目次

  1. あらすじ
  2. 用語
  3. もやしもん
  4. かもすぞ~
  5. 主要登場人物
  6. 沢木 惣右衛門 直保(さわき そうえもん ただやす)
  7. 結城 蛍(ゆうき けい)
  8. 長谷川 遥(はせがわ はるか)
  9. 及川 葉月(おいかわ はづき)
  10. 武藤 葵(むとう あおい)
  11. 美里 薫(みさと かおる)
  12. 川浜 拓馬(かわはま たくま)
  13. 樹 慶蔵(いつき けいぞう)
  14. マリー
  15. 田中 恭子(たなか きょうこ)
  16. 作品に登場する菌たち
  17. A・オリゼー(Aspergillus oryzae)
  18. A・ソーエ(Aspergillus sojae)
  19. B・ナットウ(Bacillus subtilis var. natto)
  20. C・トリコイデス(Cladosporium trichoides)
  21. E・コリ(Escherichia coli)
  22. P・クリソゲヌム(Penicillium chrysogenum)
  23. L・ヨグルティ(Lactobacillus yogurti)
  24. S・セレビシエ(Saccharomyces cerevisiae)
  25. ヒオチ菌 (Lactobacillus)
  26. A・アセチ
  27. O-157
  28. 作中の大イベント・「某農業大学の春祭」
  29. 春祭のルール
  30. 三馬鹿トリオ(直保、美里、川浜)にせまる襲撃班
  31. 春祭の終結
  32. もやしもんリターンズの大イベント・「農大収穫祭」
  33. 昼の収穫祭
  34. 夜の収穫祭
  35. 収穫祭後夜祭
  36. フランスへ
  37. マリーのワイン造り
  38. 印象的な発酵食品
  39. キビヤック
  40. ホンオフェ
  41. シュールストレミング
  42. もやしもん OP / ED 動画
  43. オープニングテーマ「カリキュラム」 / 依布サラサ
  44. エンディングテーマ「Rocket」 / POLYSICS
  45. もやしもんリターンズオープニングテーマ「Wake Up」/ ClariS
  46. もやしもんリターンズエンディングテーマ「最近-サイキン-」/ひいらぎ

あらすじ

%e3%82%82%e3%82%84%e3%81%97%e3%82%82%e3%82%932nd

肉眼ではみることができないミクロレベル、ナノレベルの細菌やウィルスを目視でき、あまつさえ意思疎通までできる不思議な力をもつ種麹屋の息子、沢木 惣右衛門 直保(さわき そうえもん ただやす)。直保と幼馴染の結城蛍(ゆうきけい)が、直保の祖父の古くからの友人であり教授でもある樹慶蔵(いつきけいぞう)が勤める、東京に所在するという「某農業大学(これが正式な名称である)」に入学した。
大学院生の長谷川遥(はせがわはるか)とゼミ生の武藤葵(むとうあおい)。
日本酒の密造に失敗したあげく部屋の修理代などの代金として総額10,285,000円(税込)を請求されることになった2年生の美里薫(みさとかおる)と川浜拓馬(かわはまたくま)。
ただの通りすがりのはずが樹から「単位をひとつあげるから」と研究に参加することになった1年生の及川葉月(おいかわはづき)。
これらのメンバーが織り成す、細菌やウィルスに関係したどたばた学園物語である。

用語

もやしもん

『もやしもん』とは古くから酒造会社が種麹のことを「もやし」と呼ぶ習慣から。その種麹を専門に扱う家業の息子である直保が主人公であることから「もやし屋」の息子「もやしもん」となっている。ちなみに、味噌や醤油を醸造する会社にはこういう呼称の習慣はないという。
ちなみに、もやしとは菌の胞子が伸び行く様を、草花の芽吹きと同一視した「萌える」がなまった言葉であるという。

かもすぞ~

よく菌たちがしゃべる『かもすぞ~』は「醸す、かもす」「増殖する」「発酵もしくは腐敗」のことであり、本作品を象徴するフレーズである。ちなみに、これら菌たちは直保にしか見ることも会話することもできないしあくまで直保主観による姿である。
ちなみに、かもす、とは黴す、かびす、が語源らしい。

主要登場人物

沢木 惣右衛門 直保(さわき そうえもん ただやす)

