと鴨のコインロッカー』)
2004年 第57回日本推理作家協会賞 短編部門(『死神の精度』)
2006年 平成17年度宮城県芸術選奨 文芸(小説)部門
2008年 第21回山本周五郎賞、第5回本屋大賞(『ゴールデンスランバー』)

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89  10

筆者の印象ですが、20代前半くらいまでの世代に絶大な人気を誇っているように思います。
しみじみした文章や軽妙な言い回しに定評があり、実力派ミステリー作家のひとりなのです。

NO.3 海堂尊

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89  11

第4回『このミステリーがすごい!』大賞受賞作『チーム・バチスタの栄光』(宝島社)にて2006年デビュー。
他の著作
『ナイチンゲールの沈黙』/『ジェネラル・ルージュの凱旋』
『ジェネラル・ルージュの伝説』
『イノセント・ゲリラの祝祭』(以上、宝島社)、
『ジーン・ワルツ』(新潮社)、『極北クレイマー』(朝日新聞出版)など。
『死因不明社会』(講談社)で第3回科学ジャーナリスト賞受賞。
最新刊に『外科医 須磨久善』(講談社)。

外科医、病理医を経て現在、
独立行政法人放射線医学総合研究所
重粒子医科学センターAi情報研究推進室室長

言わずと知れた『チームバチスタの栄光』の作者。
仲村トオル主演のテレビドラマも大ヒットしています。
元々の本業である医師の資格と経験を活かして、医療の現場におけるディープな人間関係を抱くのが得意技です。

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89  12

菅野美穂主演でドラマ化された『ジーン・ワルツ』。
さまざまな事情を抱えた妊婦が登場し、それぞれの人生が描かれていきます。
この作品、現代の日本が抱える妊娠・出産の問題に大胆に切り込んでいます。
医療は技術と倫理の境目で揺れ動くのが常ですが、「自分ならどうするか」を考えさせられる作品です。