目次

  1. あらすじ
  2. 主な登場人物
  3. アレン・ウォーカー
  4. クロス・マリアン
  5. 神田ユウ
  6. リナリー・リー
  7. ラビ
  8. 千年伯爵
  9. AKUMA
  10. ノアの一族
  11. 14番目(ネア・D・キャンベル)
  12. マナ
  13. 作品レビュー
  14. 漫画情報
  15. ノベルズ情報
  16. アニメ化情報
  17. アニメ1期『D.Gray-man』
  18. アニメ2期『D.Gray-man HALLOW』
  19. 関連記事

あらすじ

2297b76279d5841b779c42c4b5fc9a67

「機械・魂・悲劇」を材料に生み出された殺戮兵器「AKUMA(アクマ)」。
その製造者である千年伯爵は世界の終焉を目論み、世界に戦の火種をばら撒いていく。

443fd8e472f22b8299f74430802362ed

千年伯爵の暗躍により終焉間近と目される世界で、「運命に抗おうとする人間たち」がいた。AKUMAや千年伯爵に唯一対抗できる神の力・イノセンスを宿した「エクソシスト」達である。
生まれつきイノセンスを左手に宿す主人公アレン・ウォーカーは、AKUMAを破壊し、AKUMAに内蔵された人間の魂を救済する為に世界各地を転々としていた。

7d6eb85b126b292d636463bc0dd3e47e
2a6a7b63a15aec6056d3b9d88a07ec11

時は仮想19世紀末。蒸気と闇に紛れた世界で、奇怪な事件が起こり始めていた。
アレン達を始めとするエクソシストは、千年伯爵率いるノアの一族の野望を阻止するべく、終わりの見えない過酷な戦いに身を投じていく。

主な登場人物

アレン・ウォーカー

Page 77141

本作の主人公で、エクソシストの少年。
生まれつき左手に宿るイノセンスを武器に、AKUMAや千年伯爵率いるノアたちと死闘を繰り広げていく。

【人物像】
常に敬語で喋るなど紳士的な振る舞いが多い一方で、時折垣間見える腹黒さが際立つ。
修行時代、師のクロス・マリアンに巨額の借金をなすりつけられ、現在もイカサマポーカーをしながら少しずつ返済しているらしい。

【正体】
実は本人も知らないところで「14番目」というノアの記憶を移植されており、自我の消失と共に14番目へ覚醒していくのだった。
エクソシストとして生き抜く事を誓うアレンは、仲間をも敵に回すという苦渋の決断を迫られながら、自身のノア化を止めるための方法を見つける為に逃走劇を繰り広げる。

クロス・マリアン

D.gray man t14

アレンの師匠で、エクソシストの中でも極めて優秀な「元帥(げんすい)」の称号を持つ人物。
銃型と屍の2つのイノセンスを武器に、圧倒的な戦力で千年伯爵サイドと渡り合っていく。

【人物】
弟子のアレンでさえも行方が掴めないほど神出鬼没。
賭博・酒・女好きで、行方不明の現在も「ツケ」と称しながら世界各地で借金を増やしている(ツケの支払いはアレン名義になっている)。しかし、元帥捜索編ではいち早く策を巡らせ、アレンの行く先々で千年伯爵率いるノアの一族にダメージを与えるなど、正念場では頼りになる人物。

神田ユウ

Page 77142

エクソシストのひとり。瞬時に傷を回復させる再生能力と刀型のイノセンスを武器に、AKUMAや千年伯爵率いるノアたちと死闘を繰り広げていく。

【人物】
常に仏頂面で、短期かつキレやすい。思った事を遠慮なく口にしたり、人命より目的を優先するなど、他人を顧みない性格のため、アレンとは初対面の時から反りが合わず、犬猿の仲である。
戦闘能力は他のエクソシストよりも頭一つ抜きん出ているらしい。

【正体】
実は人工的に作られたエクソシストで、現在は凍結された「セカンドエクソシスト計画」の唯一の生き残りだった。セカンドエクソシスト計画に焦点を当てた「アルマ編」では、セカンドエクソシスト計画の「失敗作」と言われるかつての親友を相手に、死闘をくり広げる。

リナリー・リー

Wpid jj9e06a

本作のヒロインで、エクソシストのひとり。
「黒い靴(ダークブーツ)」のイノセンスを装着した足技を武器に、AKUMAや千年伯爵率いるノアたちと死闘を繰り広げていく。

【人物】
誰からも愛されるマドンナ的存在。普段は穏やかで心優しい少女だが、戦闘時には物怖じせず、先陣を切ってAKUMAを破壊する。
自己犠牲を嫌うため、仲間が捨て身の行動に走った際には怒りを帯びた悲しみの感情を見せる。

【家族構成】
幼い頃、AKUMAによって両親が殺され、唯一の家族は兄だけとなる。しかしその兄は自他ともに認める常軌を逸したシスコンで、人間関係(特に異性関係)において何かと苦労をしている。

ラビ

161528

エクソシストのひとり。「鉄槌(てっつい)」型のイノセンスを武器に、AKUMAや千年伯爵率いるノアたちと死闘を繰り広げていく。

【人物】
気さくなお調子者に見えるが、実はシビアでドライ。頭脳明晰で分析力・観察力にも長けている。
アレンとの関係は比較的良好だが、ごく稀に冷たい視線を送られる。

【正体】
その正体は「世界の裏の歴史」を記録し未来に継承していく「ブックマン」の後継者。
記録地ごとに偽名を名乗っており、「ラビ」は「49番目の名前」である。
裏の歴史にあたるエクソシストとノアの一族の戦いを記録する為、現在はアレン達エクソシストと共闘し、千年伯爵サイドと敵対しているが、ラビの師である現・ブックマンはかつてノアの一族と関わりを持っていたらしい。