存在自体が怪異のため、目的地にたどり着けず、長いこと道を彷徨っていた少女。
阿良々木暦に話しかけられた際は異常な拒否反応を見せ、「話しかけないでください、あなたのことが嫌いです」と言い放ち、遠ざけようとする。
天真爛漫さと毒舌家な一面を兼ね備えており、怪異を解決した後は良き仲間(というか暦の真の本命)となる。

暦に想いを寄せる美少女中学生「千石撫子(せんごくなでこ)」

81ar 9hinll  sl1383

暦の下の妹(※後述「阿良々木月火」)と同学年の中学生で、昔の顔なじみ。
流行りの「おまじない」によって怪異に取り憑かれ、苦しんでいたところを再会した暦に救われる。
極度の人見知りで恥ずかしがり屋だが、暦の前では大胆な一面も見せる。
まぁ、後に視聴者をも戦慄させた「ヤンデレを超える恐ろしい本性」を現すのだが…。

暦の上の妹「阿良々木火憐(あららぎかれん)」

12378873

妹の月火と合わせて「栂の木二中のファイヤーシスターズ」の通り名で有名な女子中学生。
正義の為ならいかなる労力も惜しまず、空手二段の腕前を活かして問題を武力解決することもある。
兄の暦より身長が高く、「でっかい方の妹」とも言われる。
長らく怪異とは無縁であったが、奉仕活動をする中で怪異に遭遇してしまう。

暦の下の妹「阿良々木月火(あららぎつきひ)」

201208232243276c6

同じく姉の火憐と合わせて「栂の木二中のファイヤーシスターズ」の通り名で有名な女子中学生。
ただし自身に明確な正義はなく、火憐の正義を信じている。
火憐と比較して「小さい方の妹」とも言われる。
和装を好み、大人しそうに見えるが、その実、短気で凶暴。
キレると千枚通しや包丁などの凶器を調達し、その場に戻ってくる癖がある。

暦のセクハラ被害に遭う式神童女「斧乃木余接(おののきよつぎ)」

71oo50g2yil  sl1383

暦を「鬼のお兄ちゃん」転じて「鬼いちゃん」と呼ぶ式神童女。
ある種の瞬間移動能力を持ち合わせており、窮地に陥った暦たちを救うこともあるお助けキャラ。
しかし、言動にさほど感情がこもっていないため、真意をつかみにくい。
例として「僕はキメ顔でそういった」が口癖であるが、そう言う彼女の表情はキメ顔でもなんでもなく、無表情のままである。
彼女のスカートをめくった暦いわく、「フィギュア化の難しいパンツを履いている」らしい。

神出鬼没の少女「忍野扇(おしのおうぎ)」

71ytzmzypvl  sl1500

怪異の専門家・忍野メメの姪を自称する直江津中学の生徒。
暦を先輩として慕っているが、怪異解決を誘導したり、当事者しか知りえない事情を知っていたりと、その言動は終始謎めいている。
登場回によって性別が入れ替わる事もあり、羽川翼からは警戒されている。

『化物語(ばけものがたり)』

「ひたぎクラブ」あらすじ

Bakemonogatari0103

突如空から降ってきたクラスメイトの少女・戦場ヶ原ひたぎを受け止めた阿良々木暦は、驚きを隠せなかった。
彼女には、体重がほぼ無かったのである。
怪異の存在を感じとった阿良々木暦は怪異の専門家・忍野メメに助力を求める。
”重し蟹(おもしかに)――。”
それが戦場ヶ原ひたぎの「あらゆる重さ」を奪い取った怪異であった。

重さを取り戻すため、戦場ヶ原ひたぎは自ら封じた過去の出来事を話し始める。

「まよいマイマイ」あらすじ

20090801103748180

5月14日――。母の日に妹と喧嘩した勢いで街中を彷徨っていた阿良々木暦は、とある公園で迷子の少女・八九寺真宵(はちくじまよい)と出会う。土地感のある戦場ヶ原と八九寺が持つ情報を頼りに、暦たちは目的地の捜索を始めるが、どうしてもその場所にたどり着けなかった。