Cqjcvt3ueaavu37

第272話から。攘夷戦争時代、密かに銀時たちをアシストしてくれていた黒子野太助。誰にも知られず去っていこうとした黒子野に向かい、銀時がかけた一言。

美しく最後を飾りつける暇があるなら 最後まで美しく生きようじゃねーか。

20100413172429596

攘夷戦争時、絶体絶命に陥った桂と背中合わせになった時の一言。この一言で桂はその窮地を戦いぬくことを決意します。

こんなもんじゃ俺の魂は折れねーよ

Af8ec603fe2404a41ddb943c2c2c7395

第27話で、違法な地下格闘技場・煉獄関で天人と戦った時、銀時が対戦相手に向けて放った一言。

俺の剣がとどく範囲は、俺の国だ。

7624d89e 1254538035296

第13話、宇宙海賊春雨に捕まった神楽と新八を救うため彼らの戦艦に乗り込んだ銀時が天人に言ったひとこと。

しがみつけ すがりつけ かみつけ 泣きつけ どんなになっても…護り抜け!

「吉原炎上編」の中、強敵鳳仙との戦いで銀時が自らに言い続けた。

お前なんぞに俺達の火は消せやしねェ。

20090222231520

第145話、鳳仙との戦いの最後で常夜の吉原に初めて太陽の光を取り戻した瞬間。

今も昔も俺の護るもんは何一つ変わっちゃいねェェ!!

2559

第105話「何事もノリとタイミング」から。真選組動乱編で、妖刀のせいでオタク化した土方から依頼を受けた銀時が、敵方の河上万斉に向けて発した言葉。

ジャンプは燃えるゴミで出していいはずだ 
だって読んでたらなんか燃えるもん。

第53話、燃えるゴミの日にジャンプをまとめて捨てようとして外に出た時の銀さんの一言。

ギャーギャーギャーギャー やかましいんだよ 発情期ですかコノヤロー

20161008 1010001 hsoev

記念すべき銀魂第一訓で、銀時初登場シーンでの初セリフ。アニメでは第3話でした。この時、ファミレスでバイトをしていた新八が銀時と初めて出会います。