『チャーリーとチョコレート工場』解説まとめ【あらすじ・登場人物・名言・主題歌など(ネタバレあり)】

3008950

2005年、ティム・バートン監督とジョニー・デップのコンビで公開された、アメリカの映画です。ファンタジー・コメディーに分類されます。しかし蓋を開ければ内部非公開の工場を見物できるというワクワク感とは裏腹のブラック・ジョーク、皮肉全開のミュージカル調のシーン、美しくも怪しい映像のセンスなどが監督ティム・バートンの世界観をよく表現しています。第78回アカデミー賞衣装デザイン賞ノミネート作。

概要

ロアルド・ダールの『チョコレート工場の秘密』を原作に持つ映画。同作品は1971年に一度映画化されていますが、今作ではティム・バートン節が随所に見られます。詳しくは後述。

Choco1

原作本です。

あらすじ

世界的人気を誇るお菓子会社の工場長ウィリー・ウォンカが主力商品である板チョコ、ウォンカバーの中に、5枚のゴールデンチケットを同封。世界にそのチョコをばらまき、「ゴールデンチケットを引き当てた人物5名を工場へご案内。完全非公開の工場内部を見学させる上に、そのうち一人には副賞として、予想もしない素晴らしいプレゼントを贈答します」と宣伝。世界のあちこちでゴールデンチケットを巡る争奪戦が繰り広げられる中、貧しい少年チャーリーが最後の一枚を入手。「同伴者を一人だけ連れて行ける」ということで、祖父と共に工場へ向かうのでした。

Choco factory0

チョコレート工場

劇中の主な舞台。工場長のウォンカはここに通勤しているわけではなく、住んでいる模様。従業員が暑い国の出身(後述)ということで、内部は時期が冬とは言え暖房が効きすぎるほど。チョコレート工場と呼ばれていますが、実際には他のお菓子も作っています。OPでは主力商品ウォンカバーが箱詰めされて、ロンドン、ニューヨーク、東京行きのテープが貼られて出荷される様が描写されています。

010

お菓子の部屋

初めに案内された部屋。一見すると草原のようですが、草の一本に至るまでお菓子で出来ているとのこと。チョコの川、滝もあり、味もいいようです。

Charly chocolate 1

チョコの川、滝は本物のチョコ、ではないそうです。

ガム開発室

物々しい機械が沢山あり、ずっと舐めても溶けない飴玉や、後述のフルコース料理が味わえるガムが作られています。ただ失敗作も多いようで、毛生えキャンディーを試食した従業員のウンパ・ルンパ(詳しくは後程)は歩く毛玉状態でした。

ナッツ選定室

チョコや菓子に使われているナッツをクルミから取り出す部屋。これはウンパ・ルンパではなく生きたリスにより行われます。理由は、殻からうまく中を取り出せるのはリスだけだから。リスは訓練を受けており、実が駄目になっているかどうか叩いて調べ、駄目なクルミは後方にある焼却炉行きの穴に落下します。

49815186

リスの仕事場。文字通り社畜。

エレベーター

上下だけでなく、縦横斜めどこへでも行ける透明なエレベーター。これでチャーリーの家まで飛んでいき、屋根を破壊しました。

Crbzmjquaaavhfl

登場人物

ウィリー・ウォンカ

チョコレート工場の主。またの名を天才ショコラティエ、またはチョコの魔術師。杖に燕尾服という魔術師スタイルで、ゴールデンチケットを引き当てた面々を出迎えます。言動はどこか子供っぽく、「ブツブツうるさいよ」など不満げに漏らすことも。招待した子供たちにトラブルが起きても至って冷静です。むしろ無関心で冷淡。歯科医の息子でしたが、菓子類を毒と称する父に反発して家出した過去があり、その為親という単語を発することができない模様。スパイに新作菓子の秘密を売られたこともあって人間不信気味。

E093fadc
えどのゆうき
えどのゆうき
@edono78

Related Articles関連記事

『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』解説まとめ【あらすじ・登場人物・名言・主題歌など(ネタバレあり)】

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンドは、2007年5月25日に公開されたアメリカの冒険映画。 世界中の海賊は次々に処刑され、海賊の時代が終焉を迎えようとしていた。海賊たちは決起し、『伝説の海賊』と呼ばれる9名を招集する。クラーケンに飲み込まれた伝説の海賊の一人ジャック・スパロウを救うべく、ウィルとエリザベスらブラック・パール号は、蘇ったバルボッサを船長として世界の果てを目指す。

Read Article

『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』解説まとめ【あらすじ・登場人物・名言・主題歌など(ネタバレあり)】

パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち(The Curse of the Black Pearl)は、2003年7月9日に公開されたアメリカの冒険映画。 カリブの港町ポート・ロイヤルは、ある日バルボッサ率いる海賊たちから襲撃を受ける。思い人をさらわれたウィル・ターナーは、収監されていた海賊ジャック・スパロウと手を組み、彼女を救うための航海に出る。

Read Article

『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』解説まとめ【あらすじ・登場人物・名言・主題歌など(ネタバレあり)】

パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉(On Stranger Tides)とは、2011年5月20日に公開されたアメリカの冒険映画。大海賊ジャック・スパロウは、『見つけた者は永遠の生命を得ることができる』といわれる生命の泉を探していた。永遠の生命を求めて英国海軍とスペイン海軍に加え史上最凶の海賊・黒ひげ、そしてジャックたちが激しい争奪戦を繰り広げる。

Read Article

『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』解説まとめ【あらすじ・登場人物・名言・主題歌など(ネタバレあり)】

『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』は、2006年7月7日に公開されたアメリカの冒険映画。 かつての恨みを果たそうとする幽霊船『フライング・ダッチマン号』に追われるジャックたち。幽霊船の船長ディヴィ・ジョーンズの弱点である心臓を収めた宝箱(デッドマンズ・チェスト)を探すため、彼らは追っ手から逃げつつ大海を冒険する。

Read Article

なぜセイウチなのか。人間がセイウチになる映画「Mr.タスク」が珍妙すぎる!

数ある動物の中からどうしてセイウチを選んだのでしょうか。人間がセイウチになるというワンアイデアのみで膨らませたような映画「Mr.タスク」ですが、好き嫌いが極端に分かれるようで、傑作と称賛する人もいれば、時間のもだと貶す人もいます。さて、あなたはどちらでしょうか。映画「Mr.タスク」をご紹介致します。

Read Article

Contents