目次

  1. あらすじ
  2. 登場人物
  3. 羽鳥智世(はとりちせ)
  4. エリアス
  5. シルキー
  6. ルツ
  7. ミハイル・レンフレッド
  8. アリス
  9. アンジェリカ・バーレイ
  10. サイモン・カラム
  11. リンデル
  12. カルタフィルス またの名は ヨセフ
  13. 用語
  14. 夜の愛し仔(スレイ・ベガ)
  15. 魔法使い
  16. 魔術師
  17. 結び
  18. 彷徨えるユダヤ人
  19. キメラ

あらすじ

――これは、世界の美しさを織るための物語――

主人公「羽鳥智世(はとりちせ)」ことチセは、人ではないものが見える少女。そしてチセの両親もまた見える人であった。チセはそれらに対して怖い思いもしたが、父親がいるときは近寄ってこないため安全に過ごせていた。しかし、突如として父親が弟を連れて失踪。父親がいなくなったこととチセの能力により、人ではないものが昼夜問わず近寄ることに。そのことに疲れた母親は「あんたなんか生まなきゃよかった」とチセに言い放ちチセの首に手をかける。しかし、その手を離してチセの目の前で自殺を図り亡くなってしまうのであった。大きな傷を抱えたまま孤独となったチセは、親戚の家に行くことになるが、そこでも「いらない子」と疎まれることに。

そんなある日、チセの前に一人の男が現れる。「生きることを投げ出したいなら貴方を欲しいと思う誰かに自分を預けてみないか?」その男の言葉に同意し「帰る場所がほしい」と自らが望んでオークション(人身売買)にかけられることに。落とした相手はチセを「夜の愛し仔(スレイ・ベガ)」と呼ぶエリアス・エインズワース。その目的は「魔法使いの弟子」にすることと「お嫁さん」にすることであった。そして、エリアスはチセを連れてイングランドの自身の家に移動。その後、エリアスはチセの様々な質問に答え、最後に「もう家族なんだから」と言う。そしてその言葉にチセは「家族」と呟くのであった。

その日の夜にチセの部屋を妖精が訪れる。夜の散歩に誘われたチセは、エリアスに無断で出かけることに。実は、妖精の目的はチセを妖精の国に連れていくことであった。「待ってる人なんていないでしょ」という妖精に対してチセは言う。「一度でも家族といってくれたからエリアスの家に帰る」と。そして、助けに来たエリアスと共に帰るのであった。

こうして、エリアスと共に生活をすることになったチセ。見える能力によりたくさんの傷を抱えてきたチセは、見える能力によって様々な出会いを繰り返し自分自身や自分の傷と向き合っていく。そして、エリアスもまたチセと関わることで成長していくのであった。

登場人物

羽鳥智世(はとりちせ)

1483072414055

本作の主人公で夜の愛し仔(スレイ・ベガ)。オークション(人身売買)で「魔法使いの弟子」「お嫁さん」としてエリアスに買われる。夜の愛し仔であるために短命で、何の対処もしなければ3年の命。体の負担を減らすため「魔力の生産を抑える指輪」をエリアスからプレゼントされるが妖精の塗薬を作った際に壊れてしまう。

エリアス

1483072388851

チセを買った異形の魔法使いで教会の神父に監視されている存在。遠い昔、エリアスは何故歩いてるのか分からず森を歩き続けていた。そして、その森でリンデルと出会う。その後、自身の正体を知るためにリンデルの師匠に会うことになるが「妖精寄りだがわずかに人間が入っている」と言われる。リンデルの師匠から歩き出す前に何か覚えていることはないかと問われたエリアスは「赤」と答える。その後にエリアスはリンデルに「人間を食べたことがあると思う。」と告白するのであった。
エアリスは他人の気持ちを理解できても共感することが出来ない。しかし、チセと関わることになり「さみしい」という感情や「怒る」という感情などを覚える。チセ曰く、子供のまま大きくなってしまったヒト。

シルキー

9c18667ec4ce8eb21c2f436bb5c0527f

エリアスの家に住む妖精で家事全般をこなす。「銀の君」や「銀の花」と呼ばれている。

ルツ

1483072404158

教会の墓場でチセと出会った「黒妖犬(ブラックドッグ)」もしくは「墓守犬(チャーチ・グリム)」。元々は、普通の黒い犬であったが、飼い主であった「イザベル」の死後も墓に付き添っていたため墓守犬と化した。チセと出会ったことをきっかけにチセに「結び」を求め、チセの使い魔となる。

ミハイル・レンフレッド

1483073138426

魔法使い嫌いで有名な魔術師。顔の傷は、弟子であるアリスを庇ってできたもの。一度は断ったが、アリスのため(アリスをキメラの素材にすると脅されている)にカルタフィルスの研究素材集めを手伝っている。なお、左腕は断った際にカルタフィルスにやられて失っている。

アリス

1483072995028

レンフレッドの弟子であり護り手。薬物中毒であった両親に無理やり薬物中毒者(麻薬の仕入れをさせるために)にさせられ、売人となる。しかし偶然出会ったレンフレッドに魔術師の才能を見いだされて救われたのであった。最初こそ、レンフレッドを信用していなかったが、自分を庇ったことでレンフレッドがケガを負ってしまったことを機に「護り手として次は護る」と約束をする。レンフレッドを慕っており、彼のためなら何でもしたいと考えている。

アンジェリカ・バーレイ

1483075994796

魔法使いで魔法機構(マギウス・クラフト)の技師。エリアスの知人であり、何かとチセのことを気にかけている優しい人物。