目次

  1. あらすじ
  2. はじめの一歩の主要人物
  3. 主人公「幕之内一歩(まくのうちいっぽ)」
  4. 一歩の恩人「鷹村守(たかむらまもる)」
  5. 一歩の最大のライバル「宮田一郎(みやたいちろう)」
  6. 鴨川ボクシングジムの主「鴨川源二(かもがわげんじ)」
  7. この試合は抑えておくべき!はじめの一歩「ベストバウト」
  8. 鷹村守VSブライアン・ホーク(42巻~44巻)
  9. 幕之内一歩VS千堂武士(29巻~30巻)
  10. 木村達也VS間柴了(31巻~32巻)
  11. はじめの一歩には名言が多い!
  12. 努力した者が必ず報われるとは限らん。しかし!成功した者は皆すべからく努力しておる!
  13. 才能ねぇヤツがあきらめ良くて、何が残るってんだよ!
  14. オレは目標であり続けなきゃならねぇ
  15. 「はじめの一歩」アニメ版は全76話

あらすじ

518a1jtsdjl

釣り船屋を営む母と二人で暮らす高校生・幕之内一歩(まくのうちいっぽ)は、気弱な性格から学校でイジメられていた。
自分からイジメっ子にやり返すことも出来ず、ひたすら耐える日々を送る一歩だったが、河川敷でイジメられているところをボクサーの鷹村守(たかむらまもる)に助けられる。
鷹村の圧倒的な強さに心を動かされた一歩は、鷹村の所属する「鴨川ボクシングジム(かもがわぼくしんぐじむ)」に入会し、ボクサーとしての人生を歩み始める。

はじめの一歩の主要人物

主人公「幕之内一歩(まくのうちいっぽ)」

20140917 40917029 4gamer 003 1 view

本作の主人公。高校時代は気弱なイジメられっ子の少年だったが、鷹村との出会いをきっかけにボクサーとしての道を歩み始めた。
実家の釣り船屋で鍛えた筋力を活かし、国内でも屈指のパンチ力を持つインファイターとしてリングに立つ。

一歩の恩人「鷹村守(たかむらまもる)」

020

学生時代は喧嘩に明け暮れる悪童だったが、鴨川ボクシングジムの主・鴨川源二(かもがわげんじ)と出会い、その腕っぷしをボクシングに使うことを決めた。
鴨川ボクシングジムの面々には鷹村との出会いがきっかけでボクシングを始めた者も多く、同ジムの精神的主柱にもなっている。

一歩の最大のライバル「宮田一郎(みやたいちろう)」

008

目にも止まらぬスピードと、一撃必殺のカウンターを持った日本屈指のアウトボクサーとして知られている。
プロボクサーになった一歩が「風神」と呼ばれているのに対し、宮田は「雷神」の異名を持ち、ボクシングファンの間では永遠のライバルとして認識されている。
当の本人たちも互いのことを強烈に意識しており、いつかプロのリングで相見えることを願って研鑽を重ねている。

鴨川ボクシングジムの主「鴨川源二(かもがわげんじ)」

5688 75233184

鴨川ボクシングジムの会長。
自身も若い頃は名の知れたボクサーだったが、年老いてからは後継者の育成に励んでいる。
一歩や鷹村が最も信頼するトレーナーであり、数多くの名選手を輩出してきた名伯楽として知られている。

この試合は抑えておくべき!はじめの一歩「ベストバウト」

はじめの一歩は連載開始から20年以上が経ち、これまでに描かれた試合数は実に150を超える。
ファンの間では「どの試合がベストバウトか」が熱く議論されている。

これからはじめの一歩を読み始めるという方は1巻から順に読んでいくのもいいが、試し読みから始めるなら、ファンの間でベストバウトと名高い試合から見ていただきたい。
ここでは人気のある試合を紹介しておこう。

鷹村守VSブライアン・ホーク(42巻~44巻)

鷹村が世界チャンピオン「ブライアン・ホーク」に挑戦する。
ブライアン・ホークは不規則な動きで相手を翻弄し、「ホークにベルトが渡った時点で、もうチャンピオンベルトは移動しない」と評価されるほどの男である。
「試合中なら人を殺しても罪にならない」と言い放ち、鷹村に襲い掛かるブライアン・ホーク。
果たして鷹村は無事に闘いを終え、チャンピオンベルトを持ち帰ることができるのか。

幕之内一歩VS千堂武士(29巻~30巻)

一歩が日本チャンピオン「千堂武士(せんどうたけし)」に挑む。
日本タイトルへの挑戦は二度目となる一歩。
対して、かつて一歩に敗れた経験を持ち、リベンジに燃える千堂。
互いにとってリベンジマッチとなるこの試合に、両者の想いが交錯する。

木村達也VS間柴了(31巻~32巻)

ジュニアライト級の王者として君臨する「間柴了(ましばりょう)」に、鴨川ボクシングジム所属の「木村達也(きむらたつや)」が挑む。
無謀とも思われた挑戦だったが、木村は「ドラゴンフィッシュブロー」という新技をひっさげ、間柴と互角以上の闘いを繰り広げる。
才能の無い選手のリアルな一面を描いた名試合。