『コードギアス 反逆のルルーシュR2』解説まとめ【あらすじ・登場人物・名言・主題歌など(ネタバレあり)】

20160810154224efa

サンライズ制作によって放送されたダークヒーローアニメの続編。現実とは異なる世界線で、母国に捨てられた皇子・ルルーシュが、テロリストの仮面をかぶり、”ギアス”という名の超能力を駆使して復讐劇を開始する。だが前章にて、ルルーシュは親友だったはずの男に売られ、記憶を失ってしまった。彼が記憶を取り戻し、野望を現実にした時、世界はかつてない変革を迎える。

あらすじ

神聖ブリタニア帝国に支配され「エリア11」と呼ばれた日本は、反ブリタニア勢力「黒の騎士団」主導による独立戦争を起こすが、「黒の騎士団」の指導者ゼロの失踪により大敗を喫してしまう。「ブラックリベリオン」と名づけられた戦争は黒の騎士団幹部の捕縛、日本への更なる圧政、そしてゼロの処刑を招く結果となった。

出典: ja.wikipedia.org

その1年後、学生としての日々を過ごす少年ルルーシュ・ランペルージは黒の騎士団残党の襲撃に巻き込まれ、少女C.C.(シーツー)との邂逅により、自分がゼロであることを思い出す。記憶を取り戻したルルーシュはゼロとして復活しブリタニアを倒すため再び反旗を翻す。

出典: ja.wikipedia.org

作品タイトルにもなっている「ギアス」とは

%e3%81%8e%e3%81%82

人の意思さえも反さない、ある種超能力のようなもの。
その強大な力を得た代償として、最終的には「人(ギアス保持者)を孤独にする」と言われている。

ギアス保持者の特徴と、能力の種類

コードユーザーと呼ばれる者から「ギアス」を与えられた人間の目は赤く染まり、独特の模様が浮かび上がる。
人の根源にある願いが能力として現れるため、「絶対遵守」「体感時間の停止」「記憶の改ざん・削除」「精神憑依」「人の心を読み取る」など、種類は限りなく存在する。

発動条件とリスク

「相手の目を見なければ発動できない」「発動できるのは同じ対象に1回のみ」等の制約がある他、使いすぎによってギアスの暴走をきたし、本人でさえも制御できなくなっていく。
『コードギアス反逆のルルーシュ(1期)』にてルルーシュのギアスが暴走した際には、平和的解決から一転、交渉主の意志を捻じ曲げてしまい、大虐殺劇を引き起こしてしまった。

仮面のテロリスト・ゼロが率いる「黒の騎士団」とは

Entry img 425

日本解放戦線壊滅後のエリア11における最大の反ブリタニア勢力である。
活動初期にはキョウトから提供されたナイトメアや艦船の他、ブリタニアから奪取したガウェインを保有運用していたが、R2では紅蓮を残しその殆どが失われ、ラクシャータが新たに開発した暁や斑鳩などの新型兵器を主戦力としている。

無印のホテルジャック事件で「日本解放戦線」の強硬派から、人質にされていたブリタニア人救出後、ゼロにより世間へその創設が宣言された。「武器を持たない全ての者の味方である」とし、強者が弱者を一方的に殺す事を否定している。
以後、法で裁けない悪を一方的に断罪していった為、多くのイレヴンや一部ブリタニア人の支持を受け、入団希望者を増やし組織を拡大している。

出典: ja.wikipedia.org

軍事作戦に欠かせない人型兵器「ナイトメア」とは

1 140102155k0

ブリタニア軍による日本侵攻の際、本土着上陸以降の陸上における作戦行動に於いて実戦初投入を果たした人型兵器。
アニメ作品のロボットとしては、全高4〜5mと小柄に設定されている。

設計の始点は「局地的状況における生命保持を主眼に置いたサバイバルコックピット機構」。

出典: ja.wikipedia.org

機体の能力・特徴

ほとんどの機体に共通する特徴としては、情報収集用カメラ「ファクトスフィア」、地上での高速移動のほか、建造物の間もよじ登れるホイール「ランドスピナー」が挙げられる。
また、ワイヤー式アンカー「スラッシュハーケン」を固定装備として持ち、対象に突き刺した後に巻き取ることで立体かつ高速の移動を可能にするほか、アンカー部分を打撃・刺突武器として利用する方法も用いられる。なお、旧型機においては移動補助がメインだったが、技術革新に伴いフロートシステムが実用化されてからは、当初から攻撃に主眼を置いたハーケンを搭載した機体が登場している。

