目次

  1. 作品概要
  2. あらすじ
  3. 用語
  4. 流派
  5. 組織
  6. 場所
  7. 人誅
  8. 緋村剣心
  9. 劇中での行動
  10. 過去
  11. 剣心の味方・関係者
  12. 神谷薫
  13. 相良佐之助
  14. 明神弥彦
  15. 高荷恵
  16. 巻町操
  17. 柏崎念至(翁)
  18. 比古清十郎
  19. オイボレ
  20. 三条燕
  21. 緋村剣路
  22. 剣心と敵対した人物
  23. 鵜堂刃衛
  24. 石動十雷太
  25. 比留間兄弟
  26. 四乃森蒼紫
  27. 斉藤一(藤田五郎)
  28. 志々雄真実
  29. 雪白縁
  30. 十本刀
  31. 佐渡島方治
  32. 瀬田宗次郎
  33. 駒形由美
  34. 本条鎌足
  35. 沢下条張
  36. 魚沼宇水
  37. 悠久山安慈
  38. 刈羽蝙也
  39. 夷腕坊
  40. 破軍・才槌
  41. 破軍・不二
  42. 六人の同志
  43. 外印(げいん)
  44. 乙和瓢湖
  45. 戌亥番神
  46. 八ツ目無名異
  47. 鯨波兵庫
  48. 故人
  49. 大久保利通
  50. 新井赤空
  51. 雪白巴→緋村巴
  52. 清里明良
  53. パラレルと番外編

【龍翔閃】峰を片手で支えて飛びあがり、下から斬り上げる技。剣心は斬る代わりに顎を打つ、鞘の先端を使用するなどして使用。通常は峰を抑える技ですが、逆刃刀の特性や不殺の誓いから通常通りの使い方ではなく、刃を横にして使用。

【龍槌翔閃】龍槌閃と龍翔閃の連続技。

【龍巣閃】全身の急所を打つ打撃技。一か所を徹底的に攻撃する派生技、龍巣閃・咬もあります。

【双龍閃】刀だけでなく、鞘をも武器にする技。斬撃がかわされた時の技です。鞘で攻撃し、斬撃を行う雷という技もあります。

【龍巻閃】派生技が最も多い技。回転し、それで生じる遠心力を利用し、回転しつつ背後に回り込み、攻撃を加えるのが基本技。

4cdf7bb1f6c9dbeef4822f32921601e3

【土龍閃】土を剣で抉り、石などをぶつけるパターン、地面をえぐり込むようにして衝撃波や土砂をぶつけるというパターンが存在。

【飛龍閃】体をひねりながら、鞘に納まった状態の刀を追や指で弾き飛ばすという技。逆刃刀でなくとも、斬撃に至らない技です。

【龍鳴閃】飛龍閃とは逆の、神速の納刀術。刀を鞘に納める時のつばなりの音を聞かせることで、相手の聴覚に狂いを発生させします。後述の雪白縁戦で使用。彼は神経を異常に発達させた状態だったので、三半規管にまで影響が及びました。

【九頭龍閃】一度に九つの急所を攻撃するという技。打撃技なので昏倒させる程度にとどめることは可能。漫画では、壱から玖までの数字が直撃箇所に記されていました。当初、和月氏はこれを飛天御剣流の奥義にするつもりだったようです。剣心も最終奥義習得前に師匠の下を出たので、この技が奥義と思っていました。

【天翔龍閃】京都編の最中、喧嘩別れした師匠比古との実戦形式の稽古の際伝授された物。殺すつもりでかかって来た師匠に対し、死ねないという強い想いを発したことで伝授が許されました。比古曰く「生きようとする気持ちが不可欠」とのこと。右利きの剣士は通常、自分の足を斬らないよう右足から踏み込むものですが、この技では左足から踏み込むことで、体の動きを殺すことなく斬撃により速さや重みを与えることが可能。飛天御剣流の神速を超神速にまで昇華させる技です。斬撃は空を切り真空を発生させ、その空気が元に戻ろうとする作用により、相手の体の自由を奪うなどして確実に相手を仕留められる、というもの。ただこの原理を生かす為には一片の迷いもなく左足を踏み込むことが肝要であり、人誅編で一度敗れたのは償いの答えを見つけておらず、心がぐらついていたためでした。

