目次

  1. X JAPANのプロフィール
  2. 結成からメジャーデビュー
  3. メジャーデビューからバンドの改名まで
  4. 長期レコーディングと解散
  5. 再結成
  6. メンバー紹介
  7. YOSHIKI
  8. TOSHI
  9. hide
  10. PATA
  11. HEATH
  12. SUGIZO
  13. TAIJI
  14. オリジナルアルバム
  15. Vanishing Vision(1988年4月)
  16. BLUE BLOOD (1989年4月)
  17. Jealousy (1991年7月)
  18. ART OF LIFE (1993年8月)
  19. DAHLIA(1996年11月)
  20. 代表曲
  21. Silent Jealousy
  22. Forever Love
  23. Rusty Nail
  24. ENDLESS RAIN
  25. YOSHIKI伝説
  26. カレーが辛い
  27. シャワーが熱い
  28. 布袋寅泰
  29. 関連リンク

X JAPANのプロフィール

X japan 2014

X JAPANは日本のヴィジュアル系ロックバンドで、1989年にメジャーデビュー。
1997年年末に解散し、10年の時を経て再結成した。

結成からメジャーデビュー

7117c3fd

1982年に高校生だったヴォーカルTOSHI、ドラムYOSHIKIは、Xを結成した。
高校を卒業した二人は上京しバンド活動を開始するが、二人以外のメンバーは出入りが激しくなかなか固定できなかった。
X初期のメンバー5人が揃ったのは1987年。
ヴォーカルTOSHI、ドラムYOSHIKIに加え、ギターHIDE、ギターPATA、ベースTAIJIという陣容だった。

1988年、1作目のアルバム『Vanishing Vision』をインディーズレーベルから発売した。
初動1万枚以上と、当時のインディーズとしては記録的なセールスを上げ、インディーズ・レーベルながらメジャー・チャートにランクインを果した日本史上初のアルバムとなった。

メジャーデビューからバンドの改名まで

20071020 165170

1989年、2作目のアルバム『BLUE BLOOD』でメジャーデビューをした。
メジャーデビューアルバムでありながら、オリコン初登場6位。
トップレベルのロックバンドでも10万枚の売り上げの時代に、86万枚を売り上げた。

1991年、3作目のアルバム『Jealousy』を発売。
オリコン1位を記録する大ヒットで、同年紅白歌合戦に初出場を果たしている。

しかし、人気絶頂の中、1992年ベースのTAIJIが脱退。
新しいベーシストとしてHEATHが加入すると同時に、世界進出を視野に入れてバンド名を現在のX JAPANに改名した。

長期レコーディングと解散

Img 2

1993年、約30分の一曲を収録したアルバム『ART OF LIFE』を発売。
このアルバムは、収録曲が1曲のみのアルバムの売上で、日本歴代1位である。

1996年、2016年時点で最後のアルバムとなっている『DAHLIA』を発売。
およそ5年4か月もの期間がかかった。

1997年、TOSHIが音楽性の違いを理由に脱退。
後任のボーカルが見つからなかったため、解散となった。

再結成

20140430 02

2007年、度重なる説得にTOSHIが応じ、再結成することとなった。
2008年、ライブ活動を行い、翌年には香港で初めての海外公演を行う。
また、1998年に急逝したHIDEのサポートメンバーとしていたSUGIZOが6人目のメンバーとして、正式に加入した。
現在、ライブ活動を中心に行いながら、新作アルバムの制作を行っている。

メンバー紹介

YOSHIKI

Crankin 3848503 1

1965年11月20日生まれ。
バンドのリーダーで、ドラム、ピアノを担当している。
激しいドラミングが特徴で、その激しさから、頚椎椎間板ヘルニアや神経循環無力症を患っている。
X JAPANのほかにも、Violet UK、L・O・X、V2、globe extreme、S.K.I.N.として活動していた。

TOSHI

3c2efb2394356914ef700c0294212541 content

1965年10月10日生まれ。
ヴォーカル担当で、YOSHIKIとは幼稚園からの幼馴染。
力強いハイトーンヴォイスが特徴的で、激しい曲からバラードまで歌い上げる。
洗脳騒動で話題となり、その体験を語った『洗脳 地獄の12年からの生還』の著書がある。

hide

Photo01