目次

  1. 「サイボーグ009」とは
  2. 60年代はこんなかんじでしたよね
  3. 神山健治監督CM「RE:CYBORG」篇 PEPSI NEX × 009 RE:CYBORG
  4. 「デビルマン」とは
  5. 実写化もされました
  6. 「サイボーグ009VSデビルマン」がアニメ化されます

「サイボーグ009」とは

20091102105906f1d

サイボーグ009とは、石ノ森章太郎原作のSF漫画である。3度アニメ化され、ファンも多い。

死の商人「黒い幽霊団(ブラックゴースト)」に改造された9人のサイボーグ戦士たちが戦い続ける物語。原作は未完に終わっている。

石ノ森章太郎による日本のSF漫画。
1964年7月19日の『週刊少年キング』にて連載開始。その後、『週刊少年マガジン』、『月刊少年ジャンプ』、『COM』、『週刊少年サンデー』、『マンガ少年』、『少年ビッグコミック』、『SFアニメディア』など、複数の出版社、複数の雑誌で連載された。
2012年10月現在の累計発行部数は1000万部に達する。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

『仮面ライダー』と並ぶ石ノ森の代表作。それぞれ特殊能力を持つ9人のサイボーグ戦士の活躍や日常を描く長・中・短編の作品群からなる。ただし完結編に当たるシリーズの完成前に作者が死去したため、作者自身による漫画作品は未完に終わっている。石ノ森自身この作品に対する思い入れは相当強かったようだ。

出典: DIC.PIXIV.NET

WWW.ISHINOMORI.CO.JP

60年代はこんなかんじでしたよね

009 03

1964(昭和39)年7月から、前年の8月に創刊されたばかりの『週刊少年キング』で連載が開始され、その後、『週刊少年マガジン』など他の媒体でも書き継がれ、新聞報道などによると、亡くなる直前まで、「009は未完なんだ。あと10年は書きたい」と話していたそうで、2012年を舞台に神々と戦う「天使編」という構想だったことも明らかにされました。

神山健治監督CM「RE:CYBORG」篇 PEPSI NEX × 009 RE:CYBORG

スゴイ、イケメン集団へど変貌しています。

「デビルマン」とは

283533

作者 永井豪
出版社 講談社
掲載誌 週刊少年マガジン
レーベル 講談社コミックス
発表号 1972年25号 - 1973年27号
巻数 全5巻
話数 全53話

Img 21 m

まるで聖書の黙示録を思わせる壮大な人類と悪魔との闘いを描いた永井豪先生の永遠の名作「デビルマン」。
 ぜひ一度は読んでいただきたいマンガです。深い何かがありますよ、このマンガには。

太古の眠りから目覚めたデーモン族と戦うためあえて自らデーモン族と合体しその力を得てデビルマンとなった不動明とデーモン族の戦いを描いた漫画。

しかし、物語中盤以降はデーモン族の攻撃が激化し、世界中で多くの人命が失われ、また、デーモン族の力を手に入れたデビルマンも人類の敵とみなされるようになる。

世界は人類とデビルマン軍団とデーモン族の三つ巴の戦いの中で荒廃し、やがて終焉を迎える。

生首になったヒロインの姿はよくみんなのトラウマに上げられる。

出典: DIC.NICOVIDEO.JP

TVアニメ版・デビルマンは特異な設定を活かした正統派ヒーロー作品である。設定としては愛に目覚めたデーモン最強の勇者デビルマンが不動明に乗り移り、デーモン族を裏切って愛する人間を守るために戦い続けるというものである。漫画版のデビルマンが「デーモンの力を奪った人間」であるのに対しアニメ版デビルマンは「人間に乗り移ったデーモン」なので、ある意味好対照な存在と言えるだろう。

出典: DIC.PIXIV.NET

実写化もされました

Img 387475 6322938 0

実写版デビルマンは2004年に公開された映画

「サイボーグ009VSデビルマン」がアニメ化されます

今年が50周年で記念映像の公開が決定している石ノ森章太郎原作の「サイボーグ009」と、同じく新作アニメの製作が決定している永井豪原作の「デビルマン」がコラボレーションした「サイボーグ009VSデビルマン」が、2015年10月に2週間限定でイベント上映されることが明らかになりました。

出典: GIGAZINE.NET

2015/06/18 に公開
「サイボーグ009VSデビルマン」
2015.10 2週間限定イベント上映決定。

オフィシャルサイト:
http://009vsdevilman.com/