目次

  1. あらすじ
  2. 用語解説
  3. デジタルワールド
  4. デジモン
  5. 登場するアイテム
  6. デジヴァイス
  7. タグと紋章
  8. 選ばれし子供たち
  9. 八神太一(CV藤田淑子)
  10. アグモン(CV坂本千夏)
  11. 石田ヤマト(CV風間勇刀)
  12. ガブモン(CV山口眞弓)
  13. 武之内空(CV水谷優子)
  14. ピヨモン(CV重松花鳥)
  15. 泉光子郎(CV天神有海)
  16. テントモン(CV櫻井孝宏)
  17. 太刀川ミミ(CV前田愛)
  18. パルモン(CV溝脇しほみ)
  19. 城戸丈(CV菊池正美)
  20. ゴマモン(CV竹内順子)
  21. 高石タケル(CV小西寛子)
  22. パタモン(CV松本美和)
  23. 八神ヒカリ(CV荒木香恵)
  24. テイルモン(CV徳光由香)
  25. 公式サイト

あらすじ

子供会のキャンプに来ていた太一、空、ヤマト、光子郎、ミミ、丈、タケルは突然、謎の生物「デジタルモンスター」がいる世界、デジタルワールドに迷い込む。そこで彼らと特別なつながりを持ったデジモン、「パートナーデジモン」と出会いそれぞれ絆を深めていく。彼らに迫り来る強大な敵と戦いながら、異世界で生活をしていく七人。その中で自分らしさを見つけ出し、子供たちは徐々に成長していく。不思議な生き物と紡ぐ一夏の不思議なストーリー。

用語解説

デジタルワールド

現実世界でのデータを元に成り立っている世界のこと。デジタルワールドとも呼ばれる。情報がなんらかの形で物体として実体化しているため、特定の手段を使えば現実世界からアクセスすることも可能である。また現実世界よりも時間が速く流れているため、現実世界での数時間が、デジタルワールドでは数日間に経っていることになる。

デジモン

データが実体化した生き物。普通の人では目視が不可能。デジタルワールドの歪みが大きくなると、普通の人でも見られる可能性が高くなる。現実世界に現れた場合は電子機器に多大な影響を及ぼす。
パートナーデジモンは人間の子供と特殊な繋がりがあるデジモンのことを指す。子供たちの心の変化に合わせて、進化することもある。

登場するアイテム

デジヴァイス

Fullsizerender  28

人間の心の力をデジモンに伝えることができるアイテム。子供たちはこれを使ってパートナーデジモンを進化させることができる。この機能以外にデジタル時計として使うこともできる。

タグと紋章

Fullsizerender  27

心の力を増幅させることができるタグと、持ち主の持つ最も素晴らしい個性を表している紋章。この二つを組み合わせることで、パートナーデジモンをさらに上の段階に進化させることができる。しかし持ち主の個性を反映させるため、未熟な状態では効果を発揮しない。さらに、その個性に反した行動をすると悪い方向の進化「暗黒進化」が起きてしまうこともある。

選ばれし子供たち

デジタルワールドに歪みが発生した際、歪みを修正するため数名の子供たちがデジタルワールドに召還される。また、選ばれし子供たちにはそれぞれパートナーデジモンが存在する。

八神太一(CV藤田淑子)

Fullsizerender  22

太一とアグモン

この作品の主人公。パートナーデジモンはアグモン。勇気の紋章の所持者の小学五年生。
一見無鉄砲に見えるが、人をまとめるカリスマ性がある。少し無神経な部分があるものの、兄貴分として頼られることが多い。責任感が強いためか、一人で背負いこんでしまう部分もある。妹のヒカリに対しては少し過保護。

アグモン(CV坂本千夏)

太一のパートナーデジモン。人懐っこく、友達感覚で接することが多い。食いしん坊で能天気だが、いざという時は熱くなる。
必殺技は火の玉を吐く「ベビーフレイム」。

石田ヤマト(CV風間勇刀)

Fullsizerender  21

ガブモンとヤマト

太一と同じ小学五年生。パートナーデジモンはガブモン。友情の紋章を持つ。
太一とは対象的で寡黙でクール。しかし熱い一面もある。仲間たちの疲労状態は人一倍気にする、面倒見のいいタイプ。
両親の離婚により、弟のタケルとは離れて暮らしている。タケルに対しては異常に過保護。ハーモニカを吹くのが得意。