24

劇中での行動

明治時代、剣術道場主の神谷薫に人斬り抜刀斎と呼び止められます。その名を騙るニセモノによって道場の名が落ちたとのことですが、ニセ抜刀斎退治に貢献し、流浪人としてさすらうのを止め神谷道場に居候することになりました。その雷名は明治となった後も残っており、様々な強敵と戦い、時に明治政府のおごりを指摘することもあります。かつての人斬り仲間や幕末志士らの言葉、挑発からの戦闘によって自身の内にまだ人斬りとしての側面が残っていることを実感し、志々雄と戦う為一人神谷道場を去ります。かつての師匠を訪ねて後述の奥義を習得後、志々雄一派との戦いに身を投じます。首筋に噛みつく、弱肉強食の理というぶれない信念、炎上する炎を使うなど心身共に人間離れした志々雄相手に苦戦しますが、彼が人体発火で燃え尽きたことにより闘いは終了しました。人誅編では幕末時代の過去が語られて、罪を償う為の答えを探すことになります。かつての義弟、雪白縁に薫を殺されたと思い込んで心神喪失状態となり、逆刃刀を鎖で封印。「もう疲れた」を繰り返すばかりで、仇討ちの言葉や左之助の拳でも立ち上がりませんでした。そんな折、剣心に恨みを抱く鯨波兵庫が暴れ出した、戦っているのは10歳の弥彦のみという事実を料理屋赤べこで働く娘、燕から聞き、「助けて」の言葉で再び奮い立ちます。封印を解き、「命ある限り、剣を持って人々を守る」という答えを見つけ、改めて薫の救出に向かうのでした。贖罪の答えを見つけたこともあって精神がぶれることなく勝利。

7c7aa432

【最終話】元々恵まれた体格の者にしか扱えない飛天御剣流を使い続け体を酷使した結果、京都編が終わったころすでに「次戦うようなことがあれば死んでもおかしくない」と言われるようになっていました。人誅編の後5年が経過すると技のほとんどを放てなくなっており、それでも弥彦との実戦形式の試合を行います。これは元より勝負ではなく彼の実力を見る為のものでした。薫との間に一子剣路(けんじ)をもうけています。

過去

本名は心太。幼くして二親をはやり病で亡くし、自身は人買いに買われます。その最中野盗に出くわし、通りがかった比古清十郎により野盗も人買いも全て斬殺という形で助けられました。「死ねば皆同じ躯」として野盗の分まで墓を建てた所を、比古に拾われて、剣心の名を与えられて飛天御剣流を叩きこまれるのでした。ちなみに稽古は常に実戦形式で、回想して曰く「よく死ななかったもんだ」。時代が幕末の動乱期に移行するや、せっかくの剣術で何もしないのはおかしいと師匠と喧嘩、そのまま奇兵隊(高杉晋作が組織した反幕府勢力)の入隊試験で桂小五郎に目をつけられて、人斬りの仕事を勧められました。「血で汚れた刀の向こうに平和があるのなら」と引き受けますが、やっていることは敵対勢力に与する人物の暗殺。容赦ない仕事ぶりに人斬り抜刀斎の異名がつきますが、食事も酒も血の味しかしないなど精神を病んでいきます。そんな中出会った雪白巴と形の上での夫婦を演じることになりますが、心を開いた彼女と愛し合うように。巴が自分を殺そうとしている集団、闇乃武のスパイだったと知らず、姿を消した彼女を探す為邪魔な闇乃武のメンバーと一人ずつ交戦しますが、その度に視覚、聴覚を、彼らの自爆に伴う閃光や音で狂わされていきます。最後の一人との交戦時、敢えて目を閉じたが為、最後の敵の動きを封じるべく抱き着いた巴も斬り殺す結果に終わりました。巴の日記から、自分かかつて彼女の婚約者を殺していた(名前を聞いており、「どこかで聞いた名だ」と記憶をたどった結果)こと、その相手が顎から耳にかけての、一本目の傷をつけた人物であることが判明。巴の短刀によって二本目の傷が加わり、十字傷ができた後もしばし人斬りの仕事をしていたようですが、戊辰戦争の頃には剣心の心中を見てとった桂から、人斬りではなく志士を守る遊撃剣士として働くよう言われるのでした。

剣心の味方・関係者

神谷薫

ヒロイン。劇中では剣術小町と称されるほどの美貌と剣腕の主。正義感が強く、活発。よく怒るシーンも見受けられますが、剣に対する信念は真摯なもの。神谷道場の一人娘で、師範代でもあります。土地を狙う者や偽抜刀斎に圧倒された際剣心から「剣は凶器、剣術は殺人術。それが真実。(薫が言うのは)手を汚したことがない者が言う甘っちょろい戯言」とされますが、直後に「拙者は薫殿の言う甘っちょろい戯言の方が好き」と言われ助けられます。以降、道場の門下生や弥彦などに神谷活心流を教えつつ、剣心の支えになりたいと思うようになっていくのでした。戦闘の際は道場の理念に従い折れた木刀で巨大鎌を駆使する敵に立ち向かうなど、技や状況を利用し、相手に重傷を負わせるにとどめます。半面料理の腕はないに等しく、眠っていたところに薫の手製の味噌汁を飲まされた左之助が「毒だ!」と飛び起きるほどまずい様子。

