目次

  1. 1話目から最終話までが、全て繋がっている完成度の高いアニメ!
  2. 登場人物
  3. 岡部 倫太郎(中二病自称名は「鳳凰院 凶真」 ほうおういん きょうま)
  4. 牧瀬 紅莉栖(まきせ クリス)
  5. 橋田 至(通称・ダル) 名言「そこにシビれる♪あこがれるー♪」
  6. 椎名 まゆり(しいな まゆり) 「トゥットゥルー♪」
  7. 漆原 ルカ(うるしばら ルカ)通称・ルカ子
  8. 桐生 萌郁(きりゅう もえか) あだ名・閃光の指圧師
  9. 阿万音 鈴羽(あまね すずは) あだ名・バイト戦士
  10. フェイリス・ニャンニャン (本名 秋葉留未穂)
  11. まとめ
  12. 人気アニメは映画化のお約束

1話目から最終話までが、全て繋がっている完成度の高いアニメ!

「分かりにくそうだから見ない!」そう言わず
見てください。1話目・2話目では、なかなか
内容つかめなくとも、自然とハマっていきます。
食わず嫌い注意アニメです!

登場人物

岡部 倫太郎(中二病自称名は「鳳凰院 凶真」 ほうおういん きょうま)

C0137122 16233318

岡部 倫太郎(おかべ りんたろう)
主人公です。とある理由から狂気のマッドサイエンティストを
常に自称している中二病全開男。しかし、本当は凄く優しい人。
タイムリープマシンを開発し、一時的に有頂天になるも、
次第に取り返しのつかないことをしてしまったことに気づき、
タイムリープを何度も繰り返す地獄ループに突入していきます。
最後に主人公を待っている結末とは...!

牧瀬 紅莉栖(まきせ クリス)

Steinsgate 04 kurisu pale

牧瀬 紅莉栖(まきせ クリス)。
新進気鋭の若手・天才科学者。タイムマシン否定論者。
一言でいうと「ツンデレ」です。そしてメンバーからの
下ネタ的引っかけに何度もかかり、その度に赤面する
萌えキャラ?です(笑)
最初は、主人公をまったく理解できなかった彼女ですが、
徐々に主人公の理解者として、ストーリー展開でも
その頭脳を駆使し、大活躍します。

橋田 至(通称・ダル) 名言「そこにシビれる♪あこがれるー♪」

20195

橋田 至(はしだ いたる)。通称ダル。
天才的ハッキング能力を持つ、主人公の相棒的
存在。重度の秋葉オタクでそれを誇りにすら思う
ある意味開き直れた性格です。
名言「そこにシビれる♪あこがれるー♪」は有名。
最初はただのキモオタか?と思われますが、
高度な機器知識も持っており、この人物も
ある種の天才であるといえます。

椎名 まゆり(しいな まゆり) 「トゥットゥルー♪」

Mzl aetciueh

椎名 まゆり。
主人公の幼馴染で、挨拶の際かならず「トゥットゥルー♪」とつけてくる。
一人称も「まゆしぃは...」と自らの名前から出して話し出す。
小柄で可愛らしいヒロイン。
一見、天然少女に見えますが、とても勘の鋭いところがあり、
主人公が悩んでいたりするとすぐに気づきます。

漆原 ルカ(うるしばら ルカ)通称・ルカ子

6683841777 5ebbb14caf b

漆原 るか(うるしばら るか)。主人公はルカ子と呼びます。
こう見えて、なんと男性!自身でも女性っぽいことが大きな
コンプレックスとなっています。
なぜか主人公に弟子入り?(笑)しており、
木刀の素振りをかかしません。
主人公の命令には盲目的とさえ言える従順さの持主です。

桐生 萌郁(きりゅう もえか) あだ名・閃光の指圧師

20110416090151

桐生 萌郁(きりゅう もえか)。主人公は「閃光の指圧師(シャイニングフィンガー)」と呼びます。なぜかというと、重度の携帯電話依存症のコミュ障だからです。ほぼ無口で、目の前にいてもメール送信ですまします。
数少ない大人女性キャラですが、色っぽさとは無縁で、逆に狂気の部分が目立ってくる実は恐ろしいキャラです。謎の多い人物。

阿万音 鈴羽(あまね すずは) あだ名・バイト戦士

O0800045111973211147

阿万音 鈴羽(あまね すずは)。 あだ名は「バイト戦士」で、主人公達が使用するラボの一回のテレビ屋でバイトをしているから。
なぜか、初対面から牧瀬クリスにだけには敵意むき出しで登場します。
適当にバイトをさぼっていると思いきや、実はメンバーと深い関係にある
物語のキーマン。どこで訓練したか、格闘術もかなりのものです。

フェイリス・ニャンニャン (本名 秋葉留未穂)

Steins0603 top

フェイリス・ニャンニャン。 本名は、秋葉留未穂。
秋葉のメイド喫茶「メイクウィーン」で働く少女。
彼女のファンも多く、ちょっとしたアイドル的存在。
主人公には「オカりん♪」ととても人懐こく接し、
また中二病会話にも全開でついていける希少な人物です(笑)
いつもテンション高めですが、ときおり見せる寂しげな表情が
物語にも深くかかわってきます。

まとめ

Steins gate0461

物語は、主人公・岡部が、いかにして幸せな現実をもどすかを、
タイムリープの科学的説明も交えながら、進んでいきます。
二重・三重と張り巡らされた運命の罠を苦しみ、
もがきながら進んでいく岡部。そしてヒロイン達の運命は...?
脚本の完成度がとても高いアニメです。

人気アニメは映画化のお約束

Image main 03

傑作アニメは劇場版化、ということで
このアニメも映画化しました「負荷領域のデジャブ」。

この劇場版も大変面白かったです。
出来れば、テレビアニメ→映画版の順番で
見て頂きたいですね!