目次

  1. ストーリー
  2. 主な登場人物
  3. アリス・アバーナシー
  4. マット・アディソン
  5. スペンス
  6. ワン隊長
  7. レイン・オカンポ
  8. 用語
  9. アンブレラ社
  10. ハイブ
  11. T-ウイルス
  12. レッド・クイーン
  13. バイオハザード(Resident Evil)の結末
  14. バイオハザード(Resident Evil)製作のエピソード・裏話
  15. 原作ゲームと比べてオリジナル要素の多い映画版
  16. 低予算映画だったため苦労の耐えなかった撮影現場
  17. 主演ミラ・ジョボビッチは薄着で冬の撮影に臨むことに

ストーリー

世界でトップクラスの大企業アンブレラ社は、製薬会社という表向きの顔の裏では生物兵器を開発していた。そんなアンブレラ社のウイルス研究用の地下研究所「ハイブ」で、ウイルスが漏れて蔓延し、感染した所員が施設の制御コンピュータ「レッドクイーン」によって閉じ込められ全員殺されるという事態が発生。事態を重く見たアンブレラ社は暴走したコンピュータをシャットダウンするため特殊部隊を送り込む。
その一方で、地方都市ラクーンシティにある洋館の浴室でアリスという女性が目覚めた。自分が誰かも分からないまま洋館をさまよっていた彼女は、突如突入してきた特殊部隊に取り押さえられる。実はアリスはアンブレラ社の特殊部隊員でハイブへの入り口である洋館を守る任務を負っていたが、建物の防御システムである神経ガスによって一時的な記憶喪失になっていたのだった。
アリスはハイブへと向かう特殊部隊に同行するが、そこはレッドクイーンが暴走し、ウイルスによってゾンビ化した所員たちが蠢く地獄と化していた。

主な登場人物

アリス・アバーナシー

Original

物語の主人公。アンブレラ社の特殊部隊員で、記憶喪失ながら高い戦闘能力はそのまま保っている。
レッドクイーンや感染者、クリーチャーたちの襲撃を乗り越えて生き残っていくうちに徐々に記憶が戻り、ウイルスパニックの原因やアンブレラ社の実態に迫っていく。

マット・アディソン

Mig

アリスとともに特殊部隊に捕らえられた、自称「地元の警官」の男。
実際は過激な環境保護団体の一員で、アンブレラ社の非倫理的なウイルス実験の証拠を掴むために動いていた。
アリスや特殊部隊の一行とともにハイブへと入り、感染者たちに立ち向かう。

スペンス

Respence

洋館とハイブを繋ぐ輸送用の地下鉄内で眠っていた男。
アリスと同じく記憶喪失だったが、実は彼も特殊部隊員で洋館の警護のためアリスと偽装結婚して暮らしていた。
物語が進んでいくうちに記憶が戻り、自分が地下鉄車両内で何をしていたのかを思い出す。

ワン隊長

Tspmjbd

隊長として特殊部隊を率いる黒人男性。
冷静な判断力、高い戦闘能力を持っていたが、ハイブの制御コンピュータであるレッドクイーンの防御システムに為す術もなく死亡する。
その死に方は、高出力のレーザービームでバラバラになって切断されるというショッキングなものであった。

レイン・オカンポ

1 alice5

特殊部隊の一員の女性。
男勝りな性格で、口調も男性のような話し方をする。
他の特殊部隊員が次々に死亡していく中で、高い身体能力によって終盤まで生き残る。
戦闘を通して同じ女性であるアリスとは特に強い絆が生まれることになる。

用語

アンブレラ社

世界有数の大企業。
表向きは製薬会社だが、裏では生物兵器の研究・開発を行う軍事企業としての顔も持ついわゆる「死の商人」である。
広大でハイテクな地下研究所や自前の特殊部隊を持つなどその規模は計り知れない。

ハイブ

アンブレラ社の地下研究施設。「ラクーンシティ」というとある地方都市の地下に存在する。
およそ500人の所員が在住し、ウイルス兵器やそれによって変異した犬や異形の怪物を開発していた。
ウイルスの漏洩によって一旦は封鎖されるが、アンブレラ社の特殊部隊によって再び開けられることとなる。

T-ウイルス