清里明良

巴の本来の夫となるべきだった人物。「君に見合う男になる」として危険な京都へと向かい、標的と共にいたため口封じとして狙われます。死にたくない一心で剣を交えるものの力の差は歴然であり、斬殺。抜刀斎の左頬に最初の傷をつけた人物でもあり、斬られても尚死にたくないと口にし、生きようとする意志は剣心も評価。元々の標的でなかったこともあり、冥福を祈る言葉を誰知らず掛けられました。OVA版での描写から、十字傷として巴と結ばれたとの解釈があります。

E58d81e5ad97e582b72

左の絵は原作の扉絵でも描かれました。

パラレルと番外編

・『るろうに -明治剣客浪漫譚-』
1992年のウインタースペシャルと、1993年の『ジャンプ』本誌に掲載された読み切りです。
【92年版】恵、薫、弥彦が兄弟というパラレルワールド設定のストーリー。
【93年版】本誌連載版に繋がるストーリー。ヒロインは富豪の娘、来迎院寺千鶴。

・『春に桜』
ファンブック『剣心秘伝』掲載。明治十六年、恵、操、蒼紫と剣心らが花見をし、左之助や斉藤の現状を語り合う、というもの。

・『弥彦の逆刃刀』
最終回後、2000年に『ジャンプ』掲載された読み切り。

・『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- 第零幕』
本編より少し前、横浜での物語。

・『るろうに剣心 -キネマ版-』
リメイク版。映画化に合わせ2012年より、『ジャンプスクエア』にて1年間連載。

Main

キネマ版。

・『炎を統べる -るろうに剣心・裏幕-』
志々雄真実と駒形由美の出会いを描きます。

・『るろうに剣心・異聞 -明日郎前科アリ-』
本編終了より5年後が舞台。盗みを生業とし、志々雄一派の下働きをしていた明日郎(悪太郎という当て字で呼ばれます)と、密航で捕まった、混血児と思われる阿爛(あらん)という身よりのない二人がともに出所。無限刃を盗み金に換えようとするもそれができなかった明日郎と阿爛は神谷道場の住人となり、『北海道編』に繋がるとされます。

Hokkaidou2

そして、北海道編へとつづくのでした…。