Thumbnail

京都編では一旦剣心に別れを告げられたことで動揺していたものの、後を追うことになります。人誅編においては復讐の鍵として殺されたかに思われましたが、縁自身のトラウマが元で、殺されることなく人質状態。最終的にずっと剣心を影で支えると決意し、家庭を築きます。

相良佐之助

細身の青年ながら、巨漢とも渡り合える怪力、そして打たれ強さを持っています。初期の武器として、戦国時代に馬ごと敵を斬る斬馬刀があり、「斬馬刀の左之助」、略して「斬佐」(もしくは「喧嘩屋の斬左」)の異名を持っていました。幕末赤報隊に身を寄せていましたが、慕っていた相良総統共々、赤報隊が逆賊とされたことから明治政府と、そこに与した抜刀斎と交戦。敗北の後は良き相棒として多くの敵と戦うことになります。髪型は逆立っており、トリ頭と称されることも。背中には「惡」という文字を入れており、そこから「惡一文字」と呼ばれることもあります。熱血漢で、頭脳派の人物からはよく「馬鹿」呼ばわりされますが、面倒見がよく舎弟が大勢おり、弥彦や年少者に助言をするだけの度量の主。人誅編で剣心がどん底に落ちた際は殴りつけ去っていきましたが、故郷が政府の高官から狙われているとして、彼の用意した用心棒たちと「喧嘩」。一人勝ちしてスッキリした挙げ句、東京に戻って来ました。縁の部下の一人と戦いますが、先の政府高官に関する一件でお尋ね者状態となり、欧米を旅した挙げ句モンゴルで馬賊の長になったという経歴を残します。

Sanosuke

【二重の極み】京都へ向かう最中、安慈に出会い伝授された破壊の極意。万物必壊の技。あらゆる物質に存在する強度や高度といった抵抗の力により、完全に衝撃が伝わらないのが普通の拳法。75分の1秒という刹那に等しい間に二度衝撃を打ち込むことで対象から抵抗力を奪い二打目で確実に衝撃が与えられます。人誅編では応用型として、それまで右手だけで放っていたこの技を、左手を添えることで衝撃を分散しながらも威力を保ち、別の戦いでは連ね撃ちという連続技を披露。

明神弥彦

元は士族の出だったものの両親を相次いで失った後はやくざの下、「誇りなんか捨てろ」とスリの仕事をさせられていました。剣心が一人で殴り込みをかけ、元人斬りの凄みで組長を脅したことにより解放されますが、己の無力さに落涙。「なら強くなればいい」と、神谷道場に身を寄せることになるのでした。当初はプライドの高い少年でしたが、それは士族としての誇りから来るものであり、成長と共に向上心へと昇華。使用技こそ神谷活心流ですが、剣士として、また一人の男として剣心に憧れを抱くようになります。京都編では十本刀との死闘を経験したものの、人誅編で事件が起きた際、剣心から「来るな」と一喝されました。その上現場へ走る剣心、大量の飲酒をした左之助にすら追いつけず、引き離されたことで自分がまだ彼らに及びもしないと実感。神谷活心流奥義の伝授を願い出ますが、「何でもいいから強くなりたい」と本心ではない動機を話したところ、「あなたは10歳にしては充分強いし、がむしゃらな強さを求めているうちは教えられない」と突っぱねられるのでした。

624bfc90a78885824b23b395e01841c0

しかし何かが起きているのに役に立てないなら、弱いのと変わりない。剣心の役に立ちたいと話した後、奥義を伝授されます。六人の同志襲撃前に薫を通してそのことを知った剣心は、「もしもの場合は戦闘に参加することを許す」とし、弥彦は実際乙和瓢湖と交戦。どうにか勝つものの本人としては満足いく結果とは言えませんでした。さらに、薫が殺害されたという情報(実際には殺されてはいなかった)で剣心が心を閉ざしたことにより、弥彦は今までの自分、引いては剣心の人生を振り返り、戦闘力のみではない本当の意味での強さを得るという目標を掲げるに至りました。その後は抜刀斎への憎しみから狂気のまま暴れる鯨波を諭す、上海で縁の部下の一人を倒すなどの成長、実力を見せます。最終回では15歳にまで成長、確かな剣の実力を身に着けましたが、比古同様のビッグマウスも披露(ただし、「自分の剣の腕は日本で2番目。1番は剣心」とどこまでも憧れの姿勢)。剣心との試合の果て、逆刃刀を譲られます。

2d2a0377d8b7674b91876ab02543b454