目次

  1. ストーリー
  2. 雀が原中学卓球部の主要登場人物
  3. 旋風こより(CV:花守ゆみり)
  4. 上矢 あがり(CV:田中美海)
  5. 天下ハナビ(CV:高野麻里佳)
  6. 出雲ほくと(CV:桑原由気)
  7. 大宗夢音(CV:今村彩夏)
  8. 後手キルカ(CV:東城日沙子)
  9. 関連リンク

ストーリー

%e6%a0%a1%e5%86%85%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0%e6%88%a6

灼熱の卓球娘は、大まかに分けると、部内ランキング戦編と対外練習試合編の2部構成となっています。
部内ランキング戦編では、この作品の主人公である「旋風こより」が、市立雀が原中学校転校して来たことをきっかけに、部内のエース決定戦が展開されます。登場人物たちの紹介も兼ねたパートです。雀が原中学校卓球部は、直近の都大会でベスト8の強豪であり、上位メンバーは実力者揃いなため、白熱した勝負が繰り広げられます。
対外練習試合編では、全国大会出場校である区立もず山中学校と激戦を繰り広げることになります。対戦方式は団体戦となり、全国区のチーム相手に、雀が原中学校卓球部の面々が苦戦をしながらも成長していくスポ根パートです。

雀が原中学卓球部の主要登場人物

旋風こより(CV:花守ゆみり)

%e4%b8%bb%e4%ba%ba%e5%85%ac

内気なドジっ子キャラながら、卓球の実力は1級品であり、転校前の学校において県大会ベスト4の実績を誇る実力者です。最初の登場シーンでは、鍵が閉まっている門をよじ登ろうとして降りられなくなるというドジっ子ぶりを披露しました。
卓球部入部早々に、その実績と実力により、後輩たちから一目を置かれる存在となります。相手の技に対応して成長して行く特殊な能力があり、試合を通してどんどん強くなる王道型主人公です。部内ランキング戦編では、破竹の勢いで勝ち進み、エースの座を獲得しています。
上矢あがりを慕っており、作品中では彼女の後ろにくっついているシーンが多く、あがりに誘われて一緒に特訓などをすることもあります。
もず山中学との練習試合では、団体戦の大将を務めることになりました。
学年は中学2年です。

上矢 あがり(CV:田中美海)

%e4%b8%8a%e7%9f%a2%e3%81%82%e3%81%8c%e3%82%8a

ツンデレ風な性格ながらも、転校して来たばかりの旋風こよりに学校案内をするなど、面倒見の良い人物です。
勉強や運動などは全部人並みな能力ながらも、卓球に関しては人より秀でた才能があったため、卓球にのめり込むことになります。雀が原中学卓球部でも、旋風こよりが転校して来る前まではエースとして君臨していました。
部内のエースであることに誇りと優越感を持っていたため、こよりが部内ランキング戦で圧倒的な実力を見せていくにしたがい、嫉妬めいた感情が生まれてしまいます。
「エースの座を守りたい!」との一心で、大宗夢音に協力を要請して特訓を繰り返すものの、こより戦は惜敗で終わることになります。こよりとの対戦を通して、卓球を楽しむ心を思い出し、「エースの座」に囚われていた心の呪縛から解き放たれ、こよりの実力を素直に認められるようになりました。
もず山中学との練習試合では、副将を務めることになります。

天下ハナビ(CV:高野麻里佳)

%e3%83%8f%e3%83%8a%e3%83%93

誰にでも屈託なく話しかける、いつも笑顔のムードメーカーであり、旋風こよりが転校して来る前までは、部内ランキング戦2位の実力者でした。
出雲ほくととは親友の間柄であり、ほくとの実家である卓球ショップに手伝いに行くことが日課となっています。ほくととの出会いは小学校時代であり、家の手伝いをするために、いつも1人で下校するほくとに関心を抱いたハナビが、ほくとが店番を務める卓球ショップに顔を出して以来の仲です。
実力者ながら、役回り的に負け担当となってしまいがちであり、部内ランキング戦編でも、見せ場らしい見せ場もなく旋風こよりに完敗してしまうなど、試合パートでは不遇なキャラの1人となっています。
部内ランキング戦で完敗した直後でも、笑顔でこよりの実力を称えるなど、まっすぐな性格が魅力的なキャラだとも言えます。
もずやま中学との練習試合では、先鋒を務めることになりました。

出雲ほくと(CV:桑原由気)

%e5%87%ba%e9%9b%b2%e3%81%bb%e3%81%8f%e3%81%a8

旋風こよりが転校して来る前までは、部内ランキング戦3位の実力者でした。作品中では、試合中の解説キャラを担当しています。
実家は卓球ショップを経営しており、小学校時代は、放課後になるとまっすぐに家に帰り、店番の日々を送っていました。このため、小学校時代は少し孤独な日々を送っていた側面もあります。天下ハナビは、小学校時代に初めて店まで訪ね来てくれたクラスメイトであり、やがて親友の間柄となりました。
性格は、無表情系の毒舌キャラです。
ハナビ同様に、作中では負け役担当となることが多く、部内ランキング戦でもこよりに完敗することになります。
もず山中学との練習試合では次鋒を務めました。

大宗夢音(CV:今村彩夏)

%e3%83%a0%e3%83%8d%e3%83%a0%e3%83%8d%e5%85%88%e8%bc%a9

作中では、名前や名字で呼ばれることはなく、「ムネムネ(先輩)」と呼ばれています。
後輩の特訓(朝練、居残り練)に嫌な顔1つ見せずに付き合うなど、温和な人格者です。周囲から巨乳であることををいじられて困った顔を見せるなど、多少、天然ボケも入っています。
シングルスの実力は、旋風こより転校前の時点で部内4番手と、主要キャラの中では最も弱い一方で、後手キルカの相方役という補正があるため、試合パートでは見せ場もあります。キルカとは、入部以来の付き合いであり、「全国大会出場を目指す!」と宣言したキルカに同調して協力するなど、部内のまとめ役として機能しています。
もず山中学との練習試合では、キルカとダブルスを組み中堅として出場しました。

後手キルカ(CV:東城日沙子)

%e9%83%a8%e9%95%b7

部内ランキング戦後に登場する雀が原中学校卓球部部長です。
怪我のために前回の都大会も欠場したという設定であり、病み上がりながらも、旋風こよりや上矢あがり以外の部活メンバーを一蹴するなど、作中、かなりの実力者として描写されています。大宗夢音とは親友の間柄で、部の未来や全国大会への夢などについて語り合うシーンもあります。
性格はゆるキャラですが、鋭い考察力と観察眼を持っており、時折、後輩たちを叱咤する発言もします。
もず山中学との練習試合では、夢音とダブルスを組み中堅を務めました。
学年は中学3年となっています。

関連リンク

WWW.TONARINOYJ.JP