目次

  1. 「ジョジョの奇妙な冒険 Part7 スティール・ボール・ラン」
  2. 北アメリカ大陸横断レース「スティール・ボール・ラン」の概要
  3. 登場人物と名言
  4. ジョニィ・ジョースター
  5. ジャイロ・ツェペリ
  6. ディエゴ・ブランドー
  7. ポコロコ
  8. ファニー・ヴァレンタイン
  9. リンゴォ・ロードアゲイン
  10. ブンブーン一家
  11. あらすじ

「ジョジョの奇妙な冒険 Part7 スティール・ボール・ラン」

Jojo s.bizarre.adventure.336944

前作までは「週刊少年ジャンプ」に連載されていましたが、この第7部の途中から、月刊雑誌である「ウルトラジャンプ」に連載が移されました。
連載開始時は、「ジョジョの奇妙な冒険」の部分がない「スティール・ボール・ラン」のみのタイトルでしたが、移籍後に今のタイトルとなっています。

2004年第8号の「週間少年ジャンプ」巻末にて、「ジョジョの奇妙な冒険はパラレルワールドに突入」という作者コメントが掲載されました。
実際、第7部のキャラクターたちは、前作までの大きなつながり(血縁など)はなくなっています。
しかし「スタンド」能力は依然主軸となっているほか、今まで登場してきたキャラクターと似た名前や設定がなされています。

北アメリカ大陸横断レース「スティール・ボール・ラン」の概要

Sbr139

1890年9月25日にサンディエゴビーチから始まり、9つのステージに分かれています。それぞれのステージの最後にあるチェックポイントを通過して、ゴールのニューヨークへ向かう競技です。総距離は約6000キロメートル。
チェックポイントごとの順位と各行為の減点に応じてポイントが入り、スコア合計で1位を決めます。

馬を使用する参加者が多い中、自転車や車も使用可能であり、中にはラクダに乗ったり徒歩の参加者もいます。
また、「犯罪に関わる行為」以外は制限されません。武装も許可されますが、自分の身は自分で守る必要があります。

登場人物と名言

ジョニィ・ジョースター

C20130703 jojoasb 005 cs1w1 720x720

第7部の主人公。愛馬はスローダンサー。
下半身不随ですがレースにてスタンド能力を発現。ジャイロの「鉄球の回転」により一瞬脚が動いたことから、再び希望を見出し彼と同行します。

ジョースター姓ですが、前作までのジョースター家とつながりはありません。
パラレルワールドとして、ジョージ・ジョースターとアンという女性の息子として生まれています。

Ec23df27

スタンド「タスク(牙)」は、自分の爪を高速回転させるスタンド。弾丸のように発射したり、物体を切り裂くことができます。
物語が進むにつれ成長していくスタンドで、赤子のような姿からたくましい人型へ姿が変わるのも特徴です。

ジャイロ・ツェペリ

Maxresdefault

第7部のもう一人の主人公である、金歯を挿し「鉄球」を持ち歩いている男性です。愛馬はヴァルキリー。
彼の歌う「ピザの歌」は、彼の独特なキャラも相まって妙に頭に残るシーンです。

本名は「ユリウス・カエサル・ツェペリ」。英語読みすると、「ジュリアス・シーザー・ツェペリ」になります。第1、2部にも同じ姓のキャラクターが登場しますが、パラレルワールドであるためつながりはありません。

5c7c332a47f5e84a3e20dc076a8be502 600

鉄球を回転させる特殊技術を使用し、振動が生み出す「波紋」を駆使して戦います。
また、「遺体」を入手したことで鉄球に右目がつき、「スキャン」というスタンドも発現しました。

ディエゴ・ブランドー

Maxresdefault

通称「Dio」と呼ばれる天才騎手で、愛馬シルバーバレットを乗りこなします。
貧困にあえいだ幼少期を送り、理不尽である社会に復讐をするため、レースに参加しました。

「スケアリー・モンスターズ」というスタンドは、「遺体」の一部を通してディエゴが有した能力です。自分を含め、触った生物を恐竜にしてしまいます。

ポコロコ

B9f7a186

怠惰な性格の黒人青年の農民。ジプシーの占い師から「50億人にひとりの幸運が訪れる」と言われたことをきっかけに、「ヘイ!ヤア!」という馬に乗ってレースに参加します。
「ヘイ・ヤー」という、馬と同じ名前のスタンドを発現させます。自我があり、彼に助言と自信を与えるというだけの能力です。

ファニー・ヴァレンタイン