出典: ja.wikipedia.org

「コードギアス反逆のルルーシュR2」の主要人物

主人公「ルルーシュ・ランペルージ」

70d73747
keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

『コードギアス亡国のアキト』解説まとめ【あらすじ・登場人物・名言・主題歌など(ネタバレあり)】

『機動戦士ガンダム』でお馴染みの赤根和樹(あかねかずき)が監督を務め、2012年〜2016年にかけて劇場公開されたSFロボットアニメ。世界の3分の1を支配する大国・ブリタニア帝国に祖国を奪われた日本人の少年少女たちは、遠く離れたヨーロッパの地に流れ着き、尚も過酷な戦争に身を投じていく。

Read Article

『コードギアス 反逆のルルーシュ』解説まとめ【あらすじ・登場人物・名言・主題歌など(ネタバレあり)】

ロボットアニメで有名なサンライズ制作のもと、2006年~2007年にかけて放送されたダークヒーローアニメ。舞台は現実と異なる世界線を辿った架空の世界。超大国ブリタニアに捨てられた元皇子・ルルーシュが、「ギアス」という名の超能力を手に入れた事から始まる、母国への反逆劇を描く。

Read Article

『スクライド』解説まとめ【あらすじ・登場人物・名言・主題歌など(ネタバレあり)】

監督・谷口悟朗、脚本・黒田洋介によるサンライズ制作のオリジナルアニメーション作品。2001年7月4日から12月26日まで放送され、熱いストーリー展開で人気を博した。アルター能力者であるカズマが好敵手である龍鳳や多くの敵との戦い、さらには本土からの刺客との激戦を繰り広げる能力バトルアニメである。

Read Article

『ガンダム・バルバトス』解説まとめ【あらすじ・登場人物・名言・主題歌など(ネタバレあり)】

ガンダム・バルバトスとは、アニメ「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」に登場する機動兵器「モビルスーツ」の一体にして、同作の主役機である。物語開始の300年前に起こった「厄祭戦」時に建造された72機のガンダムタイプのうちの一機で、「バルバトス」の名はソロモン72柱序列8位の悪魔の名に由来する。

Read Article

『機動戦士ガンダム00』解説まとめ【あらすじ・登場人物・名言・主題歌など(ネタバレあり)】

機動戦士ガンダム00とは、サンライズが製作した日本のオリジナルロボットアニメである。2度のテレビ放映の後に劇場版も公開されている。 宇宙へ進出し、地域格差が現代よりも厳しくなっている地球を舞台に武装組織「ソレスタル・ビーイング」が戦争根絶を目的として、世界へ宣戦布告する。世界は混乱しながらも一致団結して「ソレスタル・ビーイング」と戦いを繰り広げていく。

Read Article

『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』解説まとめ【あらすじ・登場人物・名言・主題歌など(ネタバレあり)】

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(鉄オル、Mobile Suit Gundam: Iron-Blooded Orphans)とは、2015年10月から2016年3月に第1期(第1話~第25話)、2016年10月から2017年4月に第2期(第26話~第50話)が放送されたアニメ作品。生き抜くために、戦いを繰り広げる少年たちの姿を描いている。

Read Article

『TIGER & BUNNY』解説まとめ【あらすじ・登場人物・名言・主題歌など(ネタバレあり)】

2011年4月〜9月にかけてMBSほかで放映された、サンライズ制作のヒーローアニメーション。シュテルンビルドと呼ばれる街で、ベテランヒーロー・ワイルドタイガーとキザでクールな新人ヒーロー・バーナビーのコンビがW主人公で活躍する。アメコミと日本のヒーローものの良いところが満載の大ヒットアニメである。実在の企業がヒーロー個人のスポンサーになっており関連企業はタイバニとのコラボイベントを数多く実施した。

Read Article

『機動戦士ガンダム』解説まとめ【あらすじ・登場人物・名言・主題歌など(ネタバレあり)】

1979年から1980年にかけて日本サンライズによって制作・放送されたロボットアニメ。ファンが多く知名度が高い作品だが、放送当時は視聴率が振るわず打ち切りとなった。 ガンダムシリーズの1作目で「初代(ガンダム)」や「ファースト(ガンダム)」とも呼ばれる。 ガンダムに乗ったアムロやその仲間が各地を転戦しながら、宿敵シャアをはじめ様々な人々との出会いや別れ、戦いを経て成長していく物語である。