Chara01

沢木 惣右衛門 直保(さわき そうえもん ただやす)声 - 阪口大助

主人公。農学部1年。種麹屋「もやし屋」の次男で、惣右衛門は家業の屋号。通常は屋号は名前にはつけずに「沢木直保」となる。ミクロ、ナノレベルの細菌やウィルスが肉眼で目視できるほか、会話、意思疎通まで行い、菌をつまむことまでできる。さらに、菌に指示まで出せる摩訶不思議な力をもっている。しかし、子供の頃から周囲の理解は皆無で馬鹿にされたり、変わり者扱いを受け、さらに両親にすらまったく理解されなかったため人とのかかわりが苦手。ただし、祖父と蛍は理解者。
幼馴染の蛍と一緒に「某農業大学」に入学し、祖父の友人であり大学の教授でもある樹に、細菌を目視できる能力を「透過型電子顕微鏡一式。3億(円)の価値がある」と利用される形で樹研究室のメンバーに。
ちなみに、直保に見える菌たちは実際の菌の姿とは違いかなり大きく顔があったりするし言葉も発する、直保の主観的な姿となっている。
第10話で、ゴスロリファッションに身を包んで女装した蛍にキスされたときは驚きのあまり、菌を知覚する能力を喪失した。直保にとって菌を知覚する能力を失うということは、ただのチビの大学生になってしまい存在価値を失うということであり、自分はこの大学生活で「チャラくて楽しい東京のキャンパスライフ」が送りたかったのか悩む。しかし、直保の呼びかけに応じてパンに「さわき」の字を形作った菌たちの存在に心を動かされ、悩みの結論は保留しとにかく菌の研究に励むことを目指す。

結城 蛍(ゆうき けい)

Chara02
Kei

結城 蛍(ゆうき けい)声 - 斎賀みつき

農学部1年。沢木の幼馴染であり彼の能力に理解がある一人。生家は造り酒屋で、子供の頃直保と一緒に「火落ち菌」が原因で醸造していた日本酒が壊滅、責任を感じた杜氏(とうじ、とじ。日本酒の醸造を行う職人達、すなわち蔵人の頭目であり酒蔵の醸造責任者)が自殺してしまった場面に遭遇してしまったことから火落ち菌を「僕の敵です」と酷く憎んでいる。直保より醸造や醗酵食品などについて詳しい。第5話で、日吉酒店で日本酒がぞんざいに扱われているのを(実際は中身はただの水道水だったが)怒って指摘していた。
登場時は普通の男子だったが、樹教授にだけは相談して直保にも内緒で休学し、やがて第10話ではゴスロリファッションに身を包んで完璧に女装した格好で日吉酒店でバイトする姿を直保に見つけられ、対して驚かない様子の直保にキスをする。女装の心境を直保に問われると、もともと中性的な顔立ちで子供の頃は女みたいと言われて怒っていたが「やだやだと思っている事の裏側に真理が隠れているかもしれない」と、大学にいる間は自身の可能性を広げるために女装したと説明した。

長谷川 遥(はせがわ はるか)

Chara03

長谷川 遥(はせがわ はるか)声 - 大原さやか

「某農業大学」大学院生(博士課程在学)。樹教授の助手的存在。スタイルもよい美女だが、かなり面積が少ないボンデージファッションに身を包み、非常に暴力的で感情が高まるとムチ打つ女王様のごとき人物。
直保の菌が見える能力を当初は相当疑い、各種菌が培養されたシャーレを山のように取り出しどんな菌か同定させていた。自身が築き上げてきた知識と経験を特殊能力のみで凌駕せんとする直保に強烈な敵意をもっていた。しかし、樹教授の「貴重な実験体にへそをまげられちゃ元も子もないじゃないか」というかなり露骨な説得によって矛を収める。思ったことをすぐ口にするタイプで、直保にきつくあたるため本人は自己嫌悪を感じてはいる。
家は大富豪で許嫁までいて大学卒業をもって結婚させられるのを嫌がり、結婚を先延ばしにさせんがため大学院にまですすんで研究に没頭している。親の決められたレールの上の人生に窮屈さを感じ、そういったしがらみがない美里、川浜などに魅力を覚えるのか、物語当初は侮蔑していたが徐々に距離を縮めつつある。また、酒には強い体質ではなく、ある一定量以上を飲酒すると完全に前後不覚に陥る。その際、近くにいた美里に絡んでいた。当人は酒乱を「甘え癖」と主張している。
もやしもんリターンズにて、許婚の龍太と結婚の為フランスに婚前旅行にきていたのだが、両者ともおざなりな結婚を求めてはいないことに気づき、許婚を解消する。

及川 葉月(おいかわ はづき)

Chara04

及川 葉月(おいかわ はづき)声 - 神田朱未

農学部1年。沢木と同じクラスに所属する。ただの通りすがりだったはずが、韓国の発酵食品ホンオフェを抱えて研究室に登場後、単位をエサに樹教授の研究に参加、なし崩し的にそのまま研究室に落ち着くことに。潔癖症で“自治寮”と看板がある美里と川浜が下宿する大学寮を訪問したときはかんしゃくをおこして部屋を大掃除、除菌スプレーを噴射させまくった。直保とカーペットを買いにいった帰りに電車に乗ったときは菌だらけだ、とつり革につかまることを嫌がり、部屋の中は除菌グッズがいっぱいで常日頃から清潔にしている。
また、菌が知覚できるという直保の特殊な力を、樹研究所に出入りする人間の中では唯一まったく理解していない。
ちなみに、恋愛対象はオヤジ。

武藤 葵(むとう あおい)

Chara05