攻殻機動隊 ARISE、攻殻機動隊 新劇場版とは

Andnzh

『攻殻機動隊 ARISE』は2013年6月に公開された劇場用アニメ。公安9課結束以前の物語で、正体不明のハッカー・ファイアスターターを巡る事件を追う。『攻殻機動隊 新劇場版』は『攻殻機動隊 ARISE』の続編で2015年6月全国公開。ファイアスターターと草薙素子の出生の秘密が繋がっていくストーリー。
黄瀬和哉総監督・冲方丁脚本版『攻殻機動隊』シリーズ。

『攻殻機動隊 ARISE』について

概要

2013年6月から順次劇場公開された、アニメでの最も新しい攻殻機動隊シリーズ。正式には『攻殻機動隊 ARISE ーGHOST IN THE SHELLー』。
Production I.G.制作。原作は士郎正宗の漫画『攻殻機動隊』。総監督は黄瀬和哉。シリーズ構成冲方丁。

2015年4月に『ARISE』テレビ放送版の『攻殻機動隊ARISE ALTERNATIVE ARCHITECTURE』が放送され、これは下記の4章を各エピソード前後編に分け、『攻殻機動隊 新劇場版』へと繋がる2話構成の完全新作エピソード「PYROPHORIC CULT」を付け加え、冲方丁の初期案に準拠した話数順に放送したもの。

各話あらすじ

border:1からborder:4までと『Pyrophoric Cult』は設定が繋がった一話完結式のストーリー。従来の『攻殻機動隊』シリーズ同様高度に情報化された近未来社会を背景に、大戦終了後間もない時代に『攻殻機動隊 ARISE』特有の社会問題――終戦後の兵士達の不当な扱い、電脳化・義体化しているが故に起こる幻肢痛や偽の記憶の植え付け、基幹産業の企業と政府の思惑など――を背景に、草薙素子以下独立攻性部隊の面々が事件の真相を追う物語となっている。

「border:1 Ghost Pain」

第4次非核大戦が終わった一年後の2027年6月。陸軍「501機関」所属の草薙素子三佐が、恩人であり上司であるマムロ中佐が殺された事件を追う最中に公安9課の荒巻部長やバトー、トグサらと出会い、幻の痛みや記憶と向き合って中佐殺害の真実を追う。

「border:2 Ghost Wispers」

border:1から 二か月後の8月、501機関から独立を果たした草薙素子は少佐となり、独立攻性部隊の結成を考えていた。そんな中、バトー、イシカワ、ボーマらは難民虐殺の罪で裁かれようとしている元上司 ソガ・カズヤ大佐の無実を証明する為、ロジコマと素子を襲撃する。

「border:3 Ghost Tears」

2028年10月、爆弾テロ事件に急行する少佐とバトーらは現場を制圧し犯人達を拘束するが、彼らは超ウィザード級ハッカー ファイア・スターターにより偽の記憶が植え付けられていた。更にリーダー格のカルディス人の男の胸には、カルディス人独立戦争の英雄“スクラサス”の刺青が施されていた。

「border:4 Ghost Stands Alone」

2028年12月、デモ制圧を行なっていた機動隊がファイア・スターターの電脳感染によって無差別発砲事件を引き起こした。事件の裏には、エマという少女とブリンダJr.という男、二人のゴーストが一つの身体に入った人間が関わっていた。

「PYROPHORIC CULT」

二話編成で、2029年1月、航空機爆破テロが発生し、容疑者としてファイア・スターターのブローカー、通称“パイロマニア(放火魔)”が浮かび上がる。パイロマニアの目的は陸軍情報部のホヅミ大佐を暗殺することであり、少佐らと米軍情報部は、共同してホヅミ大佐をエサにパイロマニアを捕まえることにする。

主要登場人物

草薙素子

Vlcsnap 2013 07 25 21h24m53s52

cv.坂本真綾
border:1終盤までは、陸軍501機関所属の完全義体サイボーグで、階級は三佐。終盤以降は少佐に昇格し、501機関から独立する。border:2以降は少佐と呼ばれる。既存シリーズより前髪が短く、容姿も若く見える義体を使用している。

荒巻課長

Vlcsnap 2013 07 25 21h26m10s64

cv.塾一久
公安9課の部長。元情報部出身の切れ者。少佐の事を気にかけており、事あるごとに9課への勧誘や独立部隊の設立を進言している。
電脳化していないようで、携帯端末で連絡や指示を行なう。

バトー

Vlcsnap 2013 07 25 21h25m02s151
keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

攻殻機動隊(THE GHOST IN THE SHELL)とは

『攻殻機動隊 THE GHOST IN THE SHELL』は士郎正宗によるSF漫画。1巻は草薙素子こと少佐が公安9課で事件を追う中人形使いと出会い融合するまで、1.5巻『攻殻機動隊1.5 HUMAN-ERROR PROCESSER』は少佐が去った後の公安9課の活躍、2巻『攻殻機動隊2 MAN MACHINE INTERFACE』は荒巻素子がテロ事件を追う内に草薙素子と邂逅するまでを描いている。

Read Article

GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊、イノセンスとは

『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』は1995年に公開された日本のアニメ映画。AD2029年、公安九課のリーダー草薙素子が事件を追う中、正体不明のハッカー“人形使い”と遭遇する。 また続編の『イノセンス』は2004年公開。ガイノイド“ハダリ”の暴走した原因を九課のバトーとトグサが追う。 押井守監督版『攻殻機動隊』シリーズ。原作は士郎正宗の漫画『攻殻機動隊』

Read Article

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX、S.A.C. 2nd GIG、Solid State Societyとは

『攻殻機動隊S.A.C.』は2002年放送のTVアニメ及びそのシリーズ。AD2030年、内務省直轄独立攻性部隊・公安9課が「笑い男事件」を追うストーリー。 続編の『S.A.C. 2nd GIG』ではテロリスト「個別の11人」を追う事件、『Solid State Society』は主人公・草薙素子が失踪後に謎のハッカー「傀儡廻し」に関わる事件となっている。 神山健治監督版『攻殻機動隊』シリーズ。

Read Article

Contents