Read Article

『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』解説まとめ【あらすじ・登場人物・名言・主題歌など(ネタバレあり)】

機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY(Mobile Suit Gundam 0083)とは、1991年から1992年にかけて、全13話が製作されたOVAシリーズである。アムロ・レイの活躍によって終結した、『機動戦士ガンダム』の戦いの三年後を描く。本作の星の屑作戦によって地球にコロニーが落とされたことで、物語は『機動戦士Zガンダム』へと続いていく。

Read Article

『男子高校生の日常』解説まとめ【あらすじ・登場人物・名言・主題歌など(ネタバレあり)】

「男子高校生の日常」とは山内泰延によるギャグ漫画、及び2012年にサンライズで制作されたアニメーション作品。2013年には実写映画化もされた。男子高校生たちの日常生活の中で起こるギャグを描いた作品。また男キャラに負けない存在感と力強さを持った女子高校生達も登場する。主人公のタダクニに入野自由、タダクニの友人ヒデノリとヨシタケに杉田智和と鈴村健一などベテラン声優が数多く出演している。

Read Article

『機動戦士ガンダムSEED』解説まとめ【あらすじ・登場人物・名言・主題歌など(ネタバレあり)】

「機動戦士ガンダムSEED」は2002年10月から2003年9月まで毎日放送・TBS系列で放送されたロボットアニメ。「機動戦士ガンダム」シリーズの中でも新しい世代に向けて作られた、“平成のファーストガンダム”と呼ばれる作品。幼少期の親友でありながら敵対する立場にいる2人の少年と、戦争を終わらせるために戦場に身を投じる中での葛藤や苦悩を描いた壮大なストーリーが見どころ。

Read Article

機動戦士ガンダム(Mobile Suit Gundam)の名言・セリフまとめ

機動戦士ガンダムは日本サンライズによって制作された矢立肇・富野喜幸(現:富野由悠季)原作のロボットアニメである。ガンダム以前のロボットアニメにとは違い、重厚な人間関係や緻密なロボット設計で新たなロボットアニメとしてジャンルを築いた。ロボットアニメでありながら、戦争という環境に置かれた主人公アムロ・レイの成長を主軸に描かれているこの作品には数多くの名言が残されている。

Read Article

ダークヒーローアニメ【コードギアス反逆のルルーシュR2】ついに完結!!

前作で生死不明ENDに終わったルルーシュの反逆劇。しかし、彼は生きていた。自分が皇子であることも、テロリスト「ゼロ」であったことも、ギアスを持っていたことすら全て忘れて――。一体、ルルーシュの身に何が起こったのか!? 「どんでん返しが止まらないストーリー/ロボットアニメ/厨二病アニメ」好きにおすすめ。

Read Article

【コードギアス】ダークヒーロー主人公『ルルーシュ』の、4つの顔とは

面白い作品に魅力的な主人公は付き物だが、今回は筆者が見てきたアニメの中でも一際異彩を放つ《ダークヒーロー主人公・ルルーシュ》について迫っていく。誰もが羨む優秀な学生、でも実は極度のシスコンで、裏では国家転覆を目論むテロリスト…。しかもその正体が死んだはずの皇子って、どういう事?いくつもの仮面を使い分けるダークヒーロー「ルルーシュ」の素顔を紐解く。

Read Article

「コードギアス反逆のルルーシュ」を見た海外の反応 動画(全25話)

ダークヒーローアニメの面白さは世界共通なのか!?「コードギアス反逆のルルーシュ(1期)」を楽しむ世界のアニメファンのリアクション動画を全25話分まとめています。どんでん返しの連続だからこそ止まらない驚きのリアクションには、思わす共感してしまいます。(※全動画表示に時間がかかります。ご了承ください。)

Read Article

劇場版 亡国のアキト 第3章 ~輝くもの天より堕つ~ あらすじ&見所まとめ

訳あって生命力みなぎる老婆達に扱き使われる事になり、つかの間の平和な日常を過ごすアキト達。 一方でユーロ・ブリタニアに到着した謎の軍師キングスレイはE.Uに対して「ある作戦」を実行しようとしていた。 日常パート有り、アクションシーン有りで、シリーズ中でもかなりオススメの章です。

Read Article

Contents