目次

  1. 作品概要
  2. あらすじ
  3. 用語
  4. 流派
  5. 組織
  6. 場所
  7. 人誅
  8. 緋村剣心
  9. 劇中での行動
  10. 過去
  11. 剣心の味方・関係者
  12. 神谷薫
  13. 相良佐之助
  14. 明神弥彦
  15. 高荷恵
  16. 巻町操
  17. 柏崎念至(翁)
  18. 比古清十郎
  19. オイボレ
  20. 三条燕
  21. 緋村剣路
  22. 剣心と敵対した人物
  23. 鵜堂刃衛
  24. 石動十雷太
  25. 比留間兄弟
  26. 四乃森蒼紫
  27. 斉藤一(藤田五郎)
  28. 志々雄真実
  29. 雪白縁
  30. 十本刀
  31. 佐渡島方治
  32. 瀬田宗次郎
  33. 駒形由美
  34. 本条鎌足
  35. 沢下条張
  36. 魚沼宇水
  37. 悠久山安慈
  38. 刈羽蝙也
  39. 夷腕坊
  40. 破軍・才槌
  41. 破軍・不二
  42. 六人の同志
  43. 外印(げいん)
  44. 乙和瓢湖
  45. 戌亥番神
  46. 八ツ目無名異
  47. 鯨波兵庫
  48. 故人
  49. 大久保利通
  50. 新井赤空
  51. 雪白巴→緋村巴
  52. 清里明良
  53. パラレルと番外編

悠久山安慈

またの名を明王の安慈。筋肉の盛り上がった巨体と、目元の隈が特徴。殺人も厭わない破戒僧。幕末の頃は背は高いもののやせ形の僧侶で、戊辰戦争による複数の孤児を自分の寺に引き取って暮らしていました。孤児の少女から「少しは怒った方がいい」と言われるほど顔も性格も優しい人物でした。廃仏毀釈が元で寺を出る羽目になり、孤児たちと引っ越しを相談。しかし、孤児の中には戊辰戦争時に幕府方についた者の子もおり、政府に協力をしたという事実を作りたい村長により寺を焼かれて、孤児も全員死亡します。優しさで人を救えないと悟り、煤で目に隈を作り体を鍛えて仇討ちを果たしました。それでも慈悲の心は失っておらず、十本刀で一番情け深いと称されます。利害の一致が元で志々雄の軍門に下っただけで、あくまで信条は救世。その為志々雄の作る世界如何によっては部下を辞め、彼と戦う腹づもりでした。左之助に二重の極みを授けた人物でもあります。亡くなった子供たちの位牌は今尚腹に括りつけており、左之助に諭されたこともあって自首、服役の道を選びました。

Sddefault

刈羽蝙也

通称飛翔の蝙也。極端なまでに体を軽くすることで、ダイナマイトや翼状のマントを使い、異名の通り飛翔。その為、体は異常なほどにやせ細っています。葵屋を襲撃しますが、弥彦による見よう見まね龍槌閃で敗北。志々雄の死後、その飛翔能力を買われて明治政府に雇われます。仕事は、アジアの内情を上空からスパイすること。

Dac9e9ef

このような姿になったのは、作者と読者の見解の違いがありました。というのも、作者は当初十本刀には美形は一人だけ入れるとしていました。宗次郎だけを美男子キャラとしておきたかったようですが、マントをとる前の蝙也を美形と見るファンも多かったらしく、体型を変えたとのことです。剣心の師匠、比古や飛天御剣流継承者がガチムチ筋肉質でなければならないというのも、美形ばかりではつまらないだろうとの理由から。

夷腕坊

丸鬼の夷腕坊の異名を持つ、丸々太った巨漢。ゴムのような体で、大概の攻撃は跳ね返せます。異様な身体能力と鉄製の爪、先の柔らかい体が武器。志々雄から「相変わらず頭が悪そう」と言われて、他の部下からも「こいつじゃ馬鹿すぎる」と、頭の鈍い人物との評を受けていました。事実「ぐふふ」と笑っているだけの印象が強く、首が回転するなどの異様なイメージを残したまま、仲間が倒された後は逃走。張からも「一人じゃ何もできない、馬鹿で人畜無害な奴」と言われていましたが、人誅編で実は精巧なからくり人形で、中には人が入っていたという驚愕の正体を露呈。

Mig

破軍・才槌

異常に後頭部の膨れた老人。自身に戦闘力はないものの論理的な思考、話術の巧みさで不二と組んで自身を甲、不二を乙として戦闘。不二と比古の戦闘時は解説役状態でした。志々雄の死後は明治政府に雇われて、外相の為の裏役人となります。

Sk10

破軍・不二

才槌を掌に載せ、彼の命ずるまま戦闘を行ってきた巨人のような男。才槌曰く、異形のせいで一藩総出で殺されかけていたところを救われたため、恩義もあって彼に従っていたそうです。皆不二を巨人、バケモノとして見ていましたが、比古だけは武人として戦いたいという不二の本心を見抜き、「お前が本気を出しても倒せない男が、ここに立ってやっているぜ」と不二の名を呼び言葉を掛けたことで、兜の緒を噛み千切り、涙を流しながら戦闘。結果としては不二の負けに終わりましたが、満足だったご様子。明治政府に雇われて、その巨体、怪力を活かし屯田兵として北海道を開拓。

Fuji1 1

六人の同志

外印(げいん)

夷腕坊の中の人。自称からくり芸術家(あるてぃすと)。あくまで機能美を追及した芸術家と称し、戦闘の中でこそ、その美は輝くとして他者から「人の為に技術を使えばいいのに」とよく言われるようです。自慢のからくり人形(操縦ロボットのような物)に乗り込み戦いますが、石を差し込まれたことで歯車が回らなくなり敗北。危険信号である痛みや出血を伴わずに戦ったため、石という異物が入ったことにも気づかなかったのが敗因でした。他の武器は操糸という鉄鋼線。機能美だけではない造形美としての作品は、薫を模した死体人形。材料は人間の死体です。

Gein unmasked

それを蒼紫により墓を暴かれて燃やされた(蒼紫曰く「供養」)ことで逆上、油のしみ込んだ鉄鋼線の結界の中に誘い込み火をつけて焼き殺そうとしますが、逆に自分の服につけられた鉄鋼線を引っ張られて焼死。外印としての正体を現した当初からドクロのような覆面をしており、一部のファンから「素顔は美形に違いない」と期待されていたようですが、実際には美形とは程遠い老人で、ファンから抗議が殺到。作者の考えでは、「美形なら仮面はいらないだろう」とのことでしたが、抗議により考えを改めたらしく、後の作品『武装錬金』では仮面をした美少女キャラを出すなどしていました。再筆版、キネマ版では美青年として描かれており、特にキネマ版においては美と戦闘に関する意識がより増しています。ちなみに本編において、老人であることは素顔露呈前より、本人の口から語られていました。

Csavru0ukaazpfw

キネマ版のイケメン外印。

乙和瓢湖

暗器と呼ばれる武器を体に13個仕込んだ男。弥彦が初めて、剣心により実戦を任された相手でもあります。中条という親友の仇と称して殺人や弱者のいたぶりを楽しみたいだけの人物。腰に刀を差していますが、剣の腕は素人。

【毘沙門剣・毘沙門粉】曰く、素人の太刀筋を達人の太刀筋に変える剣。毘沙門粉は毒、もしくは目つぶしと懸念されましたが、実際には砂鉄で、二つで一組になった時初めて効力を発揮する暗器。磁石で出来た鞘に納めておくことで剣も磁力を帯びるようになり、毘沙門粉を浴びた人物を自動追尾するように攻撃する、というのが実態。磁石の鞘で軌道をずらされ撃破されました。この暗器の正体に気付いたのは薫ですが、対処法は弥彦が自分で考えたもの。

【梅花袖笥】強力なバネで6連装の槍を撃ち出し、あたかも爆発したかに見せかける暗器。左手に描いた梵字と奇声で虚をつくリ、撃ち出すもの。中条にも袖笥という暗器を渡していました。

【過水毒煙】水に触れることで毒の煙を噴射。といっても致死量の毒ではなく、数分体がしびれる程度。

【六道蟲】襟飾りに見せかけた暗器。固く鋭く、自在に動かせます。暗器という隠しておく武器を、敢えて見せておくことで逆に暗器だと悟らせない効果がありますが非常に強力で、六本の鋼鉄は弥彦の体を吊り上げました。