目次

  1. あらすじ
  2. 作品タイトルにもなっている「ギアス」とは
  3. ギアス保持者の特徴と、能力の種類
  4. 発動条件とリスク
  5. 仮面のテロリスト・ゼロが率いる「黒の騎士団」とは
  6. 軍事作戦に欠かせない人型兵器「ナイトメア」とは
  7. 機体の能力・特徴
  8. 「コードギアス反逆のルルーシュR2」の主要人物
  9. 主人公「ルルーシュ・ランペルージ」
  10. 不老不死の少女「C.C.(シーツー)」
  11. ブリタニア皇帝直属の騎士「枢木スザク(くるるぎすざく)」
  12. 黒の騎士団エースパイロット「紅月カレン(こうづきかれん)」
  13. ルルーシュの偽の弟「ロロ・ランペルージ」
  14. ルルーシュの妹「ナナリー・ヴィ・ブリタニア」
  15. ブリタニア皇帝「シャルル・ジ・ブリタニア」
  16. シャルルの兄で不老不死の少年「V.V.(ブイツー)」
  17. ブリタニア帝国第2皇子「シュナイゼル・エル・ブリタニア」
  18. 物語の始まりは、ブリタニア皇帝に記憶を支配された世界
  19. C.C.との再会によって記憶を取り戻したルルーシュ
  20. 黒の騎士団を追われ、ブリタニア皇帝になったルルーシュの最終目標
  21. 作品レビュー
  22. キャスト情報
  23. 『コードギアス反逆のルルーシュR2』アニメ情報まとめ
  24. 公式WEB
  25. 関連記事

あらすじ

神聖ブリタニア帝国に支配され「エリア11」と呼ばれた日本は、反ブリタニア勢力「黒の騎士団」主導による独立戦争を起こすが、「黒の騎士団」の指導者ゼロの失踪により大敗を喫してしまう。「ブラックリベリオン」と名づけられた戦争は黒の騎士団幹部の捕縛、日本への更なる圧政、そしてゼロの処刑を招く結果となった。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

その1年後、学生としての日々を過ごす少年ルルーシュ・ランペルージは黒の騎士団残党の襲撃に巻き込まれ、少女C.C.(シーツー)との邂逅により、自分がゼロであることを思い出す。記憶を取り戻したルルーシュはゼロとして復活しブリタニアを倒すため再び反旗を翻す。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

作品タイトルにもなっている「ギアス」とは

%e3%81%8e%e3%81%82

人の意思さえも反さない、ある種超能力のようなもの。
その強大な力を得た代償として、最終的には「人(ギアス保持者)を孤独にする」と言われている。

ギアス保持者の特徴と、能力の種類

コードユーザーと呼ばれる者から「ギアス」を与えられた人間の目は赤く染まり、独特の模様が浮かび上がる。
人の根源にある願いが能力として現れるため、「絶対遵守」「体感時間の停止」「記憶の改ざん・削除」「精神憑依」「人の心を読み取る」など、種類は限りなく存在する。

発動条件とリスク

「相手の目を見なければ発動できない」「発動できるのは同じ対象に1回のみ」等の制約がある他、使いすぎによってギアスの暴走をきたし、本人でさえも制御できなくなっていく。
『コードギアス反逆のルルーシュ(1期)』にてルルーシュのギアスが暴走した際には、平和的解決から一転、交渉主の意志を捻じ曲げてしまい、大虐殺劇を引き起こしてしまった。

仮面のテロリスト・ゼロが率いる「黒の騎士団」とは

Entry img 425

日本解放戦線壊滅後のエリア11における最大の反ブリタニア勢力である。
活動初期にはキョウトから提供されたナイトメアや艦船の他、ブリタニアから奪取したガウェインを保有運用していたが、R2では紅蓮を残しその殆どが失われ、ラクシャータが新たに開発した暁や斑鳩などの新型兵器を主戦力としている。

無印のホテルジャック事件で「日本解放戦線」の強硬派から、人質にされていたブリタニア人救出後、ゼロにより世間へその創設が宣言された。「武器を持たない全ての者の味方である」とし、強者が弱者を一方的に殺す事を否定している。
以後、法で裁けない悪を一方的に断罪していった為、多くのイレヴンや一部ブリタニア人の支持を受け、入団希望者を増やし組織を拡大している。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

軍事作戦に欠かせない人型兵器「ナイトメア」とは

1 140102155k0

ブリタニア軍による日本侵攻の際、本土着上陸以降の陸上における作戦行動に於いて実戦初投入を果たした人型兵器。
アニメ作品のロボットとしては、全高4〜5mと小柄に設定されている。

設計の始点は「局地的状況における生命保持を主眼に置いたサバイバルコックピット機構」。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

機体の能力・特徴

ほとんどの機体に共通する特徴としては、情報収集用カメラ「ファクトスフィア」、地上での高速移動のほか、建造物の間もよじ登れるホイール「ランドスピナー」が挙げられる。
また、ワイヤー式アンカー「スラッシュハーケン」を固定装備として持ち、対象に突き刺した後に巻き取ることで立体かつ高速の移動を可能にするほか、アンカー部分を打撃・刺突武器として利用する方法も用いられる。なお、旧型機においては移動補助がメインだったが、技術革新に伴いフロートシステムが実用化されてからは、当初から攻撃に主眼を置いたハーケンを搭載した機体が登場している。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

「コードギアス反逆のルルーシュR2」の主要人物

主人公「ルルーシュ・ランペルージ」

70d73747