『ゆらゆら帝国』解説まとめ【経歴・人物(メンバー)・アルバム・代表曲など】

Img 1

1990年代後半のメジャーデビューから、サイケデリックなロックで独特な世界観を表現し続けたスリーピースバンド・ゆらゆら帝国。
他のバンドには真似できない、高い演奏力とナンセンスな歌詞世界で人気を博したが、2010年、惜しまれつつも解散してしまった。

『ミーのカー』

2

1. うそが本当に
2. ズックにロック
3. アーモンドのチョコレート
4. 午前3時のファズギター
5. ボーンズ
6. 人間やめときな’99
7. ハチとミツ
8. 悪魔がぼくを
9. 太陽のうそつき
10. 星ふたつ
11. 19か20
12. ミーのカー

1999年にリリースされた2ndアルバム。
メジャーデビュー前のアルバムに収録していた『人間やめときな』を再録している。
また、タイトル曲『ミーのカー』は25分を超える大作。

『ゆらゆら帝国III』

29f331e29fa0c4a6c88d5110 l

1. でっかいクエスチョンマーク
2. ラメのパンタロン
3. 幽霊の結婚式
4. 待ち人
5. ゆらゆら帝国で考え中(Album Version)
6. 男は不安定
7. 砂のお城
8. 頭異常なし
9. 頭炭酸
10. 少年は夢の中

2001年にリリースされたメジャー3rdアルバム。
一般に一番知名度の高い『ゆらゆら帝国で考え中』を収録している。
オリコン最高位は15位であり、バンド史上で最も高い順位となった。

『ゆらゆら帝国のしびれ』

Yura yura no shibire

1. ハラペコのガキの歌
2. 時間
3. 侵入
4. 誰だっけ?
5. 傷だらけのギター
6. 夜行性の生き物3匹
7. 貫通 (アルバムバージョン)
8. 機械によるイジメ (インストゥルメンタル)
9. 無い!!

2003年にリリースされたメジャー4thアルバム。
『ゆらゆら帝国のめまい』と同時リリースとなっている。
今まで以上にエレクトロニカ的な音が入り込み、近未来的な雰囲気を醸し出したアルバムとなっている。

『ゆらゆら帝国のめまい』

31610990 500 500

1. バンドをやってる友だち
2. ドア
3. 恋がしたい
4. 通りすぎただけの夏
5. とある国
6. からっぽの町
7. ボタンが一つ
8. 冷たいギフト
9. 星になれた

2003年にリリースされたメジャー5thアルバム。
『ゆらゆら帝国のしびれ』と同時リリースだった。
メランコリーな雰囲気の、ゆったりと聴かせる曲が多く収録されている。

『Sweet Spot』

316d39e71627fffe8644

1. 2005年世界旅行
2. ザ・コミュニケーション
3. ロボットでした
4. 急所
5. タコ物語
6. はて人間は?
7. 貫通前
8. スィートスポット
9. ソフトに死んでいる
10. 宇宙人の引越し

2005年にリリースされたメジャー6thアルバム。
レコード会社移籍後初のアルバムだったが、今まで以上に独特な世界観が強まっている。
特に『タコ物語』の歌詞はタコが主人公という珍しいものとなっている。

『空洞です』

7

1.おはようまだやろう
2.できない
3.あえて抵抗しない
4.やさしい動物
5.まだ生きている
6.なんとなく夢を (Album Version)
7.美しい (Album Version)
8.学校へ行ってきます
9.ひとりぼっちの人工衛星
10.空洞です

2007年にリリースされたメジャー7thアルバムであり、最後のアルバムである。
アメリカでもリリースされており、タイトルは『Hollow me / Beautiful』となっている。
バンドメンバー自ら過去最高の完成度と言っており、それが解散の原因でもある。

代表曲

ゆらゆら帝国で考え中

2000年リリースの3rdシングル。
『はねるのトびら』のオープニング曲として使われた。

発光体

keeper
keeper
@keeper